• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

AWS AppSyncモニタリング統合

重要

AWS CloudWatch Metric Streams integration を有効にすると、カスタムネームスペースを含むAWSサービスからのすべてのCloudWatchメトリクスを監視することができます。個別の統合はもはや推奨されるオプションではありません。

New Relic では、 AWS AppSync のデータをレポートするための統合を提供しています。このドキュメントでは、この統合を有効にする方法と、レポート可能なデータについて説明します。

統合を有効にする

このインテグレーションを有効にするには、標準手順に従い、AWSサービスをNew Relicに接続します

設定およびポーリング

設定オプションを使用し、ポーリングの頻度を変更し、データを絞り込むことができます。

デフォルト ポーリング AWS AppSyncインテグレーションの情報です。

  • New Relicのポーリング間隔:5分
  • Amazon CloudWatchのデータ間隔:1分

データの検索と使用

Infrastructureで統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure> AWS にアクセスし、統合を選択します。

このイベントタイプを使用して、データのクエリと探索を行うことができます。

エンティティ

イベントタイプ

プロバイダー

Api

AwsAppSyncApiSample

AwsAppSyncApi

データの使用方法については、 New Relic data types を参照してください。

メトリックデータ

このインテグレーションは、AWS AppSyncのデータをApi用に収集します。

AppSync Apiデータ

メトリック

ユニット

説明

4XXError

Count

クライアントの設定が正しくないために無効なリクエストが発生した結果、捕捉されたエラーの数。一般的に、これらのエラーはGraphQLの実行以外の場所で発生します。例えば、リクエスト内のJSONペイロードやクエリが正しくない場合、サービスがスロットルされている場合、あるいはAuth設定の誤設定の可能性もあります。

5XXエラー

Count

GraphQLクエリの実行中に発生したエラー。例えば、Amazon CognitoのユーザープールIDやAWSリージョンが無効な場合、空または不正なスキーマに対してクエリリクエストが開始された場合に発生する可能性があります。あるいは、AWS AppSyncがリクエストの実行中に問題に遭遇した場合にも発生する可能性があります。

レイテンシー

ミリ秒

AWS AppSyncがクライアントからリクエストを受信してから、クライアントにレスポンスを返すまでの時間。レスポンスがエンドデバイスに届くまでに発生するネットワークレイテンシーは含まれません。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。