• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

Azureからのログやアクティビティログの転送

ログがすでに Azure に収集されている場合、弊社の Microsoft Azure Resource Manager (ARM) テンプレートを使用して、New Relic でログを転送し、リッチ化することができます。

Azure ログをNew Relicに転送すると、ログ データの収集、処理、探索、書き込み、集計の機能が強化されます。

現在、これを実現するために、EventHubベースのテンプレート(推奨)とBlob Storageベースのテンプレートの2つのARMテンプレートを提供しています。

Azure Event Hubからログを送信する(推奨)

New Relicイベント ハブ ARM テンプレートを使用すると、消費者を既存または新しいイベント ハブにアタッチして、受信したログのストリームをNew Relicに転送できます。 この設定を使用すると、複数の Azure リソースを構成してログをイベント ハブに送信し、これらのログを自動的に New Relic に転送することができます。 このテンプレートを使用すると、New Relic に送信されるsubscriptionアクティビティ ログを簡単に構成することもできます。

イベントハブからログを送信する場合。

  1. Deploy New Relic Event Hub ARM テンプレートを導入します。

  2. オプション:

    subscription

    アクティビティ ログが New Relic に送信されるように構成します

  3. オプション: Azureリソースが個別のアクティビティログを送信するように設定する.

  4. ログデータを探索する.

New Relic Event Hub ARM テンプレートをデプロイします。

以下の手順に従ってください。

  1. があることを確認してください。

  2. one.newrelic.com

    から、左側のナビゲーションにある

    Add data

    をクリックします。

  3. Logging

    カテゴリで、データ ソースのリストにある

    Microsoft Azure Event Hub

    タイルをクリックします。

  4. ログを送信するアカウントを選択し、

    Continue

    をクリックします。

  5. Generate API key

    をクリックして、生成された API キーをコピーします。

  6. Deploy to Azure

    をクリックすると、新しいタブが開き、Azure にロードされた ARM テンプレートが表示されます。

  7. 必要なリソースを作成する

    Resource group

    Region

    を選択します。 必須ではありませんが、作成されたコンポーネントが誤って削除されないように、テンプレートを新しいリソース グループにインストールすることをお勧めします。

  8. New Relic license key

    フィールドに、前にコピーした API キーを貼り付けます。

  9. NewRelicエンドポイントがアカウントに対応するエンドポイントに設定されていることを確認します。

  10. オプション:転送するAzureサブスクリプションアクティビティログtrueに設定します。詳細については、このドキュメントのサブスクリプション情報を参照してください。

  11. Review + create

    をクリックし、挿入したデータを確認して、

    Create

    をクリックします。

このテンプレートはべき乗であることに注意してください。Event Hub からログの転送を開始してから、同じテンプレートを再実行して、 Azure Subscription Activity Logs の転送を設定するには、手順 10 を完了します。

このドキュメントはインストールの役に立ちましたか?

オプション: サブスクリプションから Azure アクティビティ ログを送信する

Azure Activity Logs が提供する。

  • お客様のAzureリソースの可視化
  • Azureリソースの活動
  • 実行したアクションの情報
  • イベントとそのタイムスタンプ
  • アクションを実行したユーザー(該当する場合

これらはすべてサブスクリプションレベルのイベントです。代わりに特定のリソースからの Activity Logs を転送したい場合は、このドキュメントの Resource Activity Logs 情報 を参照してください。

アクティビティログの形状については、 Microsoft Azure Activity Log event schema を参照してください。

New Relic Event Hub ARM テンプレート展開 では、オプションで、どの Azure Activity Logs を New Relic に転送するかを選択することができます。

  • 管理用Azureのアクティビティログ
  • Alert Azure Activity Logs(アズールアクティビティログ
  • Autoscale Azure Activity Logs
  • ポリシー Azure Activity Logs
  • おすすめAzureアクティビティログ
  • リソースヘルス Azure Activity Logs
  • セキュリティ Azure Activity Logs
  • サービスヘルス Azure Activity Logs

オプション:Azureリソースがアクティビティログを送信するように設定する。

デフォルトでは、このテンプレートは、イベントハブからNewRelicにログを転送するために必要な機能とリソースのみを構成します。サブスクリプションアクティビティログを転送するように構成することもできますが、Azureリソースからの既定のログ転送はありません。ログを生成するリソースからログを転送する場合は、特定のリソースの診断設定を作成してログを構成する必要があります。

たとえば、Azureで実行されている関数があり、ログをNew Relicに転送する場合は、ログをEventHubに転送するように診断設定を構成する必要があります。詳細については、 Microsoftのドキュメントを参照して、プラットフォームのログとメトリックをさまざまな宛先に送信するための診断設定を作成してください。

以下の例では、Azure上で動作するKubernetes ServiceのリソースからActivity Logsを転送する方法を示します。

  1. New Relic Event Hub ARM テンプレートをデプロイします.

  2. Kubernetes サービスに移動します。

  3. 左側のメニューで、 Monitoring>Diagnostic Settingsを選択します。

  4. Add diagnostic settingをクリックします。

  5. Diagnostic setting nameフィールドに、新しい設定に意味のある名前を付けます。

  6. 収集する Kubernetes (コントロール ペイン) ログを選択します (例: kube-apiserverkube-auditkube-scheduler )。

  7. Destination detailsStream to an event hubを選択し、 Event hub namespaceEvent hub nameEvent hub policy nameを構成します。 ARM テンプレートのデプロイメント中に新しいイベント ハブとネームスペースを作成することを選択した場合は、次の自動的に作成された設定を選択します (ネームスペース名には別のサフィックスが付きます)。

  8. Saveをクリックして、Kubernetes ログを New Relic に転送し始めます。

Azure Blobストレージからログを送信

Azure Blob Storage では、ログファイルを含む大量の非構造化データを保存することができます。 New Relic Blob Storage ARM テンプレート を使用すると、ストレージアカウント に置かれた コンテナの内容を転送する関数を作成することができるようになります

重要

New Relic Blob Storage ARM テンプレートは、指定されたコンテナーat their current state内のすべての BLOB ファイルを転送する関数をデプロイします。 その後これらの BLOB のいずれかが変更されると、ファイルのcompleteの内容が再送信されます。

このソリューションは、静的BLOBファイルをNew Relicに転送することを目的としており、ファイルのテーリングをサポートしていません。ログのストリームを転送する必要がある場合は、アプリケーションログをEvent Hubに送信し、代わりにEventHubベースのテンプレートを使用することをお勧めします。

ストレージアカウント内のコンテナからBlobを送信するには、次の手順に従います。

  1. Deploy New Relic Blob Storage ARM テンプレートを使用します。
  2. ログデータを探索する.

New Relic Blob Storage ARM テンプレートを展開します。

以下の手順に従ってください。

  1. があることを確認してください。

  2. the logs UI

    に移動し、左側の

    Add data

    をクリックします。

  3. Logging

    の下にあるMicrosoft Azure Blob Storageタイルをクリックします。

  4. ログを送信するアカウントを選択し、

    Continue

    をクリックします。

  5. Generate API key

    をクリックし、生成された

    API key

    をコピーします。

  6. Deploy to Azure

    をクリックすると、新しいタブが開き、Azure にロードされた ARM テンプレートが表示されます。

  7. 必要なリソースを作成する

    Resource group

    Region

    を選択します。 必須ではありませんが、作成されたコンポーネントが誤って削除されないように、テンプレートを新しいリソース グループにインストールすることをお勧めします。

  8. New Relic license key

    フィールドに、前にコピーした

    API key

    を貼り付けます。

  9. 転送するストレージアカウントとコンテナの名前を紹介する。

  10. NewRelicエンドポイントがアカウントに対応するエンドポイントに設定されていることを確認します。

  11. Review + create

    をクリックし、挿入したデータを確認して、

    Create

    をクリックします。

ログデータを表示する

すべてが正しく構成され、データが収集されている場合は、次の両方の場所にログ データが表示されるはずです。

  • ログUI
  • NRQL クエリを実行するためのツール。たとえば、次のようなクエリを実行できます。
SELECT * FROM Log

Azureから送られてくるログのみを照会したい場合は、次のようなクエリを実行します。

SELECT * FROM Log where plugin.type='azure'

トラブルシューティング

ログフォワーダーの設定で問題が発生した場合は、次のトラブルシューティングのヒントを試してください。

Azure リソースのセキュリティに関する推奨事項

2023 年 5 月に、ストレージ アカウントの設定と、それらのテンプレートを使用してデプロイされた Function App の設定を変更するいくつかのセキュリティ強化機能が ARM テンプレートに組み込まれました。Azure リソースは既定でセキュリティで保護されており、これらの変更された設定により、このセキュリティで保護された既定の状態が変更されなくなります。

2023 年 5 月より前に ARM テンプレートをデプロイした場合は、次のようにして既存の設定を変更します。

この通知に関してご質問がある場合は、 サポート チームにお問い合わせください。

次は何ですか?

ログ UIを使用して、プラットフォーム全体のログ データを調べます。

ログ転送を無効にする

ログ転送機能を無効にするには、 Microsoft Azure activity logs documentation に記載されている標準的な手順に従ってください。New Relic では、他に何もする必要はありません。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.