• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Amazon SESのモニタリング統合

重要

AWS CloudWatch Metric Streams統合を有効にして、カスタムネームスペースを含むAWSサービスからのすべてのCloudWatchメトリクスをモニターします。個別の統合は、もはや推奨されるオプションではありません。

Amazon Simple Email Service (SES) は、電子メールを送受信するためのクラウドベースのサービスです。New RelicのAmazon SESとの連携により、メールの送受信に関連するメトリクスや設定オプションを収集することができます。

統合をアクティブ化する

このインテグレーションを有効にするには、標準手順に従い、AWSサービスをNew Relicに接続します

構成とポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

デフォルト ポーリング Amazon SESインテグレーションの情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:1分分解能

データを見つけて使用する

AWS統合を接続すると、NewRelicはAWSデータのモニタリングを開始します。ダッシュボードやアラート設定へのリンクなど、データを検索して使用するには: one.newrelic.com >インフラストラクチャ> AWSに移動し、統合を選択します。

これらのイベントを使って、 データを照会したり、探索したりすることができます。

    • SesConfigurationSetSample

    • SesReceiptSample

    • SesRegionSample

メトリックデータ [#metrics]

この New Relic の統合では、以下の Amazon SES データを収集します。これらのメトリクスのいくつかの詳細な説明については、 Amazon's SNS metrics and dimensions を参照してください。

メトリック

説明

bounce

受信者のメールサーバーで永久に拒否されたメールの数。

click

受信者がHTMLメールのリンクをクリックした回数。

complaint

受信者がメールをスパムとしてマークした回数。

delivery

受信者のメールサーバーへの配信に成功したメールの数。

open

受信者がHTMLメールを開いた回数。

send

送信を試みたメールの数。

在庫データ

EOL通知

2022年3月以降、クラウド統合用のインベントリデータなど、いくつかの機能のサポートを終了します。この移行に簡単に備える方法など、詳細については、 ExplorersHubの投稿をご覧ください。

New Relic Amazon SES 統合では、以下の設定オプションとインベントリーデータが利用できます。

aws/ses/region インベントリ

名前

説明

accountName

AWSアカウントの名前です。

awsRegion

SESエンドポイントのAWSリージョン。

maxMailsPerSecond

1秒間に送信可能なメールの最大数です。

max24HourSend

24時間以内に送信可能なメールの最大数。

aws/ses/receipt-filter inventory

名前

説明

awsRegion

SESエンドポイントのAWSリージョン。

ipRange

ブロックまたは許可する単一のIPアドレスまたはIPアドレスの範囲を指定します。

name

IPアドレスフィルターの名称です。

policy

指定したIPアドレスからの受信メールを遮断するか許可するかを示す。

aws/ses/receipt-rule-set inventory

名前

説明

awsRegion

SESエンドポイントのAWSリージョン。

name

受信ルールセットの名前です。

aws/ses/receipt-rule inventory

名前

説明

actions

受信ルールにマッチしたメッセージに対して実行するアクションのリストです。

awsRegion

SESエンドポイントのAWSリージョン。

enabled

受信ルールが有効な場合は真。

name

受信ルールの名前です。

receiptRuleSetName

受信ルールが所属する受信ルールセットの名前。

recipients

受信ルールが適用される受信者のドメインとメールアドレスです。

scanabled

この受信ルールが適用されるメッセージに対して、スパムやウイルスのスキャンが行われた場合にtrueとなります。

aws/ses/configuration-set inventory

名前

説明

awsRegion

SESエンドポイントのAWSリージョン。

name

設定セットの名前です。

aws/ses/event-destination インベントリ

名前

説明

awsRegion

SESエンドポイントのAWSリージョン。

cloudWatchDestinationDimensionsConfiguration

Eメール送信イベントがAmazon CloudWatchに公開された際に、Eメールを分類するための次元のリストです。

configurationSetName

設定セットの名前です。

name

イベントの宛先の名前です。

destination

メール送信イベントが公開されるAWSサービス。

enabled

このデスティネーションへの公開が有効な場合はtrue。

eventTypes

イベント送信先に公開されているメール送信イベントの種類です。

firehoseDestinationDeliveryStreamArn

メール送信イベントが公開されるAmazon Kinesis FirehoseストリームのARN。

firehoseDestinationIamRoleArn

Amazon SESがAmazon Kinesis Firehoseストリームにメール送信イベントをパブリッシュするIAMロールのARN。

snsDestinationTopicArn

Amazon Simple Notification Service(Amazon SNS)のイベント宛先に関連するトピックARNを含みます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.