• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は、参考として提供されています。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページを参照してください。

問題を作成する

Unity モバイル アプリを監視する

New Relic Unity エージェントは、Unity モバイル アプリを監視し、アプリのパフォーマンス、エラー、ユーザー エクスペリエンスについての深い洞察を提供します。Unity エージェントをインストールして構成すると、次のことができるようになります。

  • Capture C# and Native C++ errors:

    問題を迅速に特定して修正します。

  • Track network requests:

    アプリがバックエンドとどのように対話するかを確認します。

  • Use distributed tracing:

    処理された例外をドリルダウンして、根本原因を見つけます。

  • Create custom events and metrics:

    ユーザーがアプリをどのように操作するかを理解します。

Summary view of a Unity app in New Relic

one.newrelic.com > All capabilities > Mobile > (select an app) > Summary: Unity データを表示し、HTTP リクエストとエラーを追跡し、時間の経過に伴うアプリのパフォーマンスを監視します。

(推奨) ガイド付きインストール

Unity エージェントをインストールするには、UI に直接あるガイド付きインストールに従ってください。

Screenshot of the guided install UI for Unity

手動インストール

エージェントを手動でインストールする必要がある場合は、次の手順に従います。

要件を確認する

Unity エージェントをインストールする前に、Unity アプリが次のバージョン要件を満たしていることを確認してください。

Unity エージェントをプロジェクトに追加する

Unity パッケージ マネージャーで、次の GitHub URL を追加します。

https://github.com/newrelic/newrelic-unity-agent.git
Unity Agent Install From Package Manager

アプリケーショントークンを追加する

New Relic が Unity アプリのデータを認証できるようにするには、次の手順に従います。

  1. New Relic からアプリケーション トークンを取得します。

    1. one.newrelic.com

      に移動し、

      Add data

      をクリックしてから、

      Mobile

      をクリックします。

    2. Unity アプリを選択します。

    3. Settings > Application

      に移動し、表示された

      Application token

      をコピーします。

  2. トークンを Unity プロジェクトに追加します。

    1. Unity IDE を開きます。

    2. エディター ウィンドウを開くには、 Tools > New Relic > Getting Startedに移動します。

    3. アプリがサポートするプラットフォームごとに、適切なアプリケーション トークンを対応するフィールドに貼り付けます。

      • Android: Android トークンを「Android アプリ トークン」フィールドに貼り付けます。
      • iOS: iOS トークンを「iOS アプリ トークン」フィールドに貼り付けます。

      アプリが Android と iOS の両方で実行される場合は、プラットフォームごとに個別のトークンを提供します。両方に同じトークンを使用しないでください。

    Add App Token in Unity Apps

(Android のみ) Android アプリを構成する

Android アプリを構成するには、Gradle テンプレートをカスタマイズする必要があります。Unity 2019 以降を使用している場合は、次の手順を実行します。

  1. Gradle ビルド設定に New Relic Maven リポジトリの URL を含めます。 これを行うには、 mainTemplate.gradleファイルを開きます。 このファイルは通常、 Assets/Plugins/Androidフォルダーにあります。 次に、次のように New Relic Maven URL を開きます。

    allprojects {
    buildscript {
    repositories {
    ARTIFACTORY_REPOSITORY
    google()
    jcenter()
    mavenCentral()
    }
    }
    }
  2. New Relic classpathをプロジェクト レベルのbaseProjectTemplate.gradleファイルに追加します。通常、このファイルは Unity プロジェクトの Android フォルダーにあります。

    dependencies {
    // If you are changing the Android Gradle Plugin version,
    // make sure it is compatible with the Gradle version preinstalled with Unity.
    // See which Gradle version is preinstalled with Unity here:
    // https://docs.unity3d.com/Manual/android-gradle-overview.html
    // See the official Gradle and Android Gradle Plugin compatibility table here:
    // https://developer.android.com/studio/releases/gradle-plugin#updating-gradle
    // To specify a custom Gradle version in Unity, go to "Preferences > External Tools",
    // uncheck "Gradle Installed with Unity (recommended)",
    // and specify a path to a custom Gradle version.
    classpath 'com.newrelic.agent.android:agent-gradle-plugin:7.2.0'
    BUILD_SCRIPT_DEPS
    }

    Gradle 7.0 以下を必要とする古い Unity バージョンを使用している場合は、互換性を確保するために特定のクラスパスの依存関係を使用する必要があります。

    dependencies {
    // If you are changing the Android Gradle Plugin version,
    // make sure it is compatible with the Gradle version preinstalled with Unity.
    // See which Gradle version is preinstalled with Unity here:
    // https://docs.unity3d.com/Manual/android-gradle-overview.html
    // See official Gradle and Android Gradle Plugin compatibility table here:
    // https://developer.android.com/studio/releases/gradle-plugin#updating-gradle
    // To specify a custom Gradle version in Unity, go to "Preferences > External Tools",
    // uncheck "Gradle Installed with Unity (recommended)",
    // and specify a path to a custom Gradle version.
    classpath 'com.newrelic.agent.android:agent-gradle-plugin:6.11.0'
    BUILD_SCRIPT_DEPS
    }
  3. newrelicプラグインをlauncherTemplate.gradleファイルの先頭に適用します。このファイルは通常、Unity プロジェクトの Android フォルダーにあります。

    apply plugin: "com.android.application"
    apply plugin: 'newrelic' // <-- add this
  4. AndroidManifest.xml ファイルに INTERNET および ACCESS_NETWORK_STATE 権限を追加します。

    <uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />
    <uses-permission android:name="android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE" />

(iOS のみ) 依存関係を管理する

iOS の場合は、外部依存関係マネージャーの設定を確認します。

  1. Unity IDE で、 Assetsに移動し、 External Dependency Managerを開きます。

  2. iOS Resolverをクリックします。

  3. 「Podfile Configurations」セクションで、次の設定を確認します。

    • Add use_frameworks! to Podfile

      無効になっています

    • Always add the main target to Podfile

      有効になっています

    Add iOS Dependency in Unity App
  4. iOS の依存関係管理に Podfile を使用していない場合は、次の手順に従います。

    1. New Relic XCFramework SDK (iOS エージェント) をダウンロードして解凍します。最新の iOS エージェントは、 iOS エージェントのリリース ノートから入手できます。

    2. New Relic XCFramework を Xcode プロジェクトに追加します。

      1. SDK ダウンロードを解凍します。

      2. Finder から、 NewRelicAgent.xcframeworkフォルダを Xcode プロジェクトにドラッグし、Targets Frameworks ペインに配置します。

      3. Embed

        列の下にある

        Embed & Sign

        をクリックします。

    そして、あなたは完了です!5 分以内に New Relic でデータが表示されるようになります。

エージェントのインストルメンテーションをカスタマイズする

エージェントのインストルメンテーションをカスタマイズする必要がありますか?パブリック モバイル SDK API メソッドを使用すると、カスタム データの収集、デフォルト設定の構成などが可能になります。

Unity エージェントでは次のカスタマイズが可能です。

あなたがしたい場合は...

この方法を使用してください

ブレッドクラムを記録して、クラッシュのトラブルシューティングに役立つアプリのアクティビティを追跡します。

パン粉の記録

メソッドをインタラクションとして追跡します。

インタラクションを開始する

インタラクションを停止する

カスタムメトリクスの記録

カスタムメトリクスの記録

例外を記録します。

記録エラー

カスタム属性とイベントを記録します。

カスタム属性とイベントをレポートするには、いくつかの方法があります。

カスタム ネットワーク リクエストと障害を追跡します。

HTTPリクエストを追跡する

失敗したHTTPリクエストを追跡する

エージェントをシャットダウンします。

エージェントのシャットダウン

テストクラッシュレポートを実行します。

テストクラッシュレポート

C# エラーを監視する

New Relic UI では、致命的および致命的ではない C# エラーと、記録された各エラーのイベント証跡、属性、スタック トレースなどの詳細を含む、処理された例外を表示できます。

エラーを表示するには:

  1. one.newrelic.com > All capabilities > Mobile

    に移動します。

  2. Unity アプリを選択します。

  3. Exceptions > Handled exceptions

    をクリックします。

次のクエリを使用して、これらのエラーのダッシュボードを構築することもできます。

SELECT * FROM MobileHandledException SINCE 24 hours ago

ログデータのクエリ

New Relic は、Unity ログをカスタム イベントとして保存します。次の NRQL クエリを使用して、これらのログをクエリし、ダッシュボードを構築できます。

SELECT * FROM `Mobile Unity Logs` SINCE 30 MINUTES AGO

NRQLクエリの詳細については、 NRQLの概要を参照してください。

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.