• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Amazon Athenaモニタリングの統合

重要

AWS CloudWatch Metric Streams integration を有効にすると、カスタムネームスペースを含むAWSサービスからのすべてのCloudWatchメトリクスを監視することができます。個別の統合はもはや推奨されるオプションではありません。

New Relic では、 Amazon Athena のデータをレポートするための統合を提供しています。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、レポート可能なデータについて説明します。

統合を有効にする

このインテグレーションを有効にするには、標準手順に従い、AWSサービスをNew Relicに接続します

設定およびポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

デフォルト ポーリング Amazon Athenaインテグレーションの情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分
  • Amazon CloudWatchのデータ間隔:1分

データの検索と使用

統合データを探すには、 one.newrelic.com > Infrastructure> AWS にアクセスし、統合を選択します。

このイベントタイプを使用して、データのクエリと探索を行うことができます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

ワークグループ

AwsAthenaWorkGroupSample

AwsAthenaWorkGroup

データの利用方法については、 統合データの理解と利用 を参照してください。

メトリックデータ

この統合は、WorkGroupのAmazon Athenaデータを収集します。

Athena WorkGroupのデータ

メトリック

ユニット

説明

処理済みバイト

バイト

Athena がクエリごとにスキャンしたデータ量(メガバイト)。キャンセルされたクエリ(ユーザーによるキャンセル、または制限に達した場合の自動キャンセル)については、キャンセル時間前にスキャンされたデータ量が含まれます。

トータルエクセキューションタイム

ミリ秒

Athenaがクエリを実行するのにかかる時間(秒単位)。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。