• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

New Relic のログ管理のセキュリティとプライバシーについて

当社のログ管理ソリューションでは、どのようなデータがNew Relicに報告されるかをお客様が直接管理することができます。データのプライバシーを確保し、New Relic が受け取る情報の種類を限定するために、API コールやログフォワーダーの設定でお客様が提供するデータ以外の顧客データは取得されません。ログサービスのすべてのデータは、HTTPS で New Relic に報告されます。

このドキュメントでは、ログデータに対する追加のセキュリティ対策について説明します。New Relic のセキュリティ対策の詳細については、こちらをご覧ください。

自動難読化

ログ管理サービスでは、クレジットカードや社会保障番号などの番号と思われるパターンを自動的にマスクします。区切り文字として使用されるスペースやハイフンを含むすべての整数は、 Xes の文字列に置き換えられます。

クレジットカードと思われる番号(13~16桁)は、 XXXXXXXXXXXXXXXX のように難読化されます。例えば、以下のようになります。

  • 4111-1111-1111-1111のようなハイフン付きの数字
  • 4111 1111 1111 1111のように、スペースを含む数字
  • 13桁(Visa)、14桁(Diner's Club)、15桁(American Express、JCB)、または16桁(Visa、Mastercard、Discover、JCB)の数字(例: 411111111111

123-45-6789 のように、社会保障番号と思われるハイフン付きの9桁の数字は、 XXXXXXXXX のように難読化されます。 123 45 6789 のようにスペースを含む9桁の数字や、 12-345-67-89 のように異なるパターンのハイフンを含む数字は、自動的に難読化されません。

自動難読化を解除する必要がある場合は、 support.newrelic.com でサポートを受けてください。

セキュリティ設定のカスタマイズ

お客様が New Relic に送信するデータは、追加のフィルタリングを含めて、お客様が使用する ログフォワーダー の設定によって制御されます。どのような顧客データがログに記録されるかを管理するのはお客様ですので、組織のセキュリティガイドラインに従って、機密データをマスクしたり、難読化したり、送信できないようにしてください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.