• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページを参照してください。

問題を作成する

Herokuからのストリームログ

ログ データが Heroku のビルトインLogplexルーターによって既に監視されている場合は、統合を使用してログ データを New Relic に転送し、強化することができます。

HerokuログをNew Relicに転送すると、ログ データの収集、処理、調査、クエリ、集計を行う機能が強化されます。

現在、 Heroku HTTPS ドレーンHeroku Syslog ドレーンをサポートしています。

Heroku HTTPS ドレインを使用すると、カスタム メタデータをログに追加できます。そうすれば、アプリケーション名やその他の必要な属性など、ドレインごとに異なる属性を設定できます。また、新しいドレインを登録して削除するプロセス全体が、syslog を使用するよりも簡単です。

対応する Heroku Syslog ドレインでは、このカスタム メタデータを追加できないため、ログで構成されたドレインを区別するのが難しくなります。

Heroku HTTPS ドレイン

このタイプのドレインを構成するには:

  1. admin ロールを持っていることを確認します。

  2. NewRelicMarketplaceに移動します。

  3. Logging

    の下にあるHerokuタイルをクリックします。 検索バーを使用して検索することもできます。

  4. 複数のアカウントがある場合は、ログを送信するアカウントを選択します。

  5. オプション: ログ ドレインにカスタム メタデータを追加し、必要なキー ペアをリストに入力する場合は、

    Add metadata

    をクリックします。

  6. Generate URL

    クリックします。 ヘッダーなしの URL が生成され、ドレイン トークンを設定するための Heroku CLI コマンドとともに表示されます。

  7. Copy to clipboard

    ボタンをクリックして、Heroku CLI コマンドをクリップボードにコピーします。

  8. Heroku CLI がセットアップされているディレクトリのターミナルに移動します。

  9. コマンドを貼り付けて、 {{YOUR_APP_NAME}}を Heroku アプリケーション名に置き換えます。

  10. オプション: ログが New Relic に到達しているかどうかを確認する場合は、

    Test for logs

    をクリックします。

Heroku Syslog のドレイン

インストール、削除が簡単で、ログにカスタム属性を追加できるため、可能な限りHeroku HTTPS ドレインを使用することをお勧めします。

Heroku Syslog drainの作成

セットアップが簡単で、ログに属性を追加できるため、Heroku HTTPS ドレインを使用することをお勧めします。ただし、syslog ドレインを使用する必要がある場合の手順は次のとおりです。

  1. 管理者の役割を持っていることを確認してください。

  2. Heroku CLI をダウンロードしてインストールします。

  3. Heroku CLIを使用してSyslogドレインを作成し、ログをストリーミングするアプリケーションにアタッチして、 YOUR_APP_NAMEをHerokuアプリケーションの名前に置き換えます。

    bash
    $
    heroku drains:add syslog+tls://newrelic.syslog.nr-data.net:6515 -a YOUR_APP_NAME

    ヨーロッパにお住まいの場合は、代わりに次のコマンドを実行してください。

    bash
    $
    heroku drains:add syslog+tls://newrelic.syslog.eu.nr-data.net:6515 -a YOUR_APP_NAME
  4. 次のコマンドを実行し、HerokuSyslogドレイントークンtoken属性からコピーします。

    bash
    $
    heroku drains -a YOUR_APP_NAME --json
    {
    "addon": null,
    "created_at": "2018-12-04T00:59:46Z",
    "id": "906262a4-e151-45d2-b35a-a2dc0ea9e688",
    "token": "d.f14da5dc-106b-468d-b1bd-bed0ed9fa1e7",
    "updated_at": "2018-12-04T00:59:47Z",
    "url": "syslog+tls://newrelic.syslog.nr-data.net:6515"
    }

Herokusyslogドレインを登録する

次に、新しく作成したHeroku Syslog drainをNew Relicに登録する必要があります。

  1. admin ロールを持っていることを確認します。

  2. NewRelicMarketplaceに移動します。

  3. Logging

    の下にあるHeroku (syslog)タイルをクリックします。 検索バーを使用して検索することもできます。

  4. 複数のアカウントをお持ちの場合は、ドレイントークンを登録したいアカウントを選択してください。

  5. 新しく作成した Heroku ドレイン トークンを

    Heroku drain token

    フィールドに貼り付けます。

  6. 登録を完了するには、

    Add Heroku drain log

    クリックしてください。

重要

Herokuは現在、Logplexから送信されるログのフォーマットのカスタマイズをサポートしていません。詳しくは、 Heroku's log format documentation をご覧ください。

このドキュメントはインストールの役に立ちましたか?

Herokusyslogドレイントークンマッピングを削除します

New Relic UI または API を使用して、Heroku syslog ドレイン トークン マッピングを削除できます。

UI を介して Heroku syslog ドレイン トークン マッピングを削除するには:

  1. admin ロールを持っていることを確認します。

  2. NewRelicMarketplaceに移動します。

  3. Logging

    の下にあるHeroku (syslog)タイルをクリックします。 検索バーを使用して検索することもできます。

  4. 複数のアカウントがある場合は、削除するドレイン トークン マッピングを含むアカウントを選択し、

    Continue

    をクリックします。 それ以外の場合は、手順 6 に進みます。

  5. 削除するドレイン トークン マッピングを見つけて、その横にある縦の 3 つのドットのアイコンをクリックします。 次に、

    Delete Heroku drain token

    をクリックします。

  6. Herokuドレイントークンマッピングが削除されます。

REST API 経由で Heroku syslog ドレイン トークン マッピングを削除するには:

  1. を検索または生成します。

  2. 以下のコマンドを実行して、New Relic アカウントから Heroku ドレイン トークン マッピングのリストを取得し、 YOUR_NR_LICENSE_KEYYOUR_NR_ACCOUNT_IDの値を必ず更新してください。

    bash
    $
    curl -H 'api-key: YOUR_NR_LICENSE_KEY' https://log-syslog-configuration-api.service.newrelic.com/heroku-account-mappings?accountId=YOUR_NR_ACCOUNT_ID

    フォーマットされた結果は次のようになります。

    [
    {
    "herokuMappingId": 1549,
    "drainToken": "YOUR_DRAIN_TOKEN",
    "nrApiInsertKey": "YOUR_DRAIN_TOKEN_NR_API_KEY",
    "createdAt": "2022-05-13T07:47:23",
    "createdBy": "YOUR_EMAIL_ADDRESS"
    }
    ]

    削除するドレイントークンごとにherokuMappingIdが必要です。

  3. ドレイン トークンを削除するには、以下のコマンドを実行します。 最後の手順で取得したYOUR_NR_LICENSE_KEYYOUR_NR_ACCOUNT_ID 、およびherokuMappingIdの値を必ず更新してください。

    bash
    $
    curl -X DELETE -H 'api-key: YOUR_NR_LICENSE_KEY' https://log-syslog-configuration-api.service.newrelic.com/heroku-account-mappings/<herokuMappingId>?accountId=YOUR_NR_ACCOUNT_ID

完了すると、API は HTTP 204 応答を返し、ドレイン トークン マッピングは削除されます。

ログデータを表示する

すべてが正しく構成され、データが収集されている場合は、次の両方の場所にデータログが表示されます。

  • ログ UI
  • NRQLクエリを実行するための新しいRelicツール。たとえば、次のようなクエリを実行できます。
SELECT * FROM Log

ログ管理機能を有効にしてもデータが表示されない場合は、標準のログトラブルシューティング手順に従ってください。

次は何ですか?

ログ転送を無効にする

ログ転送機能を無効にするには、 Heroku Syslog documentation に記載されている標準的な手順に従ってください。New Relicでは他に何もする必要はありません。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.