• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

JMX 監視構成

JMX 統合は、2 種類の YAML ファイルを使用して統合データを定義および収集します: 統合構成オプションメトリック収集オプション。JMX 統合がデータを収集する方法を変更するには、最初にログイン資格情報を統合の YAML 形式の構成に追加します。

統合をインストールし、収集するデータを確認するために読んでください。

互換性と要件

私たちの統合は、Java8以降と互換性があります。 PATHで構成されているものとは異なるJavaバージョンを使用する必要がある場合は、GitHubにあるNewRelicの構成ドキュメントに従ってください。

統合をインストールする前に、次の要件を満たしていることを確認してください。

インストールしてアクティブ化する

JMXインテグレーションをインストールするには、お使いの環境に応じた指示に従ってください。

''

その他の注意事項:

  • 高度:統合はtarball形式でも利用可能であり、パッケージマネージャーの外部にインストールできます。
  • インフラストラクチャエージェントがnri-jmxバイナリを実行すると、パスがPATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/usr/sbin:/usr/binに設定されます。 Javaバイナリは、これらのパスの1つに含まれている必要があります。
  • nrjmx およびjmxは、JavaバイナリがシステムPATHに存在する必要があります。これはrootユーザーのPATHではなく、 /root/.bashrcPATH環境変数を変更しても影響を受けません。 PATHシステム変数を変更する方法の詳細をお読みください。
  • オンホスト統合は自動的に更新されません。最良の結果を得るには、統合パッケージとインフラストラクチャエージェントを定期的に更新してください。

While you wait for your data to come in...

Did this doc help you install?

統合を構成する

統合のYAML形式の構成では、必要なログイン資格情報を配置し、データの収集方法を構成できます。どのオプションを変更するかは、セットアップと設定によって異なります。

インストール方法に応じて、統合を構成する方法はいくつかあります。

統合設定ファイル

構成ファイルには、 intervaltimeoutinventory_sourceなどのすべての統合に適用できる共通の設定があります。これらの一般的な設定についてすべて読むには、 構成フォーマットのドキュメントを参照してください。

重要

従来の設定・定義ファイルを使用している場合は、 標準設定書 を参考にしてください。

JMXに関連する特定の設定は、構成ファイルのenvセクションを使用して定義されます。これらの設定は、JMXインスタンスへの接続、およびその他のセキュリティ設定と機能を制御します。有効な設定のリストについては、このドキュメントの次のセクションで説明します。

設定オプションは以下の通りです。設定例については、 example config file を参照してください。

メトリクス収集ファイル

メトリクス・コレクション定義ファイルは構造化されたYAMLファイルで、どのようなメトリクスを収集するかをインテグレーションに伝えます。構成例については、 メトリクス・コレクション・ファイルの例 を参照してください。

デフォルトのJVMメトリック収集ファイル: /etc/newrelic-infra/integrations.d/jvm-metrics.yml

ヒント

整理やメンテナンスを容易にするために、異なるコレクションファイルを書くことができます。例として、 設定ファイル を参照してください。

Kubernetesのアノテーションを利用したコレクションの設定

Kubernetesアノテーションを使用して、コレクション構成を提供できます。これを実現するには、 nri-jmxアプリケーションの構成ファイルを作成するKubernetesクラスターにconfigMapをデプロイする必要があります。

この設定ファイルでは、 container auto-discovery のコマンドを指定する必要があります。これにより、Kubernetesのアノテーションを含む統合設定でプレースホルダーを使用することができます。

TomcatアプリケーションでJVMを監視するためのconfigMapの例:

次に、アノテーションを使ってコレクションの構成を定義します。例えば、アノテーションを使用したTomcatのデプロイメントを示します。

apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
name: tomcat-deployment
labels:
app: java
spec:
replicas: 1
selector:
matchLabels:
app: java
template:
metadata:
annotations:
newrelic.config: >-
{
"collect": [
{
"domain": "java.lang",
"event_type": "JVMSample",
"beans": [
{
"query": "type=GarbageCollector,name=*",
"attributes": [
"CollectionCount",
"CollectionTime"
]
},
{
"query": "type=Memory",
"attributes": [
"HeapMemoryUsage.Committed",
"HeapMemoryUsage.Init",
"HeapMemoryUsage.Max",
"HeapMemoryUsage.Used",
"NonHeapMemoryUsage.Committed",
"NonHeapMemoryUsage.Init",
"NonHeapMemoryUsage.Max",
"NonHeapMemoryUsage.Used"
]
},
{
"query": "type=Threading",
"attributes": [
"ThreadCount",
"TotalStartedThreadCount"
]
},
{
"query": "type=ClassLoading",
"attributes": [
"LoadedClassCount"
]
},
{
"query": "type=Compilation",
"attributes": [
"TotalCompilationTime"
]
}
]
}
]
}
labels:
app: java
spec:
containers:
- name: tomcat
image: tomcat:10.0.12
ports:
- containerPort: 9999
env:
- name: CATALINA_OPTS
value: '-Dcom.sun.management.jmxremote -Dcom.sun.management.jmxremote.port=9999 -Dcom.sun.management.jmxremote.ssl=false -Dcom.sun.management.jmxremote.authenticate=false'

カスタム コネクタ

JMX では、アプリケーションとの通信にカスタム・コネクタを使用することができます。カスタムコネクターを使用するには、nrjmx クラスパスにカスタムコネクターを含める必要があります。

デフォルトでは、サブフォルダーconnectorsはクラスパスにあります。このフォルダが存在しない場合は、nrjmxがインストールされているフォルダの下に作成してください。

たとえば、JBossのサポートを追加するには、デフォルト(Linux)ライブラリパス/usr/lib/nrjmx//usr/lib/nrjmx/connectors/ )の下にconnectorsという名前のフォルダーを作成し、カスタムコネクターjar( $JBOSS_HOME/bin/client/jboss-cli-client.jar )をそのフォルダーにコピーします。これで、JBossに対してJMXクエリを実行できます。

構成例

オン・ホスト・インストールのためのファイル構成例。

オンホスト統合構成の一般的な構造の詳細については、「 構成」を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.