• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

NGINX監視インテグレーション

NGINXインテグレーションは、NGINXデータベースからインベントリ、ログ、メトリクスを収集して当社のプラットフォームに送信します。このプラットフォームで、接続やクライアントのリクエストについてのデータを確認し、問題の原因を見つけることができます。

NGINXモニタリングインテグレーションをインストールするには、以下の手順を実行する必要があります。

  1. NGINXサーバーを有効化します
  2. インテグレーションのインストールとアクティブ化
  3. インテグレーションの設定
  4. データの検索と使用
  5. オプションで、NGINXの構成設定を参照してください。

重要

最善の結果を得るため、インテグレーションパッケージの更新Infrastructureエージェントの更新を定期的に実施してください。

互換性および要件

当社のインテグレーションは、NGINX Open SourceとNGINX Plusの両方と互換性があります。インテグレーションをインストールする前に、以下の要件を満たしていることを確認してください。

  • New Relicアカウント。アカウントをお持ちでない場合無料サインアップクレジットカードは不要です。

  • NGINXサーバーの有効化」セクションで説明されているように、NGINX拡張機能は有効化されています。

  • NGINXが、KubernetesまたはAmazon ECSで実行中でない場合は、Infrastructureエージェントが、NGINXを実行中のLinuxまたはWindows OSホストにインストールされている必要があります。その他の場合:

    • 実行中の場合

      Kubernetes

      Kubernetesで実行されている場合は、これらの要件をご覧ください。

    • 実行中の場合

      ECS

      Amazon ECSで実行されている場合は、これらの要件をご覧ください。

対応オペレーティングシステム

  • Windows

    Windows
  • Linux

    Linux

WindowsおよびLinuxの特定のバージョンの包括的なリストについては、互換性のあるオペレーティングシステムの表を確認してください。

NGINXサーバーの有効化

NGINXインテグレーションからデータを取得するには、まず該当する拡張モジュールを有効化し、設定する必要があります。

インテグレーションのインストールとアクティブ化

NGINXインテグレーションをインストールするには、環境の指示に従います。

Linuxへのインストレーション

  1. Infrastructureエージェントをインストールし、INTEGRATION_FILE_NAME変数をnri-nginxに置き換えます。

  2. 以下を実行して、ディレクトリをインテグレーションの設定フォルダーに変更します。

    bash
    $
    cd /etc/newrelic-infra/integrations.d
  3. 以下を実行して、サンプルの設定ファイルをコピーします。

    bash
    $
    sudo cp nginx-config.yml.sample nginx-config.yml
  4. お気に入りのエディターで、nginx-config.yml設定ファイルを編集します。設定ファイルの例をいくつかご覧ください。

  5. 自動NGINXアクセス、エラーログ解析および転送を有効にするには、nginx-log.yml.exampleファイルをnginx-log.ymlにコピー(または名前変更)します。エージェントを再起動する必要はありません。

    bash
    $
    sudo cp /etc/newrelic-infra/logging.d/nginx-log.yml.example /etc/newrelic-infra/logging.d/nginx-log.yml

その他の環境

追加の注:

このドキュメントはインストールで役立ちましたか。

インテグレーションの設定

インストールの方法により、インテグレーションの設定方法はいくつかあります。

  • 経由で有効にした場合

    Kubernetes

    Kubernetesで有効化した場合、Kubernetes上で実行中のサービスの監視を参照してください。

  • 経由で有効にした場合

    ECS

    Amazon ECSで有効化した場合、ECS上で実行中のサービスの監視を参照してください。

  • オンホストにインストールする場合、インテグレーションnginx-config.yml設定ファイルを編集します。インテグレーションのYAML形式設定では、必要なログインクレデンシャルやデータの収集方法を設定できます。変更するオプションは、設定とプリファレンスにより異なります。設定ファイルには、intervaltimeoutinventory_sourceなど、すべてのインテグレーションに適用される共通設定があります。これらの共通設定については、YAML設定形式を参照してください。

重要

レガシー設定および定義ファイルを引き続き使用する場合は、このドキュメントを参照してください。

設定ファイルのenvセクションを使用して、NGINXに関連する特定の設定を定義します。これらの設定は、NGINXインスタンスへの接続、およびその他のセキュリティ設定と機能を制御します。有効な設定のリストについては、このドキュメントの次のセクションで説明します。

nginx-config.ymlサンプルファイル

インテグレーションの設定オプション

データの検索および使用方法については、NGINXの構成設定を参照してください。

データの検索と使用

インテグレーションを設定してインストールすると、モニタリングを開始できます。

データの検索・使用方法の詳細については、インテグレーションデータを理解する方法を参照してください。

インテグレーションによって収集されたメトリクス

NGINXインテグレーションは、以下のメトリクスを収集します。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.