• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

In the event of any inconsistency between the English version and the translated version, the English versionwill take priority. Please visit this page for more information.

問題を作成する

ログフォワーディングのためのKubernetesプラグイン

ログ転送用の New Relic の Kubernetes プラグインを使用すると、クラスターからNew Relic Logsへのログの送信が簡素化されます。 スタンドアロンのdockerイメージを使用し、DaemonSet として実行し、一元的な分析とトラブルシューティングのためにログをシームレスに収集します。 Kubernetes ログを New Relic に転送すると、ログ データの収集、処理、探索、クエリ、アラートを行うための l 機能が強化されます。

ログ管理のためのKubernetesの有効化

プラグインを使用して Kubernetes ログを New Relic に転送するには:

  1. このページの手順に従って、New Relic Kubernetes 統合をインストールします。この統合には、ログ用の Kubernetes プラグインが含まれています。

  2. オプションで、 newrelic-logging リポジトリ で利用可能な多数の設定オプションを使用して 、ガイド付きインストールのステップ 4 でインストレーションをさらに調整できます。ただし、ほとんどのユーザーに有効であるため、標準セットアップをお勧めします。

    重要

    Kubernetesシークレットを使用してNew Relicポータルを保存している場合、newrelic-logging チャートはデフォルトでログを US API トークンに送信します。 ライセンスキーが EU または FedRAMP アカウントに属しており、キーの保存にシークレットが使用されている場合は、 APIリファレンス ドキュメントの適切な値で タスク 設定を更新する必要があります。 EU アカウントでこれを設定する方法の例を次に示します。

    newrelic-logging:
    enabled: true
    endpoint: https://log-api.eu.newrelic.com/log/v1
  3. トラフィックを生成して数分待ってから、アカウントのデータを確認してください

このドキュメントはインストールの役に立ちましたか?

ログ転送インストレーション用のKubernetesプラグインのトラブルシューティング

場合によっては、ログ転送用の Kubernetes プラグイン ( newrelic-logging Helm チャート) を正しくインストールしたにもかかわらず、ログの正しい配信に影響するパフォーマンスの問題が発生することがあります。 このような状況では、ログフォワーダーの内部メトリクスを確認すると、潜在的なボトルネックの原因を理解するのに役立ちます。

newrelic-logging Helm チャートは、特定の Kubernetes クラスタに対してこのようなメトリックの収集を有効にする設定を提供します。 また、 New Relicでこれらすべてのメトリックを簡単に表示できるように、JSON 形式のダッシュボード テンプレートも提供しています。

Kubernetes クラスタを構成して、ログフォワーダーの内部メトリックを送信し、ダッシュボードに表示するには、次の手順に従います。

  1. 次の追加の構成設定を使用して Helm チャートをインストールします。

    newrelic-logging:
    fluentBit:
    sendMetrics: true

    Kubernetes クラスタを tr する場合にのみ、 newrelic-logging.fluentBit.sendMetrics設定を有効にする必要があります。 トラブルシューティングを容易にするために、一度に 1 つの Kubernetes クラスタに対して有効にすることをお勧めします。

  2. このダッシュボード テンプレート ファイルをダウンロードします。 これをテキスト エディターで開き、 YOUR_ACCOUNT_IDの出現箇所 (合計 49 個) すべてをNew Relic アカウント IDに置き換えます。

  3. 次の手順に従って、結果のダッシュボードを JSON 形式でインポートします。

  4. インポートされたダッシュボードは、ダッシュボード ページKubernetes Fluent Bit monitoringとして利用できるようになります。

追加のメトリクスの詳細

newrelic-logging Helm チャートは、 Fluent Bitと New Relic のnewrelic-fluent-bit-output プラグインを使用して、ログを New Relic に送信します。 fluentBit.sendMetrics設定オプションにより、個々のメトリックの収集が可能になります。

  • Fluent Bit 内部メトリクス: Fluent Bit によって Prometheus 形式で出力され、New Relic の Prometheus エクスポート エンドポイントに配信されます。 これらは、 cluster_namenode_namepod_nameによってファセット化できます。
  • newrelic-fluent-bit-output の内部プラグインメトリクス: 出力プラグインによって収集され、 New RelicのメトリクスAPIに送信されます。 これらのメトリックにはcluster_nameディメンションのみが含まれるため、特定のクラスタに絞り込むことはできますが、特定のホストまたはポッドに絞り込むことはできません。 これらは、ログを New Relic Logs API に配信する際の全体的なレイテンシを評価したり、潜在的なパッケージングの問題を観察したりするのに役立ちます。

Fluent Bit の内部メトリックを取得するには、prometheus_scrape INPUT プラグインprometheus_remote_write OUTPUT プラグインを組み合わせて使用します。 すべての Prometheuscounter メトリックは実際には 累積カウンター ですが、 に取り込まれると自動的に デルタ変換が 実行され、後でNew Relic NRQLを使用してクエリを実行できるようになります。詳細はここをご覧ください。

ログデータを表示する

すべてが正しく構成され、データが収集されている場合は、次の両方の場所にログ データが表示されるはずです。

  • ログUI
  • NRQL クエリを実行するためのツール。たとえば、次のようなクエリを実行できます。
SELECT * FROM Log

ログ管理機能を有効にしてもデータが表示されない場合は、標準のログトラブルシューティング手順に従ってください。

ログ転送を無効にする

ログ転送機能を無効にするには、 ここで説明する手順に従って Kubernetes プラグインをアンインストールします。New Relic では他に何もする必要はありません。

次は何ですか?

ログ UIを使用して、プラットフォーム全体のログ データを調べます。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.