• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ラックミドルウェア

Rubyエージェントは、 Rack ミドルウェアを自動的に計測します。Rackミドルウェアの基本に慣れていない場合は、Rails on Rackガイド からリンクされている のリソースを参照してください。また、RubyエージェントはRackミドルウェアを介していくつかの機能を提供します。

New Relic は、Rails と Sinatra 用のこれらのミドルウェアを自動的にインストールします。

ラックの計測器

Rack ミドルウェアを構成する最も一般的な 2 つの方法は、 Rack::Builder API (ほとんどの場合config.ruから) と Rails のミドルウェア スタック構成です。

ミドルウェアデータの閲覧

ミドルウェアのデータをAPMで見ることができます。

ラックインストルメントの無効化

Rack ミドルウェアを計測したくない場合は、 disable_middleware_instrumentation設定で Rack ミドルウェアの計測を無効にすることができます。特定のトランザクションを無視することもできます。

Rubyエージェント・ミドルウェアの手動インストール

New Relic のクロス アプリケーション トレース機能の Ruby エージェントの実装では、Rack ミドルウェア インストルメンテーションを使用して、監視対象のアプリケーション間で情報を渡すために必要な HTTP ヘッダーを読み書きします。Sinatra を使用していて、上記のようにミドルウェア インストルメンテーションを無効にしており、クロス アプリケーション トレースを使用したい場合は、ミドルウェア スタックにNewRelic::Rack::AgentHooksミドルウェアを手動で追加する必要があります。

重要

バージョン8.0.0では、クロスアプリケーショントレースは廃止され、 分散型トレース が採用されています。この機能を有効にすると、ミドルウェアを追加することなく、すべてのラックベースのアプリに対して分散型トレーシングが自動的に設定されます。

クロスアプリケーショントレースを継続して使用したい場合は、 設定を更新する必要があります

ラックの手動計測器

Ruby エージェントの以前のバージョンでは、 NewRelic::Agent::Instrumentation::Rackモジュールを介した Rack ミドルウェアの手動計測がサポートされていました。このインストルメンテーションは、Ruby エージェント バージョン 3.9.0 以降では非推奨です。これは、自動ミドルウェア インストルメンテーションでは不要であるためです。New Relic は、3.9.0 以降にアップグレードした後、コードからこのモジュールへの参照を削除することをお勧めします。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.