• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Amazon QLDBモニタリングの統合

重要

AWS CloudWatch Metric Streams integration を有効にすると、カスタムネームスペースを含むAWSサービスからのすべてのCloudWatchメトリクスを監視することができます。個別の統合はもはや推奨されるオプションではありません。

New Relic では、 Amazon Quantum Ledger Database (QLDB) のデータを New Relic にレポートするための統合機能を提供しています。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、レポート可能なデータについて説明します。

統合を有効にする

このインテグレーションを有効にするには、標準手順に従い、AWSサービスをInfrastructureに接続します

設定およびポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

デフォルト ポーリング Amazon QLDBインテグレーションの情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分
  • Amazon CloudWatchのデータ間隔:1分

データの検索と使用

統合データを探すには、 one.newrelic.com > Infrastructure> AWS にアクセスし、統合を選択します。

この統合によるデータは、次の イベントタイプ に添付されます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

台帳

AwsQldbLedgerSample

AwsQldbLedger

データの利用方法については、 統合データの理解と利用 を参照してください。

メトリックデータ

このインテグレーションは、LedgerのためにAmazon QLDBデータを収集します。

QLDBの台帳データ

メトリック

ユニット

説明

journalStorage

バイト

元帳のジャーナルが使用するディスク容量の合計を15分間隔で報告します。ジャーナルには、データに対するすべての変更の、完全で、不変で、検証可能な履歴が含まれています。

indexedStorage

バイト

台帳のテーブル、インデックス、インデックス付きの履歴によって使用されるディスク容量の合計を15分間隔で報告します。インデックス付きストレージは、高性能なクエリ用に最適化された元帳データで構成されています。

readIOs

Count

ディスクのリードI/Oオペレーションの数を、1分間隔で報告する。

writeIOs

Count

ディスクの書き込みI/O操作の数を、1分間隔で報告する。

commandLatency

ミリ秒

データ操作にかかった時間を1分間隔で表示します。

occConflictExceptions

Count

OccConflictException を発生させたQLDBへのリクエストの数です。

session4xxExceptions

Count

HTTP 4xxエラーが発生したQLDBへのリクエストの数です。

session5xxExceptions

Count

HTTP 5xxエラーが発生したQLDBへのリクエストの数です。

sessionRateExceededExceptions

Count

SessionRateExceedededException を発生させたQLDBへのリクエストの数です。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.