• ログイン

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

あなたのKubernetesデータを見つけて使う

独自のチャートを作成したり、 クエリ すべての Kubernetesインテグレーション データをクエリビルダやNerdGraph APIを使って照会することができます。当社の統合では、コンテナ・オーケストレーション・レイヤーをインスツルメンテーションすることでKubernetesのデータを収集します。よりシンプルで視覚的な体験をするには、 クラスタエクスプローラ を使用してください。

one.newrelic.com > ダッシュボード: クエリビルダー を使用して、Kubernetes のデータを照会し、わかりやすい視覚化を行うことができます。

Kubernetesのデータを照会する

Kubernetesのデータを照会する最も簡単な方法 は、 クエリビルダー を使用し、 NRQLクエリ を受け入れます。または、 NerdGraph API を使用してKubernetesデータを取得することもできます。

イベントの種類

Kubernetesのデータは、以下の イベントタイプに添付されています。:

イベント名

Kubernetesのデータの種類

発売日

K8sNodeSample

ノードデータ

v1.0.0

K8sNamespaceSample

名前空間データ

v1.0.0

K8sDeploymentSample

デプロイメントデータ

v1.0.0

K8sReplicasetSample

レプリカセットデータ

v1.0.0

K8sDaemonsetSample

デーモンセットデータ

v1.13.0

K8sStatefulsetSample

StatefulSetデータ

v1.13.0

K8sPodSample

ポッドデータ

v1.0.0

K8sClusterSample

クラスターデータ

v1.0.0

K8sContainerSample

コンテナデータ

v1.0.0

K8sVolumeSample

ボリュームデータ

v1.0.0

K8sApiServerSample

APIサーバーデータ

v1.11.0

K8sControllerManagerSample

コントローラー・マネージャー・データ

v1.11.0

K8sSchedulerSample

スケジューラーデータ

v1.11.0

K8sEtcdSample

etcdデータ

v1.11.0

K8sEndpointSample

エンドポイントデータ

v1.13.0

K8sServiceSample

サービスデータ

v1.13.0

K8sHpaSample

Horizontal Pod Autoscaler データ

v2.3.0

アラートの管理

Kubernetesのデータのアラート違反を通知することができます。

Kubernetesの属性とメトリクス

Kubernetesインテグレーションは、以下のメトリクスやその他の 属性を収集します。.

ノードデータ

K8sNodeSampleイベントでノードデータをクエリします。

ノード属性

説明

allocatableCpuCores

ノード割り当て可能なCPUコア。

allocatableMemoryBytes

ノード割り当て可能メモリバイト。

allocatablePods

ノード割り当て可能ポッド。

allocatableEphemeralStorageBytes

ノードに割り当て可能なエフェメラルストレージバイト。

capacityCpuCores

ノードのCPU容量。

capacityMemoryBytes

ノードのメモリ容量(バイト単位)。

capacityPods

ノードのポッド容量。

capacityEphemeralStorageBytes

ノードの一時的なストレージ容量。

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

condition.{conditionName}={conditionValue}

現在観測されているノードの状態のステータス。報告される条件は、Kubernetesフレーバーとインストールされているオペレーターによって異なる場合があります。
一般的な条件の例は、Ready、DiskPressure、MemoryPressure、PIDPressure、およびNetworkUnavailableです。
条件値は、 1 (true)、 0 (false)、または-1 (不明)です。

cpuUsedCoreMilliseconds

ノードのCPU使用率はコアミリ秒で測定されます。

cpuUsedCores

コアで測定されたノードのCPU使用率。

cpuRequestedCores

要求されたCPUコアの総数。

allocatableCpuCoresUtilization

割り当て可能なCPUコアに関して実際に使用されたCPUコアのパーセンテージ。

fsAvailableBytes

ノードファイルシステムで使用可能なバイト。

fsCapacityBytes

ノードファイルシステムの総容量(バイト単位)。

fsInodes

ノードファイルシステム内のiノードの総数。

fsInodesFree

ノードファイルシステムのiノードを解放します。

fsInodesUsed

ノードファイルシステムで使用されるiノード。

fsUsedBytes

ノードファイルシステムで使用されているバイト。

fsCapacityUtilization

容量に対するノードファイルシステムで使用されたバイトのパーセンテージ。

memoryAvailableBytes

ノードで使用可能なメモリのバイト数。

memoryMajorPageFaultsPerSecond

ノード内の1秒あたりのメジャーページフォールトの数。

memoryPageFaults

ノード内のページフォールトの数。

memoryRssBytes

rssメモリのバイト。

memoryUsedBytes

使用されたメモリのバイト。

memoryWorkingSetBytes

ワーキングセット内のメモリのバイト。

memoryRequestedBytes

要求されたメモリの合計量。

allocatableMemoryUtilization

ノード割り当て可能メモリに関するワーキングセット内のメモリのバイトのパーセンテージ。

net.errorCountPerSecond

ネットワークを介した送受信中の1秒あたりのエラー数。

nodeName

ポッドが実行されているホスト名。

net.rxBytesPerSecond

ネットワークを介して受信した1秒あたりのバイト数。

net.txBytesPerSecond

ネットワークを介して送信される1秒あたりのバイト数。

runtimeAvailableBytes

コンテナランタイムファイルシステムで使用可能なバイト。

runtimeCapacityBytes

コンテナーランタイムファイルシステムに割り当てられた合計容量(バイト単位)。

runtimeInodes

コンテナランタイムファイルシステム内のiノードの総数。

runtimeInodesFree

コンテナランタイムファイルシステムでiノードを解放します。

runtimeInodesUsed

コンテナランタイムファイルシステムで使用されるiノード。

runtimeUsedBytes

コンテナランタイムファイルシステムで使用されるバイト。

unschedulable

新しいポッドのノードスケジュール可能性のステータス。その値は、0(false)または1(true)にすることができます。

label.LABEL_NAME

ノードに関連付けられたラベル。特定のノードをフィルタリングしてクエリできます。

名前空間データ

名前空間データのK8sNamespaceSampleイベントをクエリします。

名前空間属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

createdAt

名前空間が作成されたときのタイムスタンプ。

namespaceName

識別子として使用されるネームスペースの名前。

label.LABEL_NAME

名前空間に関連付けられたラベル。特定の名前空間をフィルタリングおよびクエリできます。

status

ネームスペースの現在の状態。

値はActiveまたは Terminated

デプロイメントデータ

K8sDeploymentSampleイベントでデプロイメントデータをクエリします。

デプロイメント属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

createdAt

展開が作成されたときのタイムスタンプ。

deploymentName

識別子として使用されるデプロイメントの名前。

namespaceName

デプロイメントが属するネームスペースの名前。

label.LABEL_NAME

デプロイメントに関連付けられたラベル。特定のデプロイメントをフィルタリングおよび照会できます。

podsAvailable

現在利用可能なレプリカの数。

podsDesired

デプロイメントで定義したレプリカの数。

podsTotal

現在実行中のレプリカの総数。

podsUnavailable

現在利用できないレプリカの数。

podsUpdated

デプロイメントの望ましい状態を達成するために更新されたレプリカの数。

podsMissing

欠落しているレプリカの総数(目的のレプリカの数、podsDesiredからレプリカの総数、podsTotalを引いたもの)。

レプリカセットデータ

K8sReplicasetSampleイベントでReplicaSetデータをクエリします。

レプリカ属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

createdAt

ReplicaSetが作成されたときのタイムスタンプ。

deploymentName

識別子として使用されるデプロイメントの名前。

namespaceName

ReplicaSetが属するネームスペースの名前。

observedGeneration

ReplicaSetによって観測された世代を表す整数。

podsDesired

デプロイメントで定義したレプリカの数。

podsFullyLabeled

ReplicaSetポッドテンプレートラベルと一致するラベルを持つポッドの数。

podsReady

このReplicaSetの準備ができているレプリカの数。

podsTotal

現在実行中のレプリカの総数。

podsMissing

現在欠落しているレプリカの総数(目的のレプリカの数、podsDesiredから、準備ができているレプリカの数、podsReadyを引いたもの)。

replicasetName

識別子として使用されるReplicaSetの名前。

デーモンセットデータ

K8sDaemonsetSampleイベントでDaemonSetデータをクエリします。

DaemonSet属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

createdAt

DaemonSetが作成されたときのタイムスタンプ。

namespaceName

DaemonSetが属するネームスペースの名前。

label.LABEL_NAME

DaemonSetに関連付けられているラベル。これにより、特定のDaemonSetをフィルタリングしてクエリできます。

daemonsetName

DaemonSetに関連付けられている名前。

podsDesired

デーモンポッドを実行する必要があるノードの数。

podsScheduled

少なくとも1つのデーモンポッドを実行しているノードの数。

podsAvailable

デーモンポッドを実行し、1つ以上のデーモンポッドを実行して使用可能にする必要があるノードの数。

podsReady

デーモンポッドを実行し、1つ以上のデーモンポッドを実行して準備ができている必要があるノードの数。

podsUnavailable

デーモンポッドを実行している必要があり、デーモンポッドが実行されておらず、使用可能になっていないノードの数。

podsMisscheduled

デーモンポッドを実行しているが、実行されていないノードの数。

podsUpdatedScheduled

更新されたデーモンポッドを実行しているノードの総数。

podsMissing

現在欠落しているレプリカの総数(目的のレプリカの数、podsDesiredから、準備ができているレプリカの数、podsReadyを引いたもの)。

metadataGeneration

目的の状態の特定の世代を表すシーケンス番号。

StatefulSetデータ

K8sStatefulsetSampleイベントでStatefulSetデータをクエリします。

StatefulSet属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

createdAt

StatefulSetが作成されたときのタイムスタンプ。

namespaceName

StatefulSetが属するネームスペースの名前。

label.LABEL_NAME

StatefulSetに関連付けられているラベル。これにより、特定のStatefulSetをフィルタリングしてクエリできます。

statefulsetName

StatefulSetに関連付けられている名前。

podsDesired

StatefulSetに必要なポッドの数。

podsReady

StatefulSetあたりの準備ができているレプリカの数。

podsCurrent

StatefulSetあたりの現在のレプリカの数。

podsTotal

StatefulSetあたりのレプリカの数。

podsUpdated

StatefulSetあたりの更新されたレプリカの数。

podsMissing

現在欠落しているレプリカの総数(目的のレプリカの数、podsDesiredから、準備ができているレプリカの数、podsReadyを引いたもの)。

observedGeneration

StatefulSetコントローラーによって監視された世代。

metadataGeneration

StatefulSetの目的の状態の特定の世代を表すシーケンス番号。

currentRevision

シーケンスでポッドを生成するために使用されるStatefulSetのバージョンを示します。値の範囲: 0からpodsCurrentの間。

updateRevision

シーケンスでポッドを生成するために使用されるStatefulSetのバージョンを示します。値の範囲: podsDesired-podsUpdatedpodsDesiredの間。

ポッドデータ

ポッドデータのK8sPodSampleイベントをクエリします。

ポッド属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

createdAt

ポッドがエポック秒で作成されたときのタイムスタンプ。

createdBy

ポッドを作成したKubernetesオブジェクトの名前。

例えば、 newrelic-infra

createdKind

ポッドを作成したKubernetesのオブジェクトの種類。

たとえば、 DaemonSet

deploymentName

識別子として使用されるデプロイメントの名前。

isReady

ポッドがリクエストを処理する準備ができているかどうかを表すブール値。

isScheduled

ポッドがノードで実行されるようにスケジュールされているかどうかを表すブール値。

label.LABEL_NAME

ポッドに関連付けられたラベル。特定のポッドをフィルタリングしてクエリできます。

message

最後のポッドステータス変更に関連する詳細。

namespaceName

ポッドが属するネームスペースの名前。

net.errorCountPerSecond

ネットワークを介した送受信中の1秒あたりのエラー数。

net.errorsPerSecond

1秒あたりのエラー数。

net.rxBytesPerSecond

ネットワークを介して受信した1秒あたりのバイト数。

net.txBytesPerSecond

ネットワークを介して送信される1秒あたりのバイト数。

nodeIP

ポッドが実行されているホストIPアドレス。

nodeName

ポッドが実行されているホスト名。

podIP

ポッドのIPアドレス。IPがない場合は、空になります。

podName

識別子として使用するポッドの名前。

reason

ポッドが現在のステータスになっている理由。

startTime

ポッドがエポック秒で実行を開始したときのタイムスタンプ。

status

ポッドの現在の状態。

値はPendingRunningSucceededFailedUnknownにすることができます。

クラスターデータ

K8sClusterSampleイベントをクエリして、クラスターデータを確認します。

クラスター属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

clusterK8sVersion

クラスターが実行しているKubernetesのバージョン。

コンテナデータ

コンテナデータのK8sContainerSampleイベントをクエリします。

コンテナ属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

containerID

コンテナに関連付けられた一意のID。Dockerを実行している場合、これはDockerコンテナーIDです。

containerImage

コンテナが実行しているイメージの名前。

containerImageID

コンテナが実行されているイメージに関連付けられた一意のID。

containerName

コンテナに関連付けられている名前。

cpuLimitCores

ポッド仕様でコンテナに定義された制限CPUコアを表す整数。

cpuRequestedCores

ポッド仕様でコンテナ用に定義された要求されたCPUコア。

cpuUsedCores

コンテナで実際に使用されるCPUコア。

cpuCoresUtilization

指定されたCPU制限に対する、コンテナーによって実際に使用されたCPUコアのパーセンテージ。このパーセンテージは、次の計算に基づいています:( cpuUsedCores / cpuLimitCores*100。

requestedCpuCoresUtilization

指定されたCPU要求に関して、コンテナーによって実際に使用されたCPUコアのパーセンテージ。

deploymentName

識別子として使用されるデプロイメントの名前。

isReady

ブール値。コンテナの準備チェックが成功したかどうか。

label.LABEL_NAME

コンテナに関連付けられたラベル。特定のコンテナをフィルタリングしてクエリできます。

memoryLimitBytes

ポッド仕様でコンテナに定義されたメモリの制限バイトを表す整数。

memoryRequestedBytes

整数。ポッド仕様でコンテナーに定義されたメモリーの要求バイト。

memoryUsedBytes

整数。コンテナによって実際に使用されるメモリのバイト数。

memoryUtilization

指定されたメモリ制限に対する、コンテナによって実際に使用されたメモリのパーセンテージ。

requestedMemoryUtilization

指定されたメモリ要求に関して、コンテナによって実際に使用されたメモリのパーセンテージ。

memoryWorkingSetBytes

整数。ワーキングセット内のメモリのバイト。

memoryWorkingSetUtilization

指定されたメモリ制限に対する、コンテナによって実際に使用されたワーキングセットメモリのパーセンテージ。

requestedMemoryWorkingSetUtilization

指定されたメモリ要求に関して、コンテナによって実際に使用されたワーキングセットメモリのパーセンテージ。

namespaceName

コンテナが属するネームスペースの名前。

nodeIP

コンテナが実行されているホストIPアドレス。

nodeName

コンテナが実行されているホスト名。

podName

識別子として使用される、コンテナが含まれているポッドの名前。

reason

コンテナが現在のステータスにある理由を提供します。

restartCount

コンテナが再起動された回数。

status

コンテナの現在の状態。

値はRunningTerminated 、または Unknown

containerCpuCfsPeriodsDelta

経過した施行期間間隔のデルタ変更。

containerCpuCfsThrottledPeriodsDelta

抑制された期間間隔のデルタ変化。

containerCpuCfsThrottledSecondsDelta

コンテナが抑制されている期間のデルタ変化(秒単位)。

containerCpuCfsPeriodsTotal

経過した施行期間間隔の総数。

containerCpuCfsThrottledPeriodsTotal

抑制された期間間隔の総数。

containerCpuCfsThrottledSecondsTotal

コンテナがスロットルされた合計時間(秒単位)。

containerMemoryMappedFileBytes

このコンテナで使用されるメモリマップトファイルの合計サイズ(バイト単位)。

ボリュームデータ

ボリュームデータのK8sVolumeSampleイベントをクエリします。

ボリューム属性

説明

volumeName

作成時にボリュームに割り当てた名前。

clusterName

ボリュームが構成されているクラスター。

namespaceName

ボリュームが構成されているネームスペース。

podName

ボリュームが接続されているポッド。Kubernetesモニタリング統合は、ポッドに接続されているボリュームを一覧表示します。

persistent

これが永続ボリュームの場合、この値はtrueに設定されます。

pvcNamespace

永続ボリュームクレームが構成されているネームスペース。

pvcName

作成時に永続ボリュームクレームに割り当てた名前。

fsCapacityBytes

ボリュームの容量(バイト単位)。

fsUsedBytes

ボリュームの使用量(バイト単位)。

fsAvailableBytes

ボリュームで使用可能な容量(バイト単位)。

fsUsedPercent

ボリュームの使用率(パーセンテージ)。

fsInodes

ボリュームの合計inodes

fsInodesUsed

inodes ボリュームで使用されます。

fsInodesFree

inodes ボリュームで利用可能。

ボリュームデータは、MetricsProviderインターフェースを実装したボリュームプラグインで利用できます。

  • AWSElasticBlockStore
  • AzureDisk
  • AzureFile
  • シンダー
  • フレックスボリューム
  • フロッカ
  • GCEPersistentDisk
  • GlusterFS
  • iSCSI
  • NFS
  • StorageOS
  • VSphereVolume

APIサーバーデータ

K8sApiServerSampleイベントをクエリして、APIサーバーのデータを確認します。詳細については、「 コントロールプレーン監視の構成」を参照してください。

APIサーバー属性

説明

processResidentMemoryBytes

常駐メモリサイズ(バイト単位)。

processCpuSecondsDelta

ユーザーとシステムのCPU時間の差(秒単位)。

goThreads

作成されたOSスレッドの数。

goGoroutines

現在存在するゴルーチンの数。

apiserverRequestDelta_verb_VERB_code_CODE

これは、各リクエスト動詞のデルタカウンターです(例:GET、WATCH、LIST、CREATE)およびそれらの応答コード。デルタは、現在の値と最後にポーリングされた値の間にあります。

apiserverRequestRate_verb_VERB_code_CODE

動詞とHTTP応答コードごとに分けられた1分あたりのapiserverリクエストの割合。

restClientRequestsDelta_code_CODE_method_METHOD

メソッドとコードによって分割されたHTTPリクエストの数の違い。

restClientRequestsRate_code_CODE_method_METHOD

メソッドとコードで分割されたHTTPリクエスト数の割合。

etcdObjectCounts_resource_RESOURCE-KIND

種類ごとに分割された、最後のチェック時に保存されたオブジェクトの数。

コントローラー・マネージャー・データ

K8sControllerManagerSampleイベントを照会して、コントローラー・マネージャーのデータを確認します。詳細については、「 コントロールプレーン監視の構成」を参照してください。

コントローラーマネージャー属性

説明

processResidentMemoryBytes

常駐メモリサイズ(バイト単位)。

processCpuSecondsDelta

ユーザーとシステムのCPU時間の差(秒単位)。

goThreads

作成されたOSスレッドの数。

goGoroutines

現在存在するゴルーチンの数。

workqueueAddsDelta_name_WORK-QUEUE-NAME

ワークキューによって処理される追加の総数の差。

workqueueDepth_name_WORK-QUEUE-NAME

ワークキューの現在の深さ。

workqueueRetriesDelta_name_WORK-QUEUE-NAME

ワークキューによって処理される再試行の総数の差。

leaderElectionMasterStatus

レポートシステムが関連するリースのマスターであるかどうかのゲージ。 0backupを示し、 1masterを示します。

スケジューラーデータ

K8sSchedulerSampleイベントをクエリして、スケジューラデータを確認します。詳細については、「 コントロールプレーン監視の構成」を参照してください。

スケジューラ属性

説明

processResidentMemoryBytes

常駐メモリサイズ(バイト単位)。

processCpuSecondsDelta

ユーザーとシステムのCPU時間の差(秒単位)。

goThreads

作成されたOSスレッドの数。

goGoroutines

現在存在するゴルーチンの数。

leaderElectionMasterStatus

レポートシステムが関連するリースのマスターであるかどうかのゲージ。 0backupを示し、 1masterを示します。

httpRequestDurationMicroseconds_handler_HANDLER_quantile_QUANTILE

分位ごとのマイクロ秒単位のHTTPリクエストレイテンシ。

httpRequestDurationMicroseconds_handler_HANDLER_sum

HTTPリクエストのレイテンシの合計(マイクロ秒単位)。

httpRequestDurationMicroseconds_handler_HANDLER_count

監視されたHTTPリクエストイベントの数。

restClientRequestsDelta_code_CODE_host_HOST_method_METHOD

ステータスコード、メソッド、およびホストによって分割されたHTTPリクエストの数の違い。

restClientRequestsRate_code_CODE_host_HOST_method_METHOD

ステータスコード、メソッド、およびホストによって分割されたHTTPリクエストの数の割合。

schedulerScheduleAttemptsDelta_result_RESULT

結果による、ポッドのスケジュールの試行回数の違い。unschedulableはポッドをスケジュールできなかったことを意味し、 errorは内部スケジューラの問題を意味します。

schedulerScheduleAttemptsRate_result_RESULT

結果による、ポッドのスケジュールの試行回数の割合。unschedulableはポッドをスケジュールできなかったことを意味し、 errorは内部スケジューラの問題を意味します。

schedulerSchedulingDurationSeconds_operation_OPERATION_quantile_QUANTILE

スケジューリング操作のサブパートによって分割された秒単位のスケジューリング待ち時間。

schedulerSchedulingDurationSeconds_operation_OPERATION_sum

スケジューリング操作のサブパートによって分割された秒単位のスケジューリング待ち時間の合計。

schedulerSchedulingDurationSeconds_operation_OPERATION_count

スケジューリング操作のサブパートで分割されたスケジューリングの観測されたイベントの数。

schedulerPreemptionAttemptsDelta

これまでのクラスターでのプリエンプション試行の合計の違い。

schedulerPodPreemptionVictims

選択されたプリエンプションの犠牲者の数。

etcdデータ

K8sEtcdSampleイベントをクエリして、etcdデータを確認します。詳細については、「 コントロールプレーン監視の構成」を参照してください。

etcd属性

説明

processResidentMemoryBytes

常駐メモリサイズ(バイト単位)。

processCpuSecondsDelta

ユーザーとシステムのCPU時間の差(秒単位)。

goThreads

作成されたOSスレッドの数。

goGoroutines

現在存在するゴルーチンの数。

etcdServerHasLeader

リーダーが存在するかどうか。1は存在し、 0は存在しません。

etcdServerLeaderChangesSeenDelta

見られるリーダーの変更の数の違い。

etcdMvccDbTotalSizeInBytes

物理的に割り当てられた基になるデータベースの合計サイズ(バイト単位)。

etcdServerProposalsCommittedDelta

コミットされたコンセンサス提案の総数の違い。

etcdServerProposalsCommittedRate

コミットされたコンセンサス提案の総数の割合。

etcdServerProposalsAppliedDelta

適用されたコンセンサス提案の総数の違い。

etcdServerProposalsAppliedRate

適用されたコンセンサス提案の総数の割合。

etcdServerProposalsPending

コミットする保留中の提案の現在の数。

etcdServerProposalsFailedDelta

見られた失敗した提案の総数の違い。

etcdServerProposalsFailedRate

見られた失敗した提案の総数の割合。

processOpenFds

開いているファイル記述子の数。

processMaxFds

開いているファイル記述子の最大数。

processFdsUtilization

開くことができる最大数に対する開いているファイル記述子のパーセンテージ。

etcdNetworkClientGrpcReceivedBytesRate

gRPCクライアントから受信した合計バイト数の割合。

etcdNetworkClientGrpcSentBytesRate

gRPCクライアントに送信された合計バイト数の割合。

エンドポイントデータ

エンドポイントデータのK8sEndpointSampleイベントをクエリします。

エンドポイント属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

createdAt

エンドポイントが作成されたときのタイムスタンプ。

namespaceName

エンドポイントが属する名前空間の名前。

endpointName

エンドポイントに関連付けられている名前。

label.LABEL_NAME

エンドポイントに関連付けられたラベル。特定のエンドポイントをフィルタリングしてクエリできます。

addressAvailable

エンドポイントで使用可能なアドレスの数。

addressNotReady

エンドポイントで準備ができていないアドレスの数。

サービスデータ

K8sServiceSampleイベントでサービスデータをクエリします。

サービス属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

createdAt

サービスが作成されたときのタイムスタンプ。

namespaceName

サービスが属する名前空間の名前。

label.LABEL_NAME

サービスに関連付けられているラベル。特定のサービスをフィルタリングしてクエリできます。

serviceName

サービスに関連付けられている名前。

loadBalancerIP

SpectypeLoadBalancerの場合、外部ロードバランサーのIP。

externalName

SpectypeExternalNameの場合、外部名の値。

clusterIP

SpectypeClusterIPの場合、内部クラスターIP。

specType

サービスの種類。

selector.LABEL_NAME

このサービスが対象とするラベルセレクター。

Horizontal Pod Autoscaler データ

K8sHpaSampleイベントでHorizontalPodAutoscalerデータをクエリします。

HPA属性

説明

clusterName

Kubernetes統合をインストールしたときにクラスタに割り当てた名前。

label.LABEL_NAME

HPAに関連付けられたラベル。これにより、特定のオートスケーラーをフィルタリングおよび照会できます。

currentReplicas

このオートスケーラーによって管理されるポッドのレプリカの現在の数。

desiredReplicas

このオートスケーラーによって管理されるポッドのレプリカの望ましい数。

minReplicas

オートスケーラで設定できるポッド数の下限。デフォルトでは1です。

maxReplicas

オートスケーラーで設定できるポッド数の上限。 minReplicasより小さくすることはできません。

targetMetric

目的のレプリカ数を計算するときにこのオートスケーラーが使用するメトリック仕様。

isAble

オートスケーラーがスケールをフェッチおよび更新できるかどうか、およびバックオフ関連の条件によってスケーリングが妨げられるかどうかを表すブール値。

isActive

オートスケーラーが有効になっているかどうかを表すブール値(目的のスケールを計算できる場合)。

isLimited

構成された最大または最小のレプリカによって、オートスケーラーが上限または下限のいずれかで制限されているかどうかを表すブール値。

labels

Prometheusラベルに変換されたKubernetesラベルの数。

metadataGeneration

ホリゾンタルポッドオートスケーラーコントローラーによって観測された世代。

APMが監視するアプリケーションにおけるKubernetesのメタデータ

アプリケーションをKubernetesと連携させることで 、アプリケーショントレースや分散トレースに以下の属性が追加されます。

  • nodeName
  • containerName
  • podName
  • clusterName
  • deploymentName
  • namespaceName

さらにヘルプが必要

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.