• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Rubyエージェントの設定

New Relic Ruby エージェントの設定は、設定ファイルでの設定、環境変数での設定、またはプログラムによるサーバーサイドでの設定があります。本ドキュメントでは、Ruby エージェントで利用可能な設定オプションについてまとめています。

構成オプションのデフォルト値が(Dynamic)の場合、これはRubyエージェントが実行時にデフォルトを計算することを意味します。構成設定の値は、デフォルトで別の設定の値になります。

構成方法と優先順位

Rubyエージェントを構成するための主要な(デフォルトの)方法は、 configサブディレクトリーの構成ファイル( newrelic.yml )を使用することです。環境変数を使用して構成値を設定するには:

  1. プレフィックスNEW_RELIC_を設定の名前に追加します。
  2. ピリオド.をアンダースコア_に置き換えます。

また、 サーバーサイドの設定 を介して、UIでいくつかの値を設定することもできます。

Rubyエージェントでは、この優先順位に従って設定を行います。

  1. 環境変数
  2. サーバー側の構成
  3. 構成ファイル( newrelic.yml
  4. デフォルトのコンフィギュレーション設定

つまり、環境変数は他のすべての設定や情報を上書きし、サーバー側の設定は設定ファイルやデフォルトのコンフィグ設定を上書きする、といった具合です。

コンフィグファイルオプションの表示と編集

Rubyエージェントのnewrelic.ymlは標準のYAML構成ファイルです。通常、上部にDefaultsセクションがあり、各アプリケーション環境の下部にセクションがあります。たとえば、 DevelopmentTesting 、およびProductionです。

Rubyエージェントは、特定の環境変数を調べてアプリケーションの環境を導出することにより、 newrelic.yml構成ファイルのどのセクションから読み取るかを決定します。これは、たとえば、実稼働環境でlog_level構成設定にinfoを使用し、開発環境でより詳細なlog_level構成設定( debugなど)が必要な場合に役立ちます。

newrelic.yml設定ファイルの例を次に示します。

common: &default_settings
license_key: 'YOUR_LICENSE_KEY'
app_name: 'My Application Name'
production:
<<: *default_settings
log_level: info
development:
<<: *default_settings
log_level: debug

非Railsアプリの場合、Rubyエージェントは以下の環境変数をこの順番で探し、アプリケーション環境を判断します。

  1. NEW_RELIC_ENV
  2. RUBY_ENV
  3. RAILS_ENV
  4. APP_ENV
  5. RACK_ENV

Rubyエージェントがこれらの環境変数のいずれの値も検出しない場合、Rubyエージェントはデフォルトでアプリケーション環境をdevelopmentに設定し、 newrelic.yml構成ファイルのdevelopmentセクションから読み取ります。

RailsアプリでRubyエージェントを実行する場合、エージェントは最初にNEW_RELIC_ENV環境変数を探して、アプリケーション環境とnewrelic.ymlのセクションを使用するかを決定します。 NEW_RELIC_ENVが存在しない場合、エージェントはRails環境を使用します(Railsのバージョンに応じてRAILS_ENVまたはRAILS.env )。

設定ファイルを編集する際には、次のことを確認してください。

  • インデントはスペース2つ分のみ。
  • error_collector のようなスタンザでは、関連する部分のみインデントします。

正しくインデントしないと、エージェントは起動時にUnable to parse configuration fileエラーをスローする可能性があります。

使用可能なRubyエージェント構成オプションの最新のリストを表示するには、 rake newrelic:config:docsコマンドを使用します。このドキュメントでは、最も一般的なオプションについて説明します。

設定ファイルの更新

このドキュメントは、Rubyエージェントの最新リリースに適用されます。以前のバージョンの詳細については、 newrelic.yml自体のコメントを参照してください。

新しいリリース後にnewrelic.ymlファイルを更新するには、エージェントgemのベースディレクトリにあるテンプレートを使用します。新しいgemバージョンに更新するときは、インストールディレクトリconfig/newrelic.ymlnewrelic.ymlを調べるか差分をとって、新しい構成オプションを利用してください。

重要

gemを更新しても、 config/newrelic.ymlは自動的に更新されません。

一般

これらの設定は、エージェントの設定に利用できます。一部の設定は、New Relic のサブスクリプションレベルによって異なります。

トランザクショントレーサー

トランザクショントレース 機能は、選択したトランザクションから、呼び出しシーケンスの概要、費やした時間の内訳、SQL クエリのリストとそのクエリプラン(mysql および postgresql の場合)などの詳細な情報を収集します。利用可能な機能は、お客様の New Relic のサブスクリプションレベルによって異なります。

エラーコレクター

エージェントは、デフォルトでは、すべてのアンキャッチャー例外を収集して報告します。これらの設定オプションにより、エラー収集をカスタマイズすることができます。

無視されたエラーと予想されるエラーについては、APMのエラー分析に関するこのページを参照してくださいNewRelic::Agent.notice_error Rubyメソッドを介して予想されるエラーを設定するには、 RubyAgentAPIを参照してください。

ブラウザの監視

ブラウザモニタリング ページロードタイミング 機能(リアルユーザーモニタリング(RUM)と呼ばれることもあります)は、実際のユーザーがお客様のウェブサイトで体験しているパフォーマンスを把握することができます。これは、各ページのヘッダーとフッターに少量のJavaScriptコードを注入することで、ユーザーのブラウザがWebページをダウンロードしてレンダリングするまでの時間を測定することで実現しています。

分析イベント

New Relic ダッシュボード は、お客様のソフトウェアに関するデータと、それがお客様のビジネスについて語っていることを収集し、視覚化するためのリソースです。これを使えば、リアルタイムのダッシュボードを素早く簡単に作成して、エンドユーザー・エクスペリエンス、クリックストリーム、モバイル・アクティビティ、サーバー・トランザクションに関する答えをすぐに得ることができます。

トランザクション・イベント

アプリケーションログ

Ruby エージェントは、コンテキスト内の APM ログをサポートします。Ruby エージェントのログを構成するためのヒントについては、コンテキストで Ruby ログを構成するを参照してください。使用可能なロギング関連の構成オプションには、次のものがあります。

属性

アトリビュート は、イベントやトランザクションのプロパティを決定する情報を含むキーとバリューのペアです。これらのキー・バリュー・ペアは、APMのトランザクション・トレース、APMのトレースされたエラー、ダッシュボードのトランザクション・イベント、ダッシュボードのページ・ビューで見ることができます。どの属性がこれらの各送信先に送信されるかを正確にカスタマイズできます。

監査ログ

オートスタート

コード レベルの指標

クロスアプリケーショントレーサー

カスタム属性

カスタムイベント

データストアトレーサー

無効化

これらの設定を使用して、エージェントの起動時に計測の種類を切り替えます。

分散型トレーシング

Elasticsearch

Heroku

無限のトレース

計装

メッセージトレーサー

Mongo

プロセスホスト

Rake

Resque

ルール

Sidekiq

Slow SQL

スパンイベント

例外メッセージの除去

スレッドプロファイラー

活用

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.