• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

JMXモニタリングの統合

JMX統合により、ユーザーは JMX でメトリクスを公開するあらゆるアプリケーションを監視できるようになります。統合には、JVM から主要なメトリクスを自動的に収集するデフォルトの収集ファイルが含まれています。

互換性と要件

統合をインストールする前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

クイックスタート

Kubernetes または ECS 環境で JMX を実行していない場合は、ガイド付きインストールをお勧めします。ガイド付きインストールでは、インフラストラクチャ エージェントと CLI を使用して JMX 統合をセットアップし、環境内で実行されている他のアプリケーションとログ ソースを検出して、どのアプリケーションを計測する必要があるかを推奨します。

ガイド付きインストールは、ほとんどの設定と連動します。ただし、ご希望に添えない場合は、以下の他のインストールオプションがあります。

始める準備はできていますか?使用するデータセンターの地域に応じて、該当するボタンをクリックします。インストールが完了したら、本ドキュメントに戻って設定オプションを確認してください。

ガイド付きインストール(米国オプション)

インストール

ガイド付きインストールを使用しない場合は、ご使​​用の環境に応じた手順に従ってください。

''

統合を更新する

このインテグレーションは、自動更新しません。最善の結果を得るため、インテグレーションパッケージの更新Infrastructureエージェントの更新を定期的に実施してください。

インストール後のタスク

インストールが完了したら、設定オプションを設定できます。インテグレーションを機能させるには、設定がいくつか必要ですが、オプションの設定もあります。

統合を構成する

統合のYAML形式の構成では、必要なログイン資格情報を配置し、データの収集方法を構成できます。どのオプションを変更するかは、セットアップと設定によって異なります。

インストール方法に応じて、統合を構成する方法はいくつかあります。

統合設定ファイル

構成ファイルには、 intervaltimeoutinventory_sourceなどのすべての統合に適用できる共通の設定があります。これらの一般的な設定についてすべて読むには、 構成フォーマットのドキュメントを参照してください。

JMXに関連する特定の設定は、構成ファイルのenvセクションを使用して定義されます。これらの設定は、JMXインスタンスへの接続、およびその他のセキュリティ設定と機能を制御します。有効な設定のリストについては、このドキュメントの次のセクションで説明します。

設定オプションは以下の通りです。設定例については、 example config file を参照してください。

メトリクス収集ファイル

メトリクス・コレクション定義ファイルは構造化されたYAMLファイルで、どのようなメトリクスを収集するかをインテグレーションに伝えます。構成例については、 メトリクス・コレクション・ファイルの例 を参照してください。

デフォルトのJVMメトリック収集ファイル: /etc/newrelic-infra/integrations.d/jvm-metrics.yml

ヒント

整理やメンテナンスを容易にするために、異なるコレクションファイルを書くことができます。例として、 設定ファイル を参照してください。

Kubernetesのアノテーションを利用したコレクションの設定

Kubernetesアノテーションを使用して、コレクション構成を提供できます。これを実現するには、 nri-jmxアプリケーションの構成ファイルを作成するKubernetesクラスターにconfigMapをデプロイする必要があります。

この設定ファイルでは、 container auto-discovery のコマンドを指定する必要があります。これにより、Kubernetesのアノテーションを含む統合設定でプレースホルダーを使用することができます。

TomcatアプリケーションでJVMを監視するためのconfigMapの例:

次に、アノテーションを使ってコレクションの構成を定義します。例えば、アノテーションを使用したTomcatのデプロイメントを示します。

apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
name: tomcat-deployment
labels:
app: java
spec:
replicas: 1
selector:
matchLabels:
app: java
template:
metadata:
annotations:
newrelic.config: >-
{
"collect": [
{
"domain": "java.lang",
"event_type": "JVMSample",
"beans": [
{
"query": "type=GarbageCollector,name=*",
"attributes": [
"CollectionCount",
"CollectionTime"
]
},
{
"query": "type=Memory",
"attributes": [
"HeapMemoryUsage.Committed",
"HeapMemoryUsage.Init",
"HeapMemoryUsage.Max",
"HeapMemoryUsage.Used",
"NonHeapMemoryUsage.Committed",
"NonHeapMemoryUsage.Init",
"NonHeapMemoryUsage.Max",
"NonHeapMemoryUsage.Used"
]
},
{
"query": "type=Threading",
"attributes": [
"ThreadCount",
"TotalStartedThreadCount"
]
},
{
"query": "type=ClassLoading",
"attributes": [
"LoadedClassCount"
]
},
{
"query": "type=Compilation",
"attributes": [
"TotalCompilationTime"
]
}
]
}
]
}
labels:
app: java
spec:
containers:
- name: tomcat
image: tomcat:10.0.12
ports:
- containerPort: 9999
env:
- name: CATALINA_OPTS
value: '-Dcom.sun.management.jmxremote -Dcom.sun.management.jmxremote.port=9999 -Dcom.sun.management.jmxremote.ssl=false -Dcom.sun.management.jmxremote.authenticate=false'

カスタム コネクタ

JMX では、アプリケーションとの通信にカスタム・コネクタを使用することができます。カスタムコネクターを使用するには、nrjmx クラスパスにカスタムコネクターを含める必要があります。

デフォルトでは、サブフォルダーconnectorsはクラスパスにあります。このフォルダが存在しない場合は、nrjmxがインストールされているフォルダの下に作成してください。

たとえば、JBossのサポートを追加するには、デフォルト(Linux)ライブラリパス/usr/lib/nrjmx//usr/lib/nrjmx/connectors/ )の下にconnectorsという名前のフォルダーを作成し、カスタムコネクターjar( $JBOSS_HOME/bin/client/jboss-cli-client.jar )をそのフォルダーにコピーします。これで、JBossに対してJMXクエリを実行できます。

構成例

オン・ホスト・インストールのためのファイル構成例。

オンホスト統合構成の一般的な構造の詳細については、「 構成」を参照してください。

データに名前を付ける

メトリックは、サンプルの形式で送信および保存されます。これは、メトリック データとメタデータを含むキーと値のペアのリストです。各サンプルは、データベースにイベントとして保存されます。

New Relic に報告する JMX データの作成と命名は、お客様の責任で行ってください。このため、New Relic では、イベントタイプの名前を付ける際に、これらの規約に従うことを強く推奨します。一貫した命名法を行うために。

  • キャメルケースを使う。
  • どのようなデータが含まれているのかが明確にわかるような名称を使用してください。

例: MyorgApplicationSample

推奨: 異なるアプリケーション間で類似したメトリクスに同じ命名法を使用する。

データを見つけて使用する

このサービスからのデータは、 統合ダッシュボードに報告されます。

JMXデータは、構成ファイルで指定されたユーザー定義のイベントタイプに添付されます。たとえば、JMX統合を使用してTomcatを監視することに関心がある場合は、 TomcatSample }というevent_typeを定義し、そのイベントタイプをクエリします

トラブルシューティングの目的で、またはカスタムチャートとダッシュボードを作成するために、このデータをクエリできます。

データを検索して使用する方法の詳細については、統合データについてを参照してください。

メトリックデータ

統合によって生成されたメトリクスには、収集元である MBean に関連するメタデータが含まれます。このメタデータを NRQL クエリ で使用して、クエリが目的のビーンのデータのみを返すように、データをフィルタリングおよびファセットすることができます。また、メトリクス名はすべてのビーン間で一意であるとは限らないため、メトリクスを一意に識別するために使用することもできます。

各イベントには、以下のメタデータが含まれています。

名前

説明

displayName

これらのメトリクスのJMXドメイン名です。

entityName

これらのメトリクスのJMXドメイン名に、エンティティタイプの「domain:」を前置したもの。

host

メトリクスを収集しているJMXホストです。

query

これらのメトリクスを収集するために使用されるクエリ。

bean

これらのメトリクスが収集された属性を持つBean。

key:<mbean_key>

Bean名のキーごとに、Beanのキーの値を使用して“key:<mbean_key>というメトリックセットに属性が追加されます。

NRQLクエリの例

ここでは、収集されたすべてのJVMガベージコレクターをメタデータモニターで活用した、 NRQL クエリの例を示します。

SELECT latest(CollectionTime)
FROM JVMSample
FACET `key:name`
WHERE `key:type` = 'GarbageCollector'

メトリクスデータの属性

JMXインテグレーションでは、以下のメトリックデータ属性を収集します。

名前

説明

HeapMemoryUsage.Used

使用されたJavaヒープメモリの合計。

HeapMemoryUsage.Committed

使用するためにコミットされたJavaヒープメモリの合計。

HeapMemoryUsage.Init

最初に割り当てられたJavaヒープメモリ。

HeapMemoryUsage.Max

利用可能な最大のJavaヒープメモリです。

NonHeapMemoryUsage.Used

使用されたJavaの非ヒープメモリの合計。

NonHeapMemoryUsage.Committed

使用するためにコミットされたJavaの非ヒープメモリの合計。

NonHeapMemoryUsage.Init

最初に割り当てられたJavaの非ヒープメモリ。

NonHeapMemoryUsage.Max

利用可能なJavaの非ヒープメモリの最大値です。

ThreadCount

ライブスレッドの数です。

CollectionCount

発生したガベージコレクションの総数です。

CollectionTime

経過したおおよその累積ガベージコレクション時間です。

在庫データ

JMX 統合の構成パラメータをキャプチャします。このデータは、 インベントリページconfig/jmx ソースの下にあります。インベントリデータの詳細については、 Understand integration data を参照してください。

トラブルシューティング

トラブルシューティングのヒント:

''

''

ソースコードを確認してください

この統合はオープン ソース ソフトウェアです。つまり、ソース コードを参照して改善を送信したり、独自のフォークを作成してビルドしたりできます。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.