• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

レーキの計測器

New Relic の Ruby エージェントには、Rake のタスクをインストルメントするためのオプトインサポートがあります。これには

  • Rakeバージョン10.0.0以上
  • Rubyエージェントバージョン3.13.0以上

Rakeタスクをインストルメント化するには、 newrelic.ymlファイルでタスクを名前で指定します。

Rakeのサポートを有効にする

アプリのRakeタスクをインストルメント化するには、ターゲットタスクの名前をnewrelic.ymlファイルのrake.tasks要素に追加します。 Rubyエージェントは、文字列正規表現を使用して、これらの名前をアクティブなタスクと照合します。

例2つのRakeタスクのインストゥルメント化

たとえば、Rakeタスクdeploydeploy:allをインストルメント化するには、 newrelic.ymlファイルに以下を追加します。

rake:
tasks: ["deploy", "deploy:all"]

タスク名のマッチングは正規表現を使用するため、 [".+"]などのワイルドカード正規表現を使用してアプリのすべてのRakeタスクをインストルメント化できます。ただし、これには、 db:migrateなどのautostart.denylisted_rake_tasks構成設定からデフォルトで拒否リストにあるRakeタスクは含まれません。

  • デフォルトで拒否リストに入っているRakeのタスクを含めるには、カスタマイズした拒否リストに入れてください。
  • Railsを使用しているが、RakeタスクがRails環境を必要としない場合に、タスクが実行される前にインストルメント化されるようにするには、Rakeタスクの先頭にrequire 'tasks/newrelic'を追加します。

Rakeのジョブ引数の取得

デフォルトでは、Rake のジョブ引数はキャプチャされません。Rakeのジョブ引数をキャプチャするには、次のようにします。

attributes.include: job.rake.*
Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.