• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

AndroidアプリケーションをGradleおよびAndroid Studioとともにインストール

GradleまたはAndroid Studioを使用する場合、次の手順に従ってNew Relicのモバイルモニタリングをインストールします。モバイルモニタリング用のAndroidエージェントSDKを既にインストールしている場合は、GradleとAndroid Studioとともに最新バージョンにアップグレードする前の手順に従ってください。

ヒント

モバイルモニタリング、およびその他のオブザーバビリティプラットフォームを使用するには、New Relicファミリーに参加してください。サインアップして、わずか数秒で無料アカウントを作成できます。次に、毎月最大で100GBのデータを無料で取り込みます。期間無制限です。

Androidアプリケーションをインストールする

モバイルモニタリングのインストレーション プロセスの一環として、New Relicはアプリケーショントークンを自動的に生成します。これはNew Relic でモニタリングする各モバイルアプリケーションを認証するための40文字の16進数の文字列です。

  1. one.newrelic.com > Mobileに移動します。
  2. 該当する場合:Mobile appインデックスから、Add a new appを選択します。
  3. Get startedページから、モバイル監視用のプラットフォームとしてAndroidを選択します。
  4. ご使用のモバイルアプリに意味のある名前を付けて、Continueを選択します。

GradleとAndroid Studioを使用したモバイルモニタリングの設定手順を続けます。

または

  • 新しいモバイルアプリケーションの設定プロセスを後で完了するには: one.newrelic.com > Mobileに移動し、モバイルアプリ名の隣にあるSee instructionsを選択します。
  • すでにインストール済みのAndroidをアップグレードするには: one.newrelic.com > Mobileに移動し、アプリを選択して、Settings > Installationに移動します。

GradleおよびAndroid Studioを使用して設定

GradleとAndroid Studioを使用したAndroidアプリの設定手順は、New RelicのGet startedページにも掲載されています。

  1. Gradle & Android StudioタブにあるNew Relicのモバイルモニタリングコードをbuild.gradleファイルにマージします。

  2. ProGuardまたはDexGuard: プロジェクトのルートディレクトリ(projectname/app)に、以下の行と共にnewrelic.propertiesファイルを追加します:

    com.newrelic.application_token=GENERATED_TOKEN
  3. New RelicでProGuardまたはDexGuardを使用するために必要な追加の設定手順に従います。

  4. アプリケーションのアクセス権限を設定: AndroidManifest.xmlファイルに以下の行を追加することで、AndroidアプリケーションがINTERNETおよびACCESS_NETWORK_STATEパーミッションをリクエストすることを確実にします:

    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
    <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />
  5. New Relicのモバイルモニタリングエージェントを起動するには:Default ActivityManifestに定義されているもの)にNewRelicクラスをインポートします:

    import com.newrelic.agent.android.NewRelic;

    重要

    想定外の動作や不安定な動作が生じる可能性があるため、他のクラスでのモバイルモニタリングエージェントの起動はサポートされていません。

  6. モバイルモニタリングを初期化するには:onCreate()メソッドに、次のコールを追加します:

    NewRelic.withApplicationToken("GENERATED_TOKEN").start(this.getApplication());
  7. オプション:ロギングレベルを変更します。

  8. アプリケーションを構築して実行するには、プロジェクトをクリーンにし、エミュレーターまたはデバイスでアプリケーションを実行しトラフィックを発生させます。

  9. 数分待ち、New Relic MobileのOverviewページからAndroidアプリケーションのデータを表示します。one.newrelic.com > Mobileに移動して、アプリを選択します。

Androidのインストレーションに問題がある場合や、AndroidアプリケーションのNew Relic Mobile UIにデータが表示されない場合は、トラブルシューティング手順に従ってください。

Androidインストレーションの更新

Androidエージェントを最新に保つため、New RelicのAndroidエージェントSDKをアップグレードする手順に従ってください。モバイルアプリケーションの最新のAndroidバージョンをインストールするには、one.newrelic.com > Mobileに移動し、アプリを選択して、Settings > Installationに移動します。

Android 4.x: Multidexサポート

Android 5.0(APIレベル 21)より前のAndroidバージョン用のNew Relicモバイルモニタリングでは、アプリコードの実行にDalvikランタイムを使用します。Dalvikはデフォルトで、アプリケーションをAPK当たり単一のclasses.dexバイトコードファイルに制限します。この制限を回避するには、Multidexサポートを有効化 しなければなりません。こうすることで、アプリケーションのプライマリDEXファイルとなり追加のDEXファイルとそれらファイル内のコードへのアクセスを管理するMultidexサポートライブラリを使えるようになります。

Multidexアプリケーション用に各DEXファイルを構築する際、ビルドツールはアプリケーションが正常に起動できるよう、プライマリDEXファイルにどのクラスが必要か決めるため複雑な意思決定を行います。スタートアップ中に必要となるクラスがプライマリDEXファイルに提供されてない場合、アプリケーションはエラーjava.lang.NoClassDefFoundErrorを伴ってクラッシュします。

java.lang.NoClassDefFoundErrorエラーが表示された場合、プライマリDEXファイルに対し、必要に応じてこれらの追加クラスを手動で指定する必要があります:

  1. プロジェクトの/appフォルダ内にproguard.multidex.configファイルを作成します。パッケージ名を反映するように、mypackageを更新します。

    ####################
    # keep class names #
    ####################
    
    #Keep New Relic in the main dex
    -keep class com.newrelic.** { *; }
    -keep class com.mypackage.activities.** { *; }
  2. アプリケーションレベルのbuild.gradleファイルに、次のコードをマージします:

    android {
    defaultConfig{
    multiDexKeepProguard file("proguard.multidex.config")
    }
    }

詳しくは、プライマリDEXファイルに必要なクラス宣言について、Android Developersドキュメントを参照してください。

New Relic Gradleプラグインの設定

Gradle構築の間のモバイルモニタリングエージェントプラグインの動作の設定方法の詳細は、New Relic Gradleプラグイン拡張ガイドをご覧ください。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.