• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Amazon Kinesis Data Firehoseのモニタリング統合

重要

AWS CloudWatch Metric Streams integration を有効にすると、カスタムネームスペースを含むAWSサービスからのすべてのCloudWatchメトリクスを監視することができます。個別の統合はもはや推奨されるオプションではありません。

New Relic には、Amazon Kinesis Data Firehose のデータを収集するための統合が含まれています。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、レポート可能なデータについて説明します。

機能

Amazon Kinesis Data Firehose は、ストリーミングデータをキャプチャしてロードするシンプルな方法を提供します。ストリーミングデータをAmazon Kinesis Data Analytics、Amazon S3、Amazon Redshift、Amazon Elasticsearch Serviceにキャプチャー、変換、ロードすることができ、ほぼリアルタイムでの分析を可能にします。

New Relic の Kinesis Data Firehose 統合では、インデックス化されたレコードやバイト数、AWS サービスにコピーされたデータのカウント、レコードの年齢や鮮度などのデータがレポートされ、その他 メトリクスデータ が表示されます。

統合を有効にする

このインテグレーションを有効にするには、標準手順に従い、AWSサービスをNew Relicに接続します

設定およびポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

デフォルトのポーリング Amazon Kinesis Data Firehose統合のためのものです。

  • New Relicのポーリング間隔:5分
  • Amazon CloudWatchのデータ間隔:1分

データの検索と使用

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure> AWS にアクセスし、Kinesis Data Firehose統合リンクの1つを選択します。

データを照会して探索することができます QueueSample イベントタイプ, provider の値 KinesisDeliveryStream を使用することができます。

データの利用方法については、 統合データの理解と利用 を参照してください。

メトリックデータ

この統合は、以下のメトリクスを収集します。

名前

説明

deliveryToElasticsearchBytes

指定した期間にAmazon ESにインデックスされたバイト数。

配信先:ElasticsearchRecords

指定した期間にAmazon ESにインデックスされたレコードの数。

deliveryToElasticsearchSuccess

試行されたレコードの合計に対する、インデックス作成に成功したレコードの合計です。

deliveryToRedshiftBytes

指定した期間にAmazon Redshiftにコピーされたバイト数。

配送先:RedshiftRecords

指定した期間にAmazon Redshiftにコピーされたレコードの数。

デリバリーToRedshiftの成功

すべてのAmazon RedshiftのCOPYコマンドの合計に対する成功したAmazon RedshiftのCOPYコマンドの合計。

deliveryToS3Bytes

指定した時間帯にAmazon S3に配信されたバイト数。

deliveryToS3DataFreshness

Kinesis Firehoseの中で最も古いレコードの年齢(Kinesis Firehoseに入ってから今まで)を秒単位で表したもの。この年齢よりも古いレコードは、S3バケットに配信されています。

配信先:S3Records

指定した期間にAmazon S3に配信されたレコードの数。

配信ToS3成功

すべてのAmazon S3プットコマンドの合計に対する、成功したAmazon S3プットコマンドの合計です。

incomingBytes

指定した期間にKinesis Firehoseストリームに取り込まれたバイト数。

incomingRecords

指定した期間にKinesis Firehoseストリームに取り込まれたレコードの数。

putRecordBatchLatency

PutRecordBatch 一回の操作にかかった時間をミリ秒単位で、指定した期間で計測したものです。

putRecordBytes

指定された期間に PutRecord を使用して Kinesis Firehose 配信ストリームに投入されたバイト数です。

putRecordLatency

PutRecord の操作ごとにかかった時間をミリ秒単位で、指定した時間帯で計測したものです。

インベントリデータ

有効期限(EOL)の通知

2022年3月以降は、クラウド統合用のインベントリデータなど、いくつかの機能のサポートを終了します。この移行に向けて簡単に準備できる方法など、詳細については、 Explorers Hubの投稿 をご覧ください。

New Relic では、以下の Kinesis Firehose のインベントリデータを収集しています。インベントリーデータについては、 Understand and use data を参照してください。

名前

説明

クリエイトタイムスタンプ

配信ストリームが作成された日付と時刻。

目的地

Destination.Formatは、 DestinationDescription オブジェクトの配列です。

lastUpdateTimestamp

配信ストリームが最後に更新された日付と時間。

ステータス

配信ストリームの状態。

バージョンID

配信ストリームの配信先が更新されるたびに、バージョンIDが変更され、配信先の更新時には現在のバージョンIDが必要となります。これは、サービス側が、配信ストリームの正しいバージョンに変更を適用していることを認識するためです。

Copyright © 2022 New Relic Inc.