• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

NFSモニタリングの統合

当社のNFS 統合 は、お客様のNFSサービスからインベントリとメトリクスを収集して当社のプラットフォームに送信し、ディスク使用量データを確認できるので、問題の原因をより簡単に見つけることができます。

インテグレーションのインストールと、当社がどのようなデータを収集するかについてお読みください。

互換性および要件

当社のインテグレーションは、NFSバージョン3または4に対応しています。

インテグレーションをインストールする前に、以下の要件を満たしていることを確認してください。

インストールと有効化

NFS統合は、デフォルトですでに有効化され、インストールされています。そのため、インストールやアクティベーションの必要はなく、すぐに動作します。詳しくは、 サンプル変数 、NFSで検索してみてください。

データの検索と使用

統合データを見つけるには、 one.newrelic.com > Infrastructure> Third-party services にアクセスし、 NFS integration のリンクを選択してください。

データを照会する場合, NFS データは NFSSample イベントタイプ に添付されます。

データの見つけ方と使い方については、 統合データの理解と利用 を参照してください。

メトリックデータ

NFSインテグレーションでは、以下のメトリクスを収集します。

デフォルトのメトリクス

これらのメトリクスはデフォルトで取得されます。

名前

説明

diskTotalBytes

ディスク上の利用可能な総バイト数。

diskUsedBytes

総使用バイト数

diskUsedPercent

使用されたバイト数の割合。

diskFreeBytes

ディスク上に残っている利用可能な総バイト数。

diskFreePercent

ディスク上の空き容量の割合。

totalReadBytes

読んだ総バイト数

totalWriteBytes

書き込まれた総バイト数

readBytesPerSecond

1秒あたりの読み取りバイト数。

writeBytesPerSecond

1秒間に書き込まれるバイト数。

ReadPerSecond

1秒あたりの読み取り操作の回数。

writesPerSecond

1秒あたりの書き込み操作の回数。

totalOpsPerSecond

1秒間の総操作回数。

バージョン

NFSのバージョン(3.0または4.0のいずれかになります)。

デバイス

デバイス名です。

マウントポイント

NFSボリュームのマウントポイント。

ファイルシステムタイプ

ファイルシステムの種類。

拡張メトリクス

detailed_nfs が有効(Infrastructure configuration filetrue に設定)の場合に捕捉される追加メトリクス。

名前

説明

ageSeconds

NFSクライアントの年齢を秒単位で指定します。

inodeRevalidate

キャッシュされたinodeの属性がサーバーから再検証された回数。

dnodeRevalidate

キャッシュされたデントリーノードが、サーバーから再検証される回数。

データインバリデート

inodeのキャッシュがクリアされる回数。

attributeInvalidate

キャッシュされたinodeの属性が無効になる回数。

vfsオープン

ファイルやディレクトリが open()'d' された回数。

vfsLookUp

ディレクトリの検索が発生した回数。

vfs.access

パーミッションがチェックされた回数

vfsUpdatePage

ページへの更新(および潜在的な書き込み)の数。

vfsReadPage

mmap() を通じて直接読まれたページの数'd ファイル。

vfsReadPages

ページのグループが読まれた回数。

vfsWritePage

mmap() を通じて直接書き込まれたページの数'd ファイル。

vfsWritePages

ページ群が書き込まれた回数。

vfsGetDents

getdents() でディレクトリ・エントリを読み込んだ回数.

vfsSetattr

inodeに属性が設定された回数。

vfsFlush

サーバーに強制的にフラッシュされた保留中の書き込みの数。

vfsFsync

ディレクトリとファイルに対して fsync() が呼び出された回数。

vfsLock

ファイルのロックが試みられた回数。

vfsFileRelease

ファイルが閉じられ、リリースされた回数。

トランケーション

ファイルが切り捨てられた回数。

writeExtension

ファイルが既存の端を超えて書き込まれたために成長した回数。

シリーネーム

ファイルが他のプロセスによって開かれたまま削除された回数。

ショートリード

NFSサーバーが読み込み中に予想よりも少ないデータを与えた回数。

shortWrite

NFSサーバーが書き込み中に予想よりも少ないデータを書き込んだ回数。

jukeboxDelay

NFS サーバーが EJUKEBOX; オフラインストレージからデータを取得していることを示した回数。

pnfsRead

NFS v4.1+ pNFSの読み込み回数。

pnfsWrite

NFS v4.1+のpNFSの書き込み数。

バインド

クライアントがNFSサーバーとの接続を最初から確立しなければならなかった回数。

connect

クライアントがNFSサーバへのTCP接続を行った回数。

connectIdleTime

NFSマウントがサーバーへの接続確立を待っていた時間(単位:jiffies、カーネル内部での時間の単位)。

idleTimeSeconds

NFSマウントが最後にRPCトラフィックを確認してからの期間。

センド

NFSサーバーに送信された、このマウントに対するRPCリクエストの数。

受信

NFSサーバーから受信したこのマウントのRPCレスポンスの数。

badTransactionIds

NFSサーバーが、このクライアントにとって未知のトランザクションIDを持つ応答を送信した回数。

cumulativeActiveRequest

送信と受信の間の現在の差として、各リクエストで増やされる実行中のer。

累積バックログ

実行中のカウンターで、リクエストごとに現在のバックログキューのサイズでインクリメントされます。

最大RPCSLots使用数

これまでに使用された、同時にアクティブなRPCリクエストの最大数。

cumulativeSendingQueue

送信キューの現在のサイズとして、リクエストごとにインクリメントされるランニングカウンタ。

cumulativePendingQueue

実行中のカウンターで、リクエストごとに増やされ、保留中のキューの現在のサイズとなります。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。