• ログイン無料アカウント

ユーザータイプ:ベーシックユーザー、コアユーザー、フルプラットフォーム ユーザー

このドキュメントでは、ユーザータイプの定義方法、各ユーザータイプにどのような機能があるか、およびユーザータイプを決定する方法が書かれています。

請求目的でユーザーがどのように計算されるかを知りたい場合New Relic Oneの価格設定を参照してください。まだお持ちでない場合は、New Relicアカウントにサインアップしてください。永久無料です。

「ユーザータイプ」とは何ですか?

ユーザーのユーザータイプでは、ユーザーが理論的にアクセスできるNew Relic機能のセットが決定されます。実際、ユーザーには多くの場合、さまざまな方法で機能を制限する役割が割り当てられますが、ユーザータイプは理論上の最大機能セットを表します。

3つのユーザータイプがあります。

  • ベーシックユーザー:いくつかの基本的でありながら強力なNew Relicプラットフォーム機能。
  • コアユーザー可用性に制限あり):基本ユーザーよりも機能が多い。
  • フルプラットフォーム ユーザー:すべての機能。

機能の詳細については、機能を参照してください。ユーザータイプの概念の詳細については、読み続けてください。

New Relic One価格設定モデルでは、ベーシックユーザーは無料で、コアユーザーとフルプラットフォーム ユーザーが請求対象です。ユーザー数は使用量UIで追跡されます。ユーザー数は請求要素であるため、ユーザー請求の計算の仕組みを理解することが重要です。

New Relicユーザーを追加する必要がある場合、作成するユーザータイプを決定するのが重要になります。わからない場合は、まずベーシックユーザーとして追加し、後からどのユーザーをアップグレードするか決定できます。ユーザータイプの調整方法については、ユーザータイプの管理を参照してください。

ユーザータイプとは、今後数か月以上にわたってユーザーが期待する、New Relicの責任に基づいた、かなりの長期設定を意図しています。この意図は、当社の請求計算とダウングレードのルールに反映されています。ユーザーのアクセスをより頻繁に、または詳細に調整するには、ロールを使用する必要があります。

ユーザータイプの機能の概要

重要

2022年1月12日から2022年2月28日まで、ベーシックユーザーはコアユーザー機能のプレビューに無料でアクセスできます。

以下に、各ユーザータイプ機能の概要を示します。

基本ユーザー

コアユーザー(可用性に制限あり

フルプラットフォームユーザー

ベーシックユーザーは無料で、ユーザー数に制限はありません。New Relicオブザーバビリティ ツールの設定、データのクエリの実行、チャートとダッシュボードの作成、基本的なアラート機能の使用などを行うことができます。

詳細については、機能表全体を参照してください。

コアユーザーは、ベーシックユーザーよりも多くの機能にアクセスできますが、フルプラットフォーム ユーザーに比べると機能は限定されます。New Relic CodeStream、ログUI、New Relic Oneアプリを構築する機能など、開発者を重視した強力な機能の一部にアクセスできます。

詳細については、機能表全体を参照してください。

フルプラットフォーム ユーザーは、APM、インフラストラクチャモニタリング、ブラウザモニタリング、モバイルモニタリング、合成モニターを含む、さらにキュレートされたオブザーバビリティUI体験などのすべての機能にアクセスできます。

詳細については、機能表全体を参照してください。

ユーザーの理論的アクセスは、ユーザータイプによって管理されることに注意してください。実際、ユーザーは自身のアクセスをさらに制限する役割を割り当てることができます。

機能詳細の比較表

ここでは、ユーザータイプ別の機能の比較について詳しく説明します。ユーザータイプの割り当てに関するヒントについては、ユーザータイプを決定するを参照してください。

何が得られるか

基本ユーザー

コアユーザー(可用性を参照

フルプラットフォームユーザー

無制限クエリ

カスタムチャートダッシュボード

任意のソースからのデータ報告(エージェント、インテグレーション、API)

ログ管理1

検索/表示のみ

New Relicインスタント オブザーバビリティ(I/O)

インストールのみ

インストールのみ

アラート応用インテリジェンス

(高度な機能ではない1

(高度な機能ではない1

LookoutNavigatorを備えたNew Relic Explorer

リストビューのみ

偏差信号を除く)

NerdGraph(当社のGraphQL API)

(許可された機能の場合)

New Relic CodeStreamインテグレーション

エラー受信トレイを使用したエラー追跡

New Relic Oneのカスタムアプリ

請求の管理他のユーザーの管理

アプリケーションパフォーマンスモニタリング(APM)

KubernetesモニタリングPixie

インフラストラクチャのモニタリング

ディストリビューティッド(分散)トレーシング

Infinite Tracing(ProおよびEnterpriseエディションのみ)

ネットワークパフォーマンスモニタリング(NPM)

ブラウザモバイルモニタリング

合成のモニタリング

サーバーレスのモニタリング

エンティティマップサービスマップ

ワークロード

1特定の機能に対するユーザータイプアクセスの仕組みについて、以下に詳しく説明します。

ユーザータイプの選択方法

New Relic Oneの価格設定では、ユーザータイプは請求要素の1つです。ユーザータイプを決定する前に、ユーザー関連の計算とダウングレードルールを確実に理解する必要があります。機能の詳細な比較については、機能表を参照してください。

以下で、ユーザータイプを決定するためのいくつかのヒントをご説明します。

あるユーザーをフルプラットフォームユーザーにする理由:

  • アプリケーション開発ライフサイクルの開発、テスト、デプロイメント、メンテナンス段階で重要な役割を担っている。
  • コードを定期的に変更/修正しており、ワークフローのトリアージ、トラブルシューティングまたはチームのユーザーとロールの管理を担当している。
  • DevOpsのプラクティスに従っている(例:バージョン管理システムとCI/CDの実装)。
  • New Relicのキュレート済みのダッシュボードとUIを使用する必要がある(自身のカスタムクエリとチャートの作成だけでなく)。つまり、プラットフォームへのフルアクセスが必要である。
  • ユーザーおよび/または請求を管理できる必要がある。

あるユーザーをフルユーザーにする理由:

  • 信頼性とアップタイムを主な責任として任されていない開発者である。

  • プラットフォームへのフルアクセスは必要ないが、次のようなコアユーザーに提供される特定の機能からメリットを得られる。

あるユーザーを基本ユーザーにする理由:

  • アプリケーション開発ライフサイクルの企画段階で重要な役割を担っている。
  • New Relicツールを使用および設定してデータをNew Relicに取り込み、そのデータにアクセスして設定し、アラートを使用している(必ずしも、ワークフローのトリアージ、トラブルシューティング、またはチームのユーザーとロールの管理を担当する必要はない)。
  • 将来の企画(C-Suiteエグゼクティブなど)のために高いレベルの分析とビジネスメトリックスを望んでいる。
  • キュレート済みのエクスペリエンスやダッシュボードを使用する必要はないが、データについて自身のカスタムクエリやチャートを作成できるメリットがある。つまり、プラットフォームへのフルアクセスは不要である。
  • ユーザーや請求を管理していない。

ユーザータイプとアップグレードリクエストの管理

ユーザーのユーザータイプを管理する方法は、組織のユーザーがどのユーザーモデルを使用しているかに応じて異なります。

ユーザーへの請求およびダウングレードに関するルールについては、請求およびダウングレードのルールを参照してください。

ユーザータイプがロールにどのように関連しているかを学ぶ [roles-user-type]

ユーザータイプの概念が当社のロールにどのように関連しているかについては、ユーザー管理の概念を参照してください。

「フルユーザー」表現の変更

2021年11月、製品および公開ドキュメントにおいて、ユーザータイプ名の「フルユーザー」を「フルプラットフォーム ユーザー」に変更しました。

コアユーザーなしのNew Relic Oneの価格設定のバージョンを利用する組織の場合:

何かにアクセスできませんか?

New Relicアカウントまたは機能へのアクセス不能に関する質問については、アクセスに影響する要因を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。