• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Amazon DocumentDBのモニタリング統合

重要

AWS CloudWatch Metric Streams統合を有効にして、カスタムネームスペースを含むAWSサービスからのすべてのCloudWatchメトリクスをモニターします。個別の統合は、もはや推奨されるオプションではありません。

New Relic では、 Amazon DocumentDB のデータをレポートするための統合を提供しています。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、レポート可能なデータについて説明します。

統合をアクティブ化する

この統合を有効にするには、標準の手順に従ってAWSサービスをNewRelicに接続します。

構成とポーリング

構成オプションを使用して、ポーリング頻度とフィルターデータを変更できます。

デフォルトの ポーリング Amazon DocumentDB インテグレーションの情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分
  • Amazon CloudWatchデータ間隔:1分

データを見つけて使用する

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure > AWSに移動し、統合を選択します。

次のイベントタイプを使用して、データのクエリと探索を行うことができます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

クラスタ

AwsDocDbClusterSample

AwsDocDbCluster

ClusterByRole

AwsDocDbClusterByRoleSample

AwsDocDbClusterByRole

実例

AwsDocDbInstanceSample

AwsDocDbInstance

データの使用方法の詳細については、統合データの理解と使用を参照してください。

メトリックデータ

この統合は、Cluster、ClusterByRole、およびInstanceのAmazon DocumentDBデータを収集します。

DocumentDBクラスターデータ

メトリック

ユニット

説明

CPUUtilization

パーセント

インスタンスが使用するCPUの割合。

DatabaseConnections

Count

インスタンスへの接続数です。

FreeLocalStorage

バイト

このメトリックは、一時的なテーブルとログのために各インスタンスで利用可能なストレージの量を報告します。この値は、インスタンス・クラスによって異なります。インスタンスに大きなインスタンス・クラスを選択することで、インスタンスの空きストレージ容量を増やすことができます。

FreeableMemory

バイト

利用可能なランダムアクセスメモリの容量をバイト単位で表します。

WriteIOPS

CountPerSecond

1秒あたりのディスク書き込みI/O操作の平均回数。読み取りと書き込みのIOPSは、1分間隔で別々に報告されます。

ReadIOPS

CountPerSecond

1 秒あたりのディスク読み取り I/O 操作の平均数。Amazon DocumentDB は、読み取りと書き込みの IOPS を別々に、1 分間隔で報告します。

WriteLatency

ミリ秒

1回のディスクI/O操作にかかる平均時間(ミリ秒単位)。

ReadLatency

ミリ秒

1回のディスクI/O操作にかかる平均時間をミリ秒単位で表したもの。

WriteThroughput

バイト

1秒あたりのディスクへの平均書き込みバイト数。

ReadThroughput

バイト

1秒あたりのディスクからの平均読み取りバイト数。

NetworkThroughput

バイト

Amazon DocumentDBクラスター内の各インスタンスがクライアントから受信したものとクライアントに送信したものの両方のネットワークスループットの量をバイト/秒で表します。このスループットには、クラスタ内のインスタンスとクラスタ・ボリューム間のネットワーク・トラフィックは含まれません。

NetworkTransmitThroughput

バイト

クラスター内の各インスタンスがクライアントに送信したネットワーク・スループットの量(単位:バイト/秒)。このスループットには、クラスター内のインスタンスとクラスター・ボリューム間のネットワーク・トラフィックは含まれません。

NetworkReceiveThroughput

バイト

クラスター内の各インスタンスがクライアントから受信したネットワーク・スループットの量(単位:バイト/秒)。このスループットには、クラスター内のインスタンスとクラスター・ボリューム間のネットワーク・トラフィックは含まれません。

EngineUptime

インスタンスが実行されている時間を秒単位で表します。

SwapUsage

バイト

インスタンスで使用されているスワップスペースの量です。

DiskQueueDepth

Count

ディスクへのアクセスを待っている未処理のリード/ライトリクエストの数。

BufferCacheHitRatio

パーセント

バッファキャッシュで処理されたリクエストの割合です。

BackupRetentionPeriodStorageUsed

バイト

Amazon DocumentDBの保持ウィンドウ内でポイントインタイムリストア機能をサポートするために使用されるGiB単位のバックアップストレージの合計量。TotalBackupStorageBilledメトリックで報告される合計に含まれます。各Amazon DocumentDBクラスターに対して個別に計算されます。

SnapshotStorageUsed

バイト

バックアップ保持ウィンドウの外側で、指定されたAmazon DocumentDBクラスタのすべてのスナップショットによって消費されたGiB単位のバックアップストレージの合計量。TotalBackupStorageBilledメトリックで報告される合計に含まれます。各Amazon DocumentDBクラスターに対して個別に計算されます。

TotalBackupStorageBilled

バイト

特定のAmazon DocumentDBクラスターの請求対象となるGiB単位のバックアップストレージの合計量です。BackupRetentionPeriodStorageUsedおよびSnapshotStorageUsedメトリクスによって測定されたバックアップストレージを含みます。各Amazon DocumentDBクラスターに対して個別に計算されます。

DBInstanceReplicaLag

ミリ秒

プライマリ・インスタンスからレプリカ・インスタンスにアップデートをレプリケートする際のラグの量をミリ秒単位で指定します。

DBClusterReplicaLagMaximum

ミリ秒

プライマリ・インスタンスとクラスタ内の各Amazon DocumentDBインスタンスとの間の最大ラグ量をミリ秒単位で指定します。

DBClusterReplicaLagMinimum

ミリ秒

クラスタ内のプライマリ・インスタンスと各レプリカ・インスタンスとの間の最小ラグ量をミリ秒単位で指定します。

VolumeBytesUsed

バイト

クラスタが使用するストレージの量をバイト単位で表したものです。この値は、クラスターのコストに影響します(価格情報については、Amazon DocumentDBの製品ページを参照してください)。

VolumeReadIOPs

Count

クラスタ・ボリュームからの課金された読み取りI/O操作の平均数で、5分間隔で報告されます。課金された読み取り操作は、クラスター・ボリューム・レベルで計算され、クラスター内のすべてのインスタンスから集計され、5分間隔で報告されます。この値は、5分間の読み取り操作メトリックの値を取って計算されます。1秒あたりの課金された読み取り操作の量は、課金された読み取り操作メトリックの値を取り、300秒で割ることで求めることができます。例えば、課金された読み取り操作が13,686を返した場合、1秒あたりの課金された読み取り操作は45(13,686÷300=45.62)となります。バッファキャッシュに存在しないデータベースページを要求し、そのためにストレージからロードしなければならないクエリに対して課金された読み取り操作が発生します。クエリの結果がストレージから読み込まれ、その後バッファキャッシュに読み込まれると、課金される読み取り操作が急増することがあります。

VolumeWriteIOPs

Count

クラスタ・ボリュームからの課金された書き込みI/O操作の平均数で、5分間隔で報告されます。課金された書き込み操作は、クラスター・ボリューム・レベルで計算され、クラスター内のすべてのインスタンスから集計され、5分間隔で報告されます。この値は、5分間の書き込み操作メトリックの値を取って計算されます。1秒あたりの課金された書き込み操作の量は、課金された書き込み操作メトリックの値を取り、300秒で割ることで求めることができます。例えば、課金された書き込み操作が13,686を返した場合、1秒あたりの課金された書き込み操作は45(13,686÷300=45.62)となります。

DocumentDB ClusterByRoleデータ

メトリック

ユニット

説明

CPUUtilization

パーセント

インスタンスが使用するCPUの割合。

DatabaseConnections

Count

インスタンスへの接続数です。

FreeLocalStorage

バイト

このメトリックは、一時的なテーブルとログのために各インスタンスで利用可能なストレージの量を報告します。この値は、インスタンス・クラスによって異なります。インスタンスに大きなインスタンス・クラスを選択することで、インスタンスの空きストレージ容量を増やすことができます。

FreeableMemory

バイト

利用可能なランダムアクセスメモリの容量をバイト単位で表します。

WriteIOPS

CountPerSecond

1秒あたりのディスク書き込みI/O操作の平均回数。読み取りと書き込みのIOPSは、1分間隔で別々に報告されます。

ReadIOPS

CountPerSecond

1 秒あたりのディスク読み取り I/O 操作の平均数。Amazon DocumentDB は、読み取りと書き込みの IOPS を別々に、1 分間隔で報告します。

WriteLatency

ミリ秒

1回のディスクI/O操作にかかる平均時間(ミリ秒単位)。

ReadLatency

ミリ秒

1回のディスクI/O操作にかかる平均時間をミリ秒単位で表したもの。

WriteThroughput

バイト

1秒あたりのディスクへの平均書き込みバイト数。

ReadThroughput

バイト

1秒あたりのディスクからの平均読み取りバイト数。

NetworkThroughput

バイト

Amazon DocumentDBクラスター内の各インスタンスがクライアントから受信したものとクライアントに送信したものの両方のネットワークスループットの量をバイト/秒で表します。このスループットには、クラスタ内のインスタンスとクラスタ・ボリューム間のネットワーク・トラフィックは含まれません。

NetworkTransmitThroughput

バイト

クラスター内の各インスタンスがクライアントに送信したネットワーク・スループットの量(単位:バイト/秒)。このスループットには、クラスター内のインスタンスとクラスター・ボリューム間のネットワーク・トラフィックは含まれません。

NetworkReceiveThroughput

バイト

クラスター内の各インスタンスがクライアントから受信したネットワーク・スループットの量(単位:バイト/秒)。このスループットには、クラスター内のインスタンスとクラスター・ボリューム間のネットワーク・トラフィックは含まれません。

EngineUptime

インスタンスが実行されている時間を秒単位で表します。

SwapUsage

バイト

インスタンスで使用されているスワップスペースの量です。

DiskQueueDepth

Count

ディスクへのアクセスを待っている未処理のリード/ライトリクエストの数。

BufferCacheHitRatio

パーセント

バッファキャッシュで処理されたリクエストの割合です。

BackupRetentionPeriodStorageUsed

バイト

Amazon DocumentDBの保持ウィンドウ内でポイントインタイムリストア機能をサポートするために使用されるGiB単位のバックアップストレージの合計量。TotalBackupStorageBilledメトリックで報告される合計に含まれます。各Amazon DocumentDBクラスターに対して個別に計算されます。

SnapshotStorageUsed

バイト

バックアップ保持ウィンドウの外側で、指定されたAmazon DocumentDBクラスタのすべてのスナップショットによって消費されたGiB単位のバックアップストレージの合計量。TotalBackupStorageBilledメトリックで報告される合計に含まれます。各Amazon DocumentDBクラスターに対して個別に計算されます。

TotalBackupStorageBilled

バイト

特定のAmazon DocumentDBクラスターの請求対象となるGiB単位のバックアップストレージの合計量です。BackupRetentionPeriodStorageUsedおよびSnapshotStorageUsedメトリクスによって測定されたバックアップストレージを含みます。各Amazon DocumentDBクラスターに対して個別に計算されます。

DBInstanceReplicaLag

ミリ秒

プライマリ・インスタンスからレプリカ・インスタンスにアップデートをレプリケートする際のラグの量をミリ秒単位で指定します。

DBClusterReplicaLagMaximum

ミリ秒

プライマリ・インスタンスとクラスタ内の各Amazon DocumentDBインスタンスとの間の最大ラグ量をミリ秒単位で指定します。

DBClusterReplicaLagMinimum

ミリ秒

クラスタ内のプライマリ・インスタンスと各レプリカ・インスタンスとの間の最小ラグ量をミリ秒単位で指定します。

VolumeBytesUsed

バイト

クラスタが使用するストレージの量をバイト単位で表したものです。この値は、クラスターのコストに影響します(価格情報については、Amazon DocumentDBの製品ページを参照してください)。

VolumeReadIOPs

Count

クラスタ・ボリュームからの課金された読み取りI/O操作の平均数で、5分間隔で報告されます。課金された読み取り操作は、クラスター・ボリューム・レベルで計算され、クラスター内のすべてのインスタンスから集計され、5分間隔で報告されます。この値は、5分間の読み取り操作メトリックの値を取って計算されます。1秒あたりの課金された読み取り操作の量は、課金された読み取り操作メトリックの値を取り、300秒で割ることで求めることができます。例えば、課金された読み取り操作が13,686を返した場合、1秒あたりの課金された読み取り操作は45(13,686÷300=45.62)となります。バッファキャッシュに存在しないデータベースページを要求し、そのためにストレージからロードしなければならないクエリに対して課金された読み取り操作が発生します。クエリの結果がストレージから読み込まれ、その後バッファキャッシュに読み込まれると、課金される読み取り操作が急増することがあります。

VolumeWriteIOPs

Count

クラスタ・ボリュームからの課金された書き込みI/O操作の平均数で、5分間隔で報告されます。課金された書き込み操作は、クラスター・ボリューム・レベルで計算され、クラスター内のすべてのインスタンスから集計され、5分間隔で報告されます。この値は、5分間の書き込み操作メトリックの値を取って計算されます。1秒あたりの課金された書き込み操作の量は、課金された書き込み操作メトリックの値を取り、300秒で割ることで求めることができます。例えば、課金された書き込み操作が13,686を返した場合、1秒あたりの課金された書き込み操作は45(13,686÷300=45.62)となります。

DocumentDB インスタンスデータ

メトリック

ユニット

説明

CPUUtilization

パーセント

インスタンスが使用するCPUの割合。

DatabaseConnections

Count

インスタンスへの接続数です。

FreeLocalStorage

バイト

このメトリックは、一時的なテーブルとログのために各インスタンスで利用可能なストレージの量を報告します。この値は、インスタンス・クラスによって異なります。インスタンスに大きなインスタンス・クラスを選択することで、インスタンスの空きストレージ容量を増やすことができます。

FreeableMemory

バイト

利用可能なランダムアクセスメモリの容量をバイト単位で表します。

WriteIOPS

CountPerSecond

1秒あたりのディスク書き込みI/O操作の平均回数。読み取りと書き込みのIOPSは、1分間隔で別々に報告されます。

ReadIOPS

CountPerSecond

1 秒あたりのディスク読み取り I/O 操作の平均数。Amazon DocumentDB は、読み取りと書き込みの IOPS を別々に、1 分間隔で報告します。

WriteLatency

ミリ秒

1回のディスクI/O操作にかかる平均時間(ミリ秒単位)。

ReadLatency

ミリ秒

1回のディスクI/O操作にかかる平均時間をミリ秒単位で表したもの。

WriteThroughput

バイト

1秒あたりのディスクへの平均書き込みバイト数。

ReadThroughput

バイト

1秒あたりのディスクからの平均読み取りバイト数。

NetworkThroughput

バイト

Amazon DocumentDBクラスター内の各インスタンスがクライアントから受信したものとクライアントに送信したものの両方のネットワークスループットの量をバイト/秒で表します。このスループットには、クラスタ内のインスタンスとクラスタ・ボリューム間のネットワーク・トラフィックは含まれません。

NetworkTransmitThroughput

バイト

クラスター内の各インスタンスがクライアントに送信したネットワーク・スループットの量(単位:バイト/秒)。このスループットには、クラスター内のインスタンスとクラスター・ボリューム間のネットワーク・トラフィックは含まれません。

NetworkReceiveThroughput

バイト

クラスター内の各インスタンスがクライアントから受信したネットワーク・スループットの量(単位:バイト/秒)。このスループットには、クラスター内のインスタンスとクラスター・ボリューム間のネットワーク・トラフィックは含まれません。

EngineUptime

インスタンスが実行されている時間を秒単位で表します。

SwapUsage

バイト

インスタンスで使用されているスワップスペースの量です。

DiskQueueDepth

Count

ディスクへのアクセスを待っている未処理のリード/ライトリクエストの数。

BufferCacheHitRatio

パーセント

バッファキャッシュで処理されたリクエストの割合です。

BackupRetentionPeriodStorageUsed

バイト

Amazon DocumentDBの保持ウィンドウ内でポイントインタイムリストア機能をサポートするために使用されるGiB単位のバックアップストレージの合計量。TotalBackupStorageBilledメトリックで報告される合計に含まれます。各Amazon DocumentDBクラスターに対して個別に計算されます。

SnapshotStorageUsed

バイト

バックアップ保持ウィンドウの外側で、指定されたAmazon DocumentDBクラスタのすべてのスナップショットによって消費されたGiB単位のバックアップストレージの合計量。TotalBackupStorageBilledメトリックで報告される合計に含まれます。各Amazon DocumentDBクラスターに対して個別に計算されます。

TotalBackupStorageBilled

バイト

特定のAmazon DocumentDBクラスターの請求対象となるGiB単位のバックアップストレージの合計量です。BackupRetentionPeriodStorageUsedおよびSnapshotStorageUsedメトリクスによって測定されたバックアップストレージを含みます。各Amazon DocumentDBクラスターに対して個別に計算されます。

DBInstanceReplicaLag

ミリ秒

プライマリ・インスタンスからレプリカ・インスタンスにアップデートをレプリケートする際のラグの量をミリ秒単位で指定します。

DBClusterReplicaLagMaximum

ミリ秒

プライマリ・インスタンスとクラスタ内の各Amazon DocumentDBインスタンスとの間の最大ラグ量をミリ秒単位で指定します。

DBClusterReplicaLagMinimum

ミリ秒

クラスタ内のプライマリ・インスタンスと各レプリカ・インスタンスとの間の最小ラグ量をミリ秒単位で指定します。

VolumeBytesUsed

バイト

クラスタが使用するストレージの量をバイト単位で表したものです。この値は、クラスターのコストに影響します(価格情報については、Amazon DocumentDBの製品ページを参照してください)。

VolumeReadIOPs

Count

クラスタ・ボリュームからの課金された読み取りI/O操作の平均数で、5分間隔で報告されます。課金された読み取り操作は、クラスター・ボリューム・レベルで計算され、クラスター内のすべてのインスタンスから集計され、5分間隔で報告されます。この値は、5分間の読み取り操作メトリックの値を取って計算されます。1秒あたりの課金された読み取り操作の量は、課金された読み取り操作メトリックの値を取り、300秒で割ることで求めることができます。例えば、課金された読み取り操作が13,686を返した場合、1秒あたりの課金された読み取り操作は45(13,686÷300=45.62)となります。バッファキャッシュに存在しないデータベースページを要求し、そのためにストレージからロードしなければならないクエリに対して課金された読み取り操作が発生します。クエリの結果がストレージから読み込まれ、その後バッファキャッシュに読み込まれると、課金される読み取り操作が急増することがあります。

VolumeWriteIOPs

Count

クラスタ・ボリュームからの課金された書き込みI/O操作の平均数で、5分間隔で報告されます。課金された書き込み操作は、クラスター・ボリューム・レベルで計算され、クラスター内のすべてのインスタンスから集計され、5分間隔で報告されます。

この値は、5分間の書き込み操作メトリックの値を取ることで計算されます。1秒あたりの課金された書き込み操作の量は、課金された書き込み操作メトリックの値を取り、300秒で割ることで求めることができます。

例えば、課金された書き込み操作が13,686を返した場合、1秒あたりの課金書き込み操作は45(13,686÷300=45.62)となります。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.