• ログイン今すぐ開始

New Relicの価格設定と請求

New Relicには、2つの主要な請求要素(取り込んだデータと請求対象ユーザー)があります。本書では、価格設定の仕組み、無償で入手できるもの、ならびにその他の詳細について説明します。

ヒント

本書は、当社の使用量ベースの新しい価格設定モデルに関するものであり、当初の価格設定モデルに関するものではありません。新しい価格設定モデルを使用しているか不明な場合は、価格設定モデルを参照してください。

開始するには

まだNew Relicの顧客ではなく、当社の価格設定について学び始めたばかりの場合は、まず当社の主要な価格設定ページをお読みください。請求の仕組みの詳細については、本書を引き続きお読みください。

価格設定の仕組み

当社の使用量ベースの価格設定モデルはシンプルなため、請求額をより簡単に予測できます。当社は、以下の2つの主要な要素に基づいて請求します。

  • 取り込んだデータ。当社は、どのような種類のデータであっても、取り込んだデータ量に基づいて請求を行い、お客様の請求内容を理解しやすくします。1か月あたり100GBを無料でご提供します。無料枠を超える1GB当たりの価格は、利用されるデータオプション(Data Plusまたは当初のオプション)に応じて異なります。
  • 請求対象ユーザー数。請求対象ユーザーは、コアユーザーとフルプラットフォームユーザーです。ベーシックユーザーは無料です。ユーザーの料金は、価格設定エディションによって異なります。無料ティアとStandardエディションでは、フルプラットフォームユーザー1名を無料でご利用いただけます。

価格設定エディション

各エディション(Standard、Pro、Enterprise)では、請求対象ユーザーのコストを決定するだけでなく、いくつかの異なる機能や上限へのアクセスを制限できます(Syntheticモニターチェック向けの異なる制限や、HIPAAおよびFedRAMPコンプライアンスを提供するData Plusへのアクセス)。エディションの詳細については、価格設定ページを参照してください。

アドオン

上記の主要な請求要素に加えて、請求可能なオプションのアドオンがいくつかあります。これらには次が含まれます。

無償で入手できる機能

無料限度内の利用では、New Relicを永久に無料で使用できます。無料ティアで入手できる機能の概要は以下のとおりです。

以下に、無料ティア制限をいくつかご紹介します。

60日間無料のテクニカルサポート

通常、Standardエディションにはテクニカルサポートを利用できません。ただし、期間限定で、Standardエディションをご使用の組織がプランの管理UIセクションでクレジットカード番号を入力すると、60日間にわたりテクニカルサポートを無料でご利用いただけます。

Data Plus

2022年6月1日に、Data Plusと呼ばれるより強力なデータオプションをリリースしました。Data Plusを使用すると、より多くの機能を利用できますが、データコストも高くなります。詳細については、Data Plusを参照してください。

UIでの使用状況の表示

UIで請求および使用状況の情報を検索する方法については、請求関連のUIを参照してください。

重要

初代のユーザーモデルを使用している場合は、請求対象ユーザーの管理に関する考慮事項を参照してください。

データ取り込みの計算方法

データインジェストの計算を参照してください。

データの管理をご希望ですか?データの管理を参照してください。

請求対象ユーザーの計算方法

請求対象ユーザーの計算を参照してください。

請求スケジュールオプション

New Relicの組織では、請求のスケジュールと実装方法を管理する数種類のプランから1つを選ぶことができます。主なオプションは次のとおりです。

  • 従量課金制:このオプションでは、請求は月末に行われます。当月を超える支払いコミットメントはなく、組織はいつでもキャンセルできます。組織の最初の月末請求には、クレジットカード情報がNew Relicに入力された時点からの請求可能な使用量が含まれます。
  • コミットメント契約:コミットメント契約オプションには、ボリュームプラン、セービングプラン、その他のオプションが含まれます。コミットメント契約では、長期の予想使用量の見積もりが作成され、合意済みの支払いコミットメントが課せられます。組織の使用量がコミットメントの範囲を超える場合、超過分は事前に合意した料金で請求されます。これらは主にProおよびEnterpriseエディションの組織で利用できます。

これらのオプションがユーザーのダウングレードルールにどのように影響するかについての詳細は、ダウングレードのルールを参照してください。

オーダー規約の理解

New Relicのオーダーと請求書には、価格設定プランに関するいくつかの詳細が含まれています。以下は、New Relicオーダーの項目例です。これらの項目の意味を理解するうえで役立ちます。

New Relic Volume Plan - Pro Full Platform Users

これらの規約の内訳を以下に示します。

オーダー項目の別の例を以下に示します。

New Relic - Pro Full Platform Users (PAYG)

末尾にPAYGがある場合、お客様の組織は従量課金制の請求スケジュールを使用しています。

オーダー規約の詳細については、ライセンスドキュメントを参照してください。

段階的な価格設定

契約しているProおよびEnterpriseエディションを利用している組織の場合:これらの組織の一部では、データおよび/または請求可能なユーザーの段階的な価格設定にアクセスできます。段階的価格設定とは、上位層のデータ取り込みまたは請求可能なユーザーが多いほど、コストを抑えることができることを意味します。価格およびティアレベルは、組織の特定の契約に応じて異なります。

以下は、フルプラットフォームユーザーに対して段階的な価格設定をしている組織がどのように機能するかの例です。

  • 価格xのユーザー#1~10
  • 価格y(x未満)のユーザー#11~20
  • 価格z(y未満)のユーザー#21~30

下位層の請求対象ユーザーは、後続のユーザーに対してロック解除されている他の、より安価な層の数に関係なく、その層のコストで課金対象のままであることに注意してください。上記の例では、顧客がその月に29人のフルプラットフォームユーザーを保持している場合、その月の請求可能なフルプラットフォームユーザーは、a) 10人のユーザー×価格x、b) 10人のユーザー×価格y、およびc) 9人のユーザー×価格zの合計になります。

段階的な価格設定をご希望の場合は、アカウント担当者にお問い合わせください。

コアユーザーのリリース

2022年1月に、3番目のユーザータイプであるコアユーザーをリリースしました。コアユーザーリリース後に設立されたNew Relic組織では、そのユーザータイプと、それに関連する請求への変更にアクセスできました。既存の組織には、core amendmentと呼ばれる承認フォームからオプトインすることでコアユーザーを有効にするオプションがありました。一部の組織では、この承認プロセスはプランを管理UIページで利用できます。

UIからこの修正を受け入れるユーザーには、組織の修正条項に同意する権限があることを示しています。このリリースにオプトインすると、お客様の組織はプライマリユーザー請求バージョンになります。

ユーザーのタイプを調整する準備が整ったら、その方法はユーザーが使用しているユーザーモデルに応じて異なります(ユーザーモデルの決定方法を参照してください)。

  • 当社の新しいユーザーモデル
  • 元のユーザーモデル:複数のアカウントがある場合、すべてのアカウントのすべてのユーザーを1か所で表示することはできません。各アカウントにアクセスして、そのアカウントのユーザーを表示して管理する必要があります。

ユーザーをどのタイプに設定か決定するヒントについては、ユーザータイプを参照してください。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.