• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Herokuからのストリームログ

ログ データが Heroku のビルトインLogplexルーターによって既に監視されている場合は、統合を使用してログ データを New Relic に転送し、強化することができます。

HerokuのログをNew Relicに転送することで、ログ管理機能が強化され、ログデータの収集、処理、探索、クエリ、アラートなどが可能になります。

現在、 Heroku HTTPS ドレーンHeroku Syslog ドレーンをサポートしています。

Heroku HTTPS ドレインを使用すると、カスタム メタデータをログに追加できます。そうすれば、アプリケーション名やその他の必要な属性など、ドレインごとに異なる属性を設定できます。また、新しいドレインを登録して削除するプロセス全体が、syslog を使用するよりも簡単です。

対応する Heroku Syslog ドレインでは、このカスタム メタデータを追加できないため、ログで構成されたドレインを区別するのが難しくなります。

Heroku HTTPS ドレイン

このタイプのドレインを構成するには:

  1. admin ロールを持っていることを確認します。
  2. NewRelicMarketplaceに移動します。
  3. Loggingで、 Herokuタイルをクリックします。検索バーを使用して検索することもできます。
  4. 複数のアカウントがある場合は、ログを送信するアカウントを選択します。
  5. オプション: カスタム メタデータをログ ドレインに追加し、必要なキー ペアをリストに入力する場合は、[メタデータの追加] をクリックします。
  6. [ URL を生成] をクリックします。ヘッダーなしの URL が生成され、ドレイン トークンを設定する Heroku CLI コマンドに沿って表示されます。
  7. [クリップボードにコピー] ボタンをクリックして、Heroku CLI コマンドをクリップボードにコピーします。
  8. Heroku CLI がセットアップされているディレクトリのターミナルに移動します。
  9. コマンドを貼り付けて、 {{YOUR_APP_NAME}}を Heroku アプリケーション名に置き換えます。
  10. オプション: ログが New Relic に到達しているかどうかを確認するには、[ログのテスト] をクリックします。

Heroku Syslog のドレイン

インストール、削除が簡単で、ログにカスタム属性を追加できるため、可能な限りHeroku HTTPS ドレインを使用することをお勧めします。

Heroku Syslog drainの作成

セットアップが簡単で、ログに属性を追加できるため、Heroku HTTPS ドレインを使用することをお勧めします。ただし、syslog ドレインを使用する必要がある場合の手順は次のとおりです。

  1. 管理者の役割を持っていることを確認してください。

  2. Heroku CLI をダウンロードしてインストールします。

  3. Heroku CLIを使用してSyslogドレインを作成し、ログをストリーミングするアプリケーションにアタッチして、 YOUR_APP_NAMEをHerokuアプリケーションの名前に置き換えます。

    bash
    $
    heroku drains:add syslog+tls://newrelic.syslog.nr-data.net:6515 -a YOUR_APP_NAME

    ヨーロッパにお住まいの場合は、代わりに次のコマンドを実行してください。

    bash
    $
    heroku drains:add syslog+tls://newrelic.syslog.eu.nr-data.net:6515 -a YOUR_APP_NAME
  4. 次のコマンドを実行し、HerokuSyslogドレイントークンtoken属性からコピーします。

    bash
    $
    heroku drains -a YOUR_APP_NAME --json
    {
    "addon": null,
    "created_at": "2018-12-04T00:59:46Z",
    "id": "906262a4-e151-45d2-b35a-a2dc0ea9e688",
    "token": "d.f14da5dc-106b-468d-b1bd-bed0ed9fa1e7",
    "updated_at": "2018-12-04T00:59:47Z",
    "url": "syslog+tls://newrelic.syslog.nr-data.net:6515"
    }

Herokusyslogドレインを登録する

次に、新しく作成したHeroku Syslog drainをNew Relicに登録する必要があります。

  1. admin ロールを持っていることを確認します。
  2. NewRelicMarketplaceに移動します。
  3. Loggingで、 Heroku (syslog)タイルをクリックします。検索バーを使用して検索することもできます。
  4. 複数のアカウントをお持ちの場合は、ドレイントークンを登録したいアカウントを選択してください。
  5. Heroku drain token の欄に、新しく作成したHeroku drain tokenを貼り付けます。
  6. [ Heroku ドレイン ログを追加] をクリックして、登録を完了します。

重要

Herokuは現在、Logplexから送信されるログのフォーマットのカスタマイズをサポートしていません。詳しくは、 Heroku's log format documentation をご覧ください。

Did this doc help with your installation?

Herokusyslogドレイントークンマッピングを削除します

New Relic UI または API を使用して、Heroku syslog ドレイン トークン マッピングを削除できます。

UI を介して Heroku syslog ドレイン トークン マッピングを削除するには:

  1. admin ロールを持っていることを確認します。
  2. NewRelicMarketplaceに移動します。
  3. Loggingで、 Heroku (syslog)タイルをクリックします。検索バーを使用して検索することもできます。
  4. 複数のアカウントがある場合は、削除するドレイントークンマッピングを含むアカウントを選択して、[続行]をクリックします。それ以外の場合は、手順6に進みます。
  5. 削除するドレイントークンマッピングを見つけて、その横にある縦の3つのドットのアイコンをクリックします。次に、[ Herokuドレイントークンの削除]をクリックします。
  6. Herokuドレイントークンマッピングが削除されます。

REST API 経由で Heroku syslog ドレイン トークン マッピングを削除するには:

  1. ユーザー キーを検索または生成します
  2. 以下のコマンドを実行して、New Relic アカウントから Heroku ドレイン トークン マッピングのリストを取得し、 YOUR_NR_LICENSE_KEYYOUR_NR_ACCOUNT_IDの値を更新してください。
bash
$
curl -H 'api-key: YOUR_NR_LICENSE_KEY' https://log-syslog-configuration-api.service.newrelic.com/heroku-account-mappings?accountId=YOUR_NR_ACCOUNT_ID

フォーマットされた結果は次のようになります。

[
{
"herokuMappingId": 1549,
"drainToken": "YOUR_DRAIN_TOKEN",
"nrApiInsertKey": "YOUR_DRAIN_TOKEN_NR_API_KEY",
"createdAt": "2022-05-13T07:47:23",
"createdBy": "YOUR_EMAIL_ADDRESS"
}
]

削除するドレイントークンごとにherokuMappingIdが必要です。

  1. ドレイン トークンを削除するには、次のコマンドを実行します。YOUR_NR_LICENSE_KEY ( https://docs.newrelic.com/docs/apis/intro-apis/new-relic-api-keys/#license-key)、`YOUR_NR_ACCOUNT_ID`(https:// docs.newrelic.com/docs/accounts/accounts-billing/account-structure/account-id/,%60YOUR_NR_ACCOUNT_ID%60(https://docs.newrelic.com/docs/accounts/accounts-billing/account-structure/account-id/) )、最後のステップで取得したherokuMappingId :

    bash
    $
    curl -XDELETE -H 'api-key: YOUR_NR_LICENSE_KEY' https://log-syslog-configuration-api.service.newrelic.com/heroku-account-mappings/<herokuMappingId>?accountId=YOUR_NR_ACCOUNT_ID

完了すると、API は HTTP 204 応答を返し、ドレイン トークン マッピングは削除されます。

ログデータを表示する

すべてが正しく構成され、データが収集されている場合は、次の両方の場所にデータログが表示されます。

  • ログ UI
  • NRQLクエリを実行するための新しいRelicツール。たとえば、次のようなクエリを実行できます。
SELECT * FROM Log

ログ管理機能を有効にしてもデータが表示されない場合は、標準のログトラブルシューティング手順に従ってください。

次は何ですか?

ログ転送を無効にする

ログ転送機能を無効にするには、 Heroku Syslog documentation に記載されている標準的な手順に従ってください。New Relicでは他に何もする必要はありません。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.