• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ログフォワーディングのためのKubernetesプラグイン

ログデータがすでに Fluent Bit によって監視されている場合、当社の Fluent Bit 出力プラグイン を使用して、New Relic でログデータを転送し、エンリッチすることができます。このプラグインは、スタンドアロンのDockerイメージでも提供されており、 Kubernetes クラスタに DaemonSet の形でインストールすることができます。当社ではこれをKubernetesプラグインと呼んでいます。

KubernetesのログをNew Relicに転送することで、ログ管理機能が強化され、ログデータの収集、処理、探索、問い合わせ、アラートなどが可能になります。

ログ管理のためのKubernetesの有効化

Fluent BitのKubernetesプラグインを使って、ログをNew Relicに転送することができます。

  1. 持っているか確認してください。
  1. GitHubの手順に従って、Kubernetesプラグイン をインストールしてください。
  2. オプション:プラグインをHelmチャートとしてインストールしている場合、 数多くの設定を行うことができます 。しかし、ほとんどのユーザーにとって有効であるため、標準的な設定をお勧めします。
  3. いくつかのトラフィックを生成し、数分待ってから、 あなたのアカウント のデータをチェックしてください。

ログデータの閲覧

すべての設定が正しく行われ、データが収集されていれば、この2つの場所にデータログが表示されるはずです。

SELECT * FROM Log

当社のログ管理機能を有効にしてもデータが表示されない場合は、当社の 標準的なログのトラブルシューティング手順 に従ってください。

次のステップ

Logs UIを使用して、プラットフォーム全体のログデータを調べます。

ログ転送を無効にする

ログ転送機能を無効にするには、 Kubernetesのドキュメント に記載されている標準的な手順に従います。New Relic では、他に何もする必要はありません。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。