• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

New Relic Gradleプラグインを設定

New Relic Gradleプラグイン拡張を使用して、Gradle構築の間に実行するプラグインタスクの動作を設定できます。New Relicプラグインを適用するbuild.gradleファイルでプライグイン拡張を作成し、次の設定オプションのいずれかを追加します。

設定オプション

説明

variantMapsEnabled

各アプリケーションのバリアントの一意のビルドIDを生成します。デフォルト:true

uploadMapsForVariant

どのバリアントビルドタイプがProGuardマップをNew Relicにレポートするかを指定します。デフォルト:リリース

プラグイン設定オプションをエージェントに適用する方法を示す簡単な例は次のとおりです。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.