• /
  • ログイン

言語エージェントおよびディストリビューティッド(分散)トレーシング

New Relicには、C、Go、Java、Node.js、.NET、PHP、PythonおよびRubyのAPM言語エージェントがあります。これらはそれぞれ、ディストリビューティッド(分散)トレーシングのパワーを活用する方法を提供しています。

ヒント

始める前に状況について理解を深めたい場合は、次のトピックをチェックしてください。

  • スパンサンプリングのしくみは、ディストリビューティッド(分散)トレーシングオプションについて説明しています。
  • APMへの影響が、現在のAPMユーザーであるが、ディストリビューティッド(分散)トレーシングを設定していない場合は何を期待すべきかを物語っています。

標準ディストリビューティッド(分散)トレーシングのクイックスタート(推奨):

サービスにNew Relic APMエージェントをインストールしていない、または追加サービスをインストゥルメントする場合は、これが標準ディストリビューティッド(分散)トレーシングを設定する最善のアプローチです。

ヒント

ディストリビューティッド(分散)トレーシングを設定するにはNew Relicアカウントが必要です。アカウントがない場合は、すぐに
無料アカウントを作成できます。

手順1: サービスの特定

各トレースデータをNew Relicに送信できるように、どのサービスをインストゥルメントするかを把握します。

手順2: 各サービスをAPMエージェントにインストゥルメント

各サービスのインストゥルメントに役立つさまざまな言語のインストレーション支援があります。

インストゥルメントする各サービスのインストレーション支援を実行し、各インストレーションが一意のアプリケーション名となるようにする必要があります。

任務を開始するには、言語のリンクをクリックします。

C
New Relic APM: C
Golang
New Relic APM: Golang
Java
New Relic APM: Java
.NET
New Relic APM: .NET
Node.js
New Relic APM: Node.js
PHP
New Relic APM: PHP
Python
New Relic APM: Python
Ruby
New Relic APM: Ruby

ヒント

インストレーション支援があるこのクイックスタートアプローチでは、実行する各サービスのディストリビューティッド(分散)トレーシングが自動的に有効化されますが、ディストリビューティッド(分散)トレーシングに参加するNew Relic APMエージェントがすでにある場合は、手動でディストリビューティッド(分散)トレーシングを有効化する必要があります。古いAPMエージェントのオプションを参照してください。

手順3: トレースの表示

各サービスをAPMエージェントにインストゥルメント後、アプリケーションにトラフィックを生成すると、トレースを取得できます。UIでトレースを表示する方法は、以下の2つです。

UIでトレースを検索する追加ヘルプ:

無限トレーシング(高度なオプション)のセットアップ

APMエージェント(上)の標準ディストリビューティッド(分散)トレーシングはトレースの最大10%を取得しますが、すべてのデータを分析し、最も関連のあるトレースを検索すると、無限トレーシングを設定できます。この標準ディストリビューティッド(分散)トレーシングの代替は、C SDKを除く、すべてのAPM言語エージェントに使用できます。

ヒント

この機能の詳細については、無限トレーシングを参照してください。

始める前に、要件を満たしていることを確認します。

手順1: 上のクイックスタートのディストリビューティッド(分散)トレーシングのインストゥルメントを完了します。

無限トレーシング設定は、標準ディストリビューティッド(分散)トレーシングのクイックスタートからインストゥルメンテーション手順で構築されます。

手順2: トレースオブザーバの設定

トレースオブザーバは、すべてのトレースを収集および分析するNew Relic AWSベースのサービスです。トレースオブザーバの手順に従います。終了したら、ここにトレースオブザーバ情報を返し、次の手順でエージェントの設定を続行します。

手順3: 無限トレーシングのエージェントの設定

無限トレーシング設定には、標準ディストリビューティッド(分散)トレーシングとトレースオブザーバに関する情報が含まれます。下の言語エージェントの設定を検索します。

手順 4. (オプション)無限トレーシングのカスタマイズ

エージェント設定を追加すると、New Relic UIにデータの表示が開始されるはずです。データ分析に時間を費やすと、以下の無限トレーシングの一部を調整する必要があります。

古いAPMエージェントのオプション

古いAPMエージェントがある場合は、このセクションを使用して必要なディストリビューティッド(分散)トレーシング機能がサポートされているかを把握します。

互換性情報に従うのは、基本設定を標準ディストリビューティッド(分散)トレーシングへの切り替えを示すセクションです。古いエージェントが無限トレーシングをサポートし、設定する場合は、上の手順を参照します。

互換性ガイド

下の言語エージェントを検索し、既存のエージェントがディストリビューティッド(分散)トレーシングを使用できるかを確認します。

古いエージェントの標準ディストリビューティッド(分散)トレーシングの設定

ディストリビューティッド(分散)トレーシングは、設定全体で有効化されます。以下のエージェント特定のセクションを確認してください。エージェント設定の一般ヘルプについては、エージェントの設定を参照してください。

重要

サーバーサイドコンフィグレーションは、無限トレーシングでは使用できません。

ヒント

プロキシ設定についてサポートが必要な場合は、プロキシサポートを参照してください。

手動でのインストゥルメント(自動インストゥルメントを行えない場合)

推奨:カスタムインストゥルメントを行う前に、以下をお読みになることをお勧めします。

サービスでトレースヘッダーがその他のサービスに渡されない場合は、ディストリビューティッド(分散)トレーシングのペイロードAPIを使用して、サービスの呼び出しおよび呼び出されたサービスをインストゥルメントできます。サービスの呼び出しでは、API呼び出しを使用して、呼び出されたサービスにより認められるペイロードを生成します。

その他のヘルプ

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.