• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Sidekiqのインストルメント

Web アプリケーション自体に加えて、New Relic Ruby エージェント (バージョン 3.6.0 以降) は、 Sidekiq ジョブを自動的にインスツルメンテーションすることができます。 。ワーカーにインスツルメンテーションライブラリを含める必要はありません。

Ruby エージェントは、すべての Sidekiq ワーカー上で perform メソッドをインスツルメントします。バックグラウンドジョブのデータは、APM の Transactions page に表示されます。トランザクションの種類として Non-web transactions を選択すると、トランザクションのトレースとエラーが表示されます。

ジョブ引数の取得

Ruby エージェントのバージョン 3.6.9 以降では、Sidekiq のジョブ引数をトランザクション・トレースやトレース・エラーに取り込むように設定することができます。これは、失敗したジョブの再現を試みる際に特に有用です。

デフォルトでは、ジョブの引数に機密情報が含まれている場合、この機能はオフになっています。この機能を有効にするには、お使いのエージェントのバージョンに合わせて、 newrelic.yml を編集してください。

  • newrelic_rpm 3.12.0 以上: attributes.include: job.sidekiq.args.*.
  • newrelic_rpm 3.6.9 to 3.11.x: sidekiq.capture_params: true

ヒント

この機能は、一般的な capture_params トップレベルの設定とは異なります。この設定では、WebリクエストのトランザクショントレースやトレースエラーにHTTPリクエストパラメータを取り込むかどうかを制御します。この2つの設定は個別に設定できます。

Sidekiqのトラブルシューティングの仕事

ジョブが監視されていないように見える場合は、ワーカーの起動時に生成される newrelic_agent.log ファイルを確認してください。このファイルには、エージェントがSidekiqを検出し、サーバーと通信しているかどうかが示されているはずです。サポートが必要な場合は、Sidekiqの起動に使用したコマンドラインを正確に記録してください。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.