• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

ログ転送用のFluentBitプラグイン

ログデータがすでにFluentBitによって監視されている場合は、 Fluent Bit出力プラグインを使用して、NewRelicでログデータを転送および強化できます。

Fluent Bit ログを New Relic に転送すると、ログ データの収集、処理、探索、クエリ、アラートを行うための強化された機能が提供されます。

基本的なプロセス

プラグインがインストールされたコンテナを公開しました。これは、Kubernetes統合で使用されるベースイメージとして機能します。このベースイメージを使用して、独自のカスタム構成ファイルをレイヤー化することをお勧めします。

FluentBitからNewRelicにログを転送するには:

  1. あなたが持っていることを確認してください:

    • New Relic

    • Fluent Bit 1.0以降(推奨)、ただしv0.12以降はサポートされています

    • FluentBitWindowsのインストール手順はここにあります

    • FluentBitLinuxのインストール手順はここにあります

  2. FluentBitプラグインをインストールします。

  3. FluentBitプラグインを構成します。

  4. FluentBitプラグインをテストします。

  5. トラフィックを生成して数分待ってから、アカウントのデータを確認してください

FluentBitプラグインをインストールします

Fluent Bitプラグインをインストールするには:

  1. GitHub 上の New Relic の Fluent Bit プラグイン リポジトリに移動します。 2. リポジトリ ページから、リポジトリを複製またはダウンロードします。 3. 次のコマンドを実行してプラグインをビルドします。

    bash
    $
    cd newrelic-fluent-bit-output && make all
  2. fluent-bitデーモンがアクセスできる場所にout_newrelic.soまたはout_newrelic_winXX.dllを格納します。

ヒント

プラグインを自分でコンパイルしたくない場合は、 GitHubリポジトリのリリースページからコンパイル済みのバージョンをダウンロードできます。

FluentBitプラグインを構成します

Fluent Bit は、New Relic にデータを出力するために、New Relic プラグインと New Relic の場所を知る必要があります。 Fluent Bit プラグインを設定するには:

重要

設定ファイルを編集するときは、空白に注意してください。インデントには必ず4つのスペースを使用し、キーと値の間には1つのスペースを使用してください。

  1. プラグインディレクトリでplugins.confファイルを見つけるか作成します。

  2. plugins.confファイルで、 fluent-bit.confファイルに隣接するout_newrelic.soへの参照を追加します。

    [PLUGINS]
    Path /PATH/TO/newrelic-fluent-bit-output/out_newrelic.so
  3. fluent-bit.confファイルで、 serviceブロックの下に次の行を追加します。

    [SERVICE]
    # This is the main configuration block for fluent bit.
    # Ensure the follow line exists somewhere in the SERVICE block
    Plugins_File plugins.conf
  4. fluent-bit.confファイルの最後に次の行を追加して、入力、フィルター、出力セクションを設定します。 プレースホルダー テキストをに置き換えます。

    [INPUT]
    Name tail
    Tag my.tag
    Path /PATH/TO/YOUR/LOG/FILE
    # If you have multiple sources, just add another [INPUT] section like this:
    [INPUT]
    Name tail
    Tag my.other.tag
    Path /PATH/TO/SOME/OTHER/LOG/FILE
    # Having multiple [FILTER] blocks allows you to control the flow of changes as they read top down.
    [FILTER]
    Name modify
    # Here we only match on one tag, my.tag, defined in the [INPUT] section earlier
    Match my.tag
    # Below, we're renaming the host.cpu attribute to CPU
    Rename host.cpu CPU
    [FILTER]
    Name record_modifier
    # Match on all tags, *, so all logs get decorated per the Record clauses below. Record adds attributes + their values to each record.
    Match *
    # Adding a logtype attribute ensures your logs will be automatically parsed by our built-in parsing rules
    Record logtype nginx
    # Add the server's hostname to all logs generated
    Record hostname ${HOSTNAME}
    [OUTPUT]
    Name newrelic
    Match *
    licenseKey YOUR_LICENSE_KEY
  5. 次のコマンドを使用して、FluentBitインスタンスを再起動します。

    bash
    $
    fluent-bit -c /PATH/TO/fluent-bit.conf

このドキュメントはインストールの役に立ちましたか?

FluentBitプラグインをテストする

Fluent Bitプラグインがログファイルから入力を受信しているかどうかをテストするには、次の手順に従います。

  1. 次のコマンドを実行して、テストログメッセージをログファイルに追加します。

    bash
    $
    echo "test message" >> /PATH/TO/YOUR/LOG/FILE
  2. ログ UItest messageを検索します。

その他のオプションについては、インフラストラクチャエージェントを使用してログを転送するためのFluentBit変更フィルターのドキュメントとドキュメントを参照してください。

オプション:プラグイン属性を構成します

Fluent Bitプラグインをインストールして構成したら、次の属性を使用して、プラグインがNewRelicにデータを送信する方法を構成できます。

説明

licenseKey

licenseKey ( recommended ) またはapiKeyいずれかを使用し、両方を使用することはできません。 デフォルト: none

maxBufferSize

ペイロードが送信する最大サイズ(バイト単位)。デフォルト: 256000

maxRecords

一度に送信するレコードの最大数。デフォルト: 1024

apiKey

Deprecated. New Relicinサイトの挿入キーを受け取りますが、 licenseKey属性を使用することをお勧めします。 licenseKeyまたはapiKeyの両方ではなく、いずれかを使用します。

endpoint

デフォルトはhttps://log-api.newrelic.com/log/v1です - EUキーを使用する場合は設定する必要があります https://log-api.eu.newrelic.com/log/v1

ログデータを表示する

すべてが正しく構成され、データが収集されている場合は、次の両方の場所にログ データが表示されるはずです。

  • ログUI
  • NRQL クエリを実行するためのツール。たとえば、次のようなクエリを実行できます。
SELECT * FROM Log

ログ管理機能を有効にしてもデータが表示されない場合は、標準のログトラブルシューティング手順に従ってください。

次は何ですか?

ログ UIを使用して、プラットフォーム全体のログ データを探索します。

ログ転送を無効にする

ログ転送機能を無効にするには、 FluentBitのドキュメントの標準的な手順に従います。NewRelicでは他に何もする必要はありません。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.