• ログイン今すぐ開始

Rubyエージェントの要件とサポート対象のフレームワーク

New RelicのRubyエージェントをインストールする前に、互換OSに対する要件、セキュリティ要件、およびサポート対象のフレームワークを満たしていることを確認してください。

New Relicアカウントをまだお持ちでない場合は、New Relicアカウントを作成することから始めます。永久無料です。

オペレーティングシステム

Rubyエージェントは、Linux、Solaris、FreeBSD、macOSといったUNIX系のオペレーティングシステムをサポートします。

セキュリティ要件

標準的な データ収集のセキュリティ対策として、アプリサーバーはSHA-2(256ビット)をサポートしている必要があります。SHA-1はサポートされていません。

Rubyバージョン

New Relic Rubyエージェントは、実験的なバージョンをサポートしません。RubyエージェントがサポートするRubyバージョンは以下のとおりです。

Rubyバージョン

サポート対象

非推奨

JRuby

  • 9.0.x
  • 9.1.x
  • 9.2.x
  • 9.3.x
  • 1.7.x以前:最後にサポートされたエージェントは、3.18.1.330です。

CRuby

  • 1.8.7
  • 1.9.x
  • 2.0.x
  • 2.1.x
  • 2.2.x - 非推奨
  • 2.3.x - 非推奨
  • 2.4.x
  • 2.5.x
  • 2.6.x
  • 2.7.x
  • 3.0.x
  • 3.1.x
  • 3.2.x
  • 2.0.x、2.1.x最後にサポートされたエージェント:6.15.0。
  • 1.8.7、1.9.2、1.9.3:最後にサポートされたエージェントは、3.18.1.330です。
  • 1.8.6:最後にサポートされたエージェントは、3.6.8.168です。

ウェブサーバー

Rubyエージェントでサポートされるウェブサーバーは以下のとおりです。

ウェブサーバー

サポート対象

非推奨

実験的

Passenger

  • 2.2.x - 非推奨
  • 3.0.x- 非推奨
  • 4.0.x - 非推奨
  • 5.x.x
  • 6.0.x

Puma

  • 2.0.x - 非推奨
  • 3.x.x
  • 4.x.x
  • 5.x.x
  • 6.x.x
  • 1.0.x

Rainbows!

  • 4.5.0 - 非推奨

Thin

  • 1.x.x

Unicorn

  • 4.x.x
  • 5.x.x
  • 6.0.x
  • 1.0.x
  • 2.0.x
  • 3.0.x

Webrick

Rubyのエージェントをサポートする全バージョンがサポート対象

ウェブフレームワーク

Rubyエージェントは、実験的なバージョンをサポートしません。RubyエージェントでサポートされているWebフレームワークは、以下のとおりです。Grape、Padrino、Sinatraは、Ruby 3.0+ではサポートされていません。

ウェブフレームワーク

サポート対象

非推奨

Grape

  • 0.2.0 - 非推奨
  • 0.19.2
  • 1.2.x
  • 1.3.x
  • 1.4.x
  • 1.5.x
  • 1.6.x
  • 1.7.x

Padrino

  • 0.14.x - 非推奨
  • 0.15.1
  • 0.15.2

Rack

  • 1.6.x
  • 2.x
  • 3.0.x
  • 1.0.x

Rails

  • 3.2.x- 非推奨
  • 4.0.x
  • 4.1.x
  • 4.2.x
  • 5.0.x
  • 5.1.x
  • 5.2.x
  • 6.0.x
  • 6.1.x
  • 7.0.x
  • 2.1.x、2.2.x、2.3.x:最後にサポートされたエージェントは、3.18.1.330です。
  • 2.0.x:最後にサポートされたエージェントは、3.6.8.168です。
  • 3.0.x、3.1.x:最後にサポートされたエージェントは、6.15.0です。

Sinatra

  • 1.4.x - 非推奨
  • 1.5.x - 非推奨
  • 2.0.x
  • 2.1.x
  • 3.0.x
  • 1.2.x、1.3.x:最後にサポートされたエージェント:6.15.0

データベース

Rubyエージェントは、実験的なバージョンをサポートしません。Rubyエージェントがサポートするデータベースは以下のとおりです。

データベース

サポート対象

非推奨

ActiveRecord

  • 3.2.x
  • 4.0.x
  • 4.1.x
  • 4.2.x
  • 5.0.x
  • 5.1.x
  • 5.2.x
  • 6.0.x
  • 6.1.x
  • 7.0.x
  • 3.0.x、3.1.x:最後にサポートされたエージェント:6.15.0
  • 2.1.x、2.2.x、2.3.x:最後にサポートされたエージェントは、3.18.1.330です。
  • 2.0.x最後にサポートされたエージェントは、3.6.8.168です。

DataMapper

  • 1.0 - 非推奨

Elasticsearch

  • 7.x
  • 8.x

Mongo

  • 1.8.x 以降 - 非推奨
  • 1.9.x - 非推奨
  • 2.0.x - 非推奨
  • 2.1.x- 非推奨
  • 2.2.x - 非推奨
  • 2.3.x - 非推奨
  • 2.4.x以降

Redis

  • 3.x
  • 4.0.x
  • 4.1.x
  • 4.2.x
  • 5.0.x

Sequel

  • 3.37.x- 非推奨
  • 4.0.x - 非推奨
  • 4.45.x以降
  • 5.x.x

その他のAPMソフトウェア

アプリケーションが当社のエージェント以外に他社のアプリケーションパフォーマンスモニタリング (APM)ソフトウェアを使用している場合は、エージェントが正しく動作することを保証できないため、技術サポートは提供できません。詳細については、その他のモニタリングソフトウェアを使用中のエラーを参照してください。

インスタンスの詳細

New Relicは様々なデータベースとデータベースドライバのインスタンス詳細を収集します。APMで特定のインスタンスおよびデータベース情報のタイプを表示する能力は、New Relicエージェントのバージョンによって異なります。

New RelicのRubyエージェントバージョン3.17.0以降は、以下のORMデータベースをサポートします。

Rubyエージェントも、次のgemデータベースをサポートします:

Gemデータベース

Gem名

gemの最低バージョン

エージェントの最小バージョン

Memcached

  • 2.7.6
  • 1.8.0
  • 1.5.0

3.17.0

Mongo DB

mongo

1.8.6

3.17.0

Redis

redis-rb

3.0.7

3.17.0

現在、New Relicエージェントにリストされてないデータストアからインスタンスレベルの情報をリクエストするには、support.newrelic.comまでお問い合わせください。

バックグラウンドジョブ

New Relic Rubyエージェントがサポートするバックグラウンドジョブは以下のとおりです。

バックグラウンドジョブ

サポート対象

非推奨

Delayed_Job

  • 2.0.x - 非推奨
  • 3.0.x- 非推奨
  • 4.0.x - 非推奨
  • 4.1.x

Rake

  • 12.3.3 以降
  • 13.x
  • 10.x
  • 11.x
  • 12.3.2 以前。注:12.3.3以降のみテスト済み(それ以前のバージョンにおける悪用の可能性による)。

Resque

  • 1.23.x
  • 1.27.x
  • 2.0.0以降
  • 1.22.x以前

Sidekiq

  • 4.2.x - 非推奨
  • 5.x
  • 6.x
  • 7.0.x
  • 2.8.x、3.4.x、4.0.x、および4.1.x:最後にサポートされたエージェント:6.15.0

HTTP/ネットワーククライアント

RubyエージェントがサポートするHTTPクライアントは以下のとおりです。

  • Curb:0.8.1以降
  • Excon:0.19.0以降(0.55.0未満のバージョンは非推奨)
  • gRPC:1.0.0以降
  • HttpClient:2.2.0以降(バージョン2.2.0~2.8.0は非推奨)
  • HttpRb:0.9.9以降(バージョン0.9.9~2.2.1は非推奨)
  • Net::HTTP:Rubyのエージェントをサポートする全バージョンがサポート対象
  • Typhoeus:0.5.3以降(バージョン0.5.3~1.2.xは非推奨)

メッセージキューイング

メッセージキューのインストゥルメンテーションは、Rubyエージェントのバージョン4.3.0以降でのみ利用可能です。現在サポートされているメッセージブローカー:

  • RabbitMQ

メッセージブローカーを容易にする現在サポートされているgem:

  • Bunny:2.0以降(バージョン2.0.x~2.6.xは非推奨)

その他

APMのRubyエージェントは以下の項目もサポートします。

  • ActiveMerchant:1.25.0以降(バージョン1.25.0~1.64.xは非推奨)
  • Acts_as_Solr:非推奨
  • authlogic:非推奨
  • concurrent-ruby:1.1.5 以降
  • Sunspot:非推奨
  • Tilt:Ruby 2.2以降、Ruby 2.7以下は1.x
  • Yajl-Ruby:1.1.0 以降

エージェントを他のNew Relicパーツに接続する

Rubyエージェントは他のNew Relic製品と統合して、エンドツーエンドの可視性を提供します。

機能

インテグレーション

ブラウザのモニタリング

自動インストゥルメンテーションを有効化すると、Rubyエージェントは自動的にブラウザJavaScriptエージェントを投入します。ブラウザインジェクションを有効化すると、APMの概要ページでブラウザデータを表示でき、特定のアプリに対してAPMとブラウザデータを素早く切り替えできます。設定オプションと手動インストゥルメンテーションについては、BrowserとRubyエージェントのドキュメントをご覧ください。

インフラストラクチャのモニタリング

インフラストラクチャとAPMエージェントを同じホストにインストールすると、それぞれが自動的に相互に検出します。その後、APM UIにホストのリストを表示し、インフラストラクチャUIでAPMアプリでインフラストラクチャホストをフィルタリングできます。詳しくは、インフラストラクチャモニターにおけるAPMデータをご覧ください。

合成のモニタリング

合成トランザクショントレースは、合成モニターからのリクエストを基盤となるAPMトランザクションに接続します。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.