• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Amazon KinesisDataStreamsモニタリング統合

重要

AWS CloudWatch Metric Streams統合を有効にして、カスタムネームスペースを含むAWSサービスからのすべてのCloudWatchメトリクスをモニターします。個別の統合は、もはや推奨されるオプションではありません。

New Relicには、AmazonKinesisデータストリームを監視するための統合が含まれています。このドキュメントでは、統合をアクティブ化する方法と、レポートできるデータについて説明します。

特徴

Amazon Kinesis Data Streamsは、AWSでデータをストリーミングするためのプラットフォームであり、リアルタイムでのデータの読み込みと分析を容易にします。また、特殊なニーズに合わせてカスタムストリーミングデータアプリケーションを構築することもできます。

NewRelicのKinesisDataStreams統合は、アカウントに関連付けられているすべてのストリームのメトリックデータと構成データを収集します。

収集されるデータには、ストリームに送信および取得されたバイト、配置および取得されたレコード、操作にかかった時間、およびその他のメトリックが含まれます。事前に作成されたダッシュボードでKinesisDataStreamsデータを表示し、NewRelicでカスタムクエリとチャートを作成できます。

シャードデータ収集を有効にするオプションもあります。AWSデータレコードはシャードで順次処理され、シャードはストリームにグループ化されます。ストリーム内のシャードの数によって、サービスの合計データ読み取りおよび書き込み容量が決まります。

統合をアクティブ化する

この統合を有効にするには、標準の手順に従ってAWSサービスをNewRelicに接続します。

ポーリングと構成

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

Amazon Kinesis Data Streams統合のデフォルトのポーリング情報:

  • New Relicのポーリング間隔:15分
  • Amazon CloudWatchデータ間隔:1分

シャードデータ:シャードデータを収集するには、UIの統合の構成オプションで[シャードデータの収集]を有効にします。

重要

シャードデータの収集を有効にすると、AWSCloudWatchサービスへのAPI呼び出しの数が増えます。ポーリング間隔ごとにシャードごとに7つの呼び出しがあります。

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com >インフラストラクチャ> AWSに移動し、KinesisDataStreams統合リンクの1つを選択します。

QueueSampleイベントタイプを使用してデータをクエリおよび探索できます。providerの値には次のものが含まれます。

  • ストリームメトリック: KinesisStream
  • シャードメトリック: KinesisStreamShard

データの使用方法の詳細については、統合データの理解と使用を参照してください。

メトリックデータ

この統合により、次のメトリックが収集されます。追加情報については、 Amazon KinesisDataStreamsのモニタリングに関するAmazonのドキュメントを参照してください。

この統合により、次のメトリックが収集されます。

名前

説明

getRecordsBytes

指定された期間に測定された、Kinesisストリームから取得されたバイト数。最小、最大、および平均の統計は、指定された期間のストリームの単一のGetRecords操作のバイトを表します。

getRecordsIteratorAgeMilliseconds

Kinesisストリームに対して行われたすべてのGetRecords呼び出しの最後のレコードの経過時間(ミリ秒単位)。指定された期間にわたって測定されます。経過時間は、現在の時刻とGetRecords呼び出しの最後のレコードがストリームに書き込まれた時刻との差です。最小および最大統計を使用して、Kinesisコンシューマーアプリケーションの進行状況を追跡できます。ゼロの値は、読み取られているレコードがストリームに完全に追いついていることを示します。

getRecordsLatency

指定された期間にわたって測定された、 GetRecords操作あたりのミリ秒単位の時間。

getRecordsRecords

指定された期間に測定された、シャードから取得されたレコードの数。最小、最大、および平均の統計は、指定された期間のストリームの単一のGetRecords操作のレコードを表します。

incomingBytes

指定された期間にKinesisストリームに正常に投入されたバイト数。このメトリックには、 PutRecordおよびPutRecords操作からのバイトが含まれます。最小、最大、および平均の統計は、指定された期間のストリームの1回の書き込み操作のバイト数を表します。

incomingRecords

指定された期間にKinesisストリームに正常に配置されたレコードの数。このメトリックには、 PutRecordおよびPutRecords操作からのレコード数が含まれます。最小、最大、および平均の統計は、指定された期間のストリームの1回のプット操作のレコードを表します。

putRecordBytes

指定された期間にPutRecord操作を使用してKinesisストリームに入れられたバイト数。

putRecordLatency

指定された期間にわたって測定された、 PutRecord操作あたりのミリ秒単位の時間。

putRecordSuccess

指定された期間に測定された、Kinesisストリームごとの成功したPutRecord操作の数。平均は、ストリームへの書き込みが成功した割合を反映しています。

putRecordsBytes

指定された期間にPutRecords操作を使用してKinesisストリームに入れられたバイト数。

putRecordsLatency

指定された期間にわたって測定された、 PutRecords操作あたりのミリ秒単位の時間。

putRecordsRecords

指定された期間に測定された、KinesisストリームごとのPutRecords操作で成功したレコードの数。

putRecordsSuccess

指定された期間に測定された、Kinesisストリームごとに少なくとも1つのレコードが成功したPutRecords操作の数。

readProvisionedThroughputExceeded

指定された期間にストリームに対して抑制されたGetRecords呼び出しの数。このメトリックで最も一般的に使用される統計は平均です。

writeProvisionedThroughputExceeded

指定された期間にストリームのスロットリングが原因で拒否されたレコードの数。このメトリックには、 PutRecordおよびPutRecords操作からのスロットリングが含まれます。このメトリックで最も一般的に使用される統計は平均です。

最小統計の値がゼロ以外の場合、指定された期間中にストリームのレコードが抑制されていました。

Maximum統計の値が0(ゼロ)の場合、指定された期間中、ストリームに対してスロットルされたレコードはありませんでした。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.