• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

アプリとホストのデータのコンテキストでログを表示

コンテキストで New Relic のログを有効にすると、ログ データが、OpenTelemetry で計測されたサービスだけでなく、APM およびインフラストラクチャ エージェントから収集されたデータと関連付けられます。これは、APM、インフラストラクチャ監視、分散トレース、エラー インボックスなど、他の UI エクスペリエンスでログ データまたはログ データへのリンクが表示されることを意味します。そのログ データを使用して、ログ データを手動で検索することなく、アプリまたはホストのパフォーマンスをより深く掘り下げることができます。

コンテキスト内のログがアプリとホストの問題の根本原因を見つけるのにどのように役立つかを確認するには、次の短いビデオ(約3:40分)をご覧ください。

プラットフォーム全体の問題の根本原因を把握

アプリケーションとインフラストラクチャのすべてのデータを単一のソリューションにまとめることで、問題の根本原因をより早く把握することができます。また、ログの状況を把握することで、意味のあるパターンやトレンドを迅速に把握することができます。

プラットフォームのさまざまな部分からすべてのログを絞り込もうとして余分な時間を費やすことはありません。その代わりに、問題を特定して解決するために必要なログラインを正確に見るために、ログをコンテキストで有効にします。

自動プロセス

最新のAPMエージェントは、サードパーティソフトウェアをインストールまたは保守することなく、コンテキストの自動追加とログの転送をサポートしています。ログには、 span.idtrace.idhostnameentity.guidentity.nameなどの属性が自動的に含まれます。このメタデータは、ログをトレース、スパン、インフラストラクチャデータ、およびその他のテレメトリにリンクし、トラブルシューティングを容易にします。詳細については、コンテキストドキュメントのAPMログを参照してください。

New RelicのAPMサマリーページから、ログ、トレース、エラーにドリルダウンします。

すべての言語またはロギングフレームワークがまだサポートされているわけではありません。以下は、現在サポートされている環境であり、言語固有のドキュメントへのリンクがあります。

APMエージェントがコンテキストソリューションの自動ログをまだサポートしていない場合は、コンテキストソリューションの手動ログを引き続き使用し、インフラストラクチャエージェントまたはサポートされているサードパーティのフォワーダーを介してログを転送できます。

コンテキストでログを有効にする手動プロセス

OpenTelemetry で計測されたサービスから New Relic にログを取得する方法については、 OpenTelemetry ログ: ベスト プラクティスを参照してください。

手動ソリューションを使用して、APMおよびインフラストラクチャ監視のコンテキストでログを設定するには、次の手順に従います。

  1. NewRelicでログ転送が有効になっていることを確認してください。手動インストールプロセスの場合、これには、アプリケーションログを収集し、NewRelicに転送されるメタデータを拡張するサポートされているログフォワーダーの構成が含まれます。推奨事項: インフラストラクチャ監視エージェントを使用して、アプリのログデータとホストのログデータの両方をNewRelicに簡単に取得します。

  2. アプリでサポートされているAPMエージェントのバージョンに更新し、分散トレースを有効にします。具体的な手順については、エージェントを選択してください。

  3. New Relic UIで、アプリやホストとの関連でログデータを確認します。

APIなどのオプション

当社のロギングソリューションがニーズに合わない場合は、他のオプションを使用してログデータをNew Relicに送信することができます。

次は何ですか?

APMまたはインフラストラクチャモニタリングのコンテキストでログを設定した後、NewRelicUIでログデータを最大限に活用します。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.