• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

トラブルシューティングのためのデバッグログの生成(Java)

New Relic Java エージェントのトラブルシューティングを行う場合は、 finestログを生成してエラーを見つけて調査します。トラブルシューティングが終了したら、必ずログ ファイルをinfoなどのより冗長な設定に戻してください。

要件

newrelic.ymlファイル内のログ ファイル設定を変更するだけの場合は、サーバーまたは JVM を再起動する必要はありません。ただし、その他の変更を行った場合は、サーバーまたは JVM を再起動する必要があります

newrelic.ymlファイル内の元の行インデントを必ず維持してください。YAML は「スペースに依存」しており、適切なインデントが必要です。

audit_mode設定 ( trueに設定されている場合) では、Java エージェントと New Relic の間の通信もログ ファイルに記録されます。New Relic サポートは、追加のトラブルシューティングのために監査モードのログを要求する場合があります。

ログファイルの生成

詳細なfinestログ ファイルを生成するには:

  1. newrelic.ymlファイルを編集し、 log_levelfinestに変更します。これらの行はスペース 2 つでインデントしてください。

    # The agent uses its own log file to keep its logging
    # separate from that of your application. Specify the log level here.
    # This setting is dynamic, so changes do not require restarting your application.
    # The levels in increasing order of verboseness are:
    # off, severe, warning, info, fine, finer, finest
    # Default is info.
    log_level: finest
    # Log all data sent to and from New Relic in plain text.
    # This setting is dynamic, so changes do not require restarting your application.
    # Default is false.
    audit_mode: false
  2. 十分なロギングデータを生成するために、Webアプリケーションを5分程度動かしてみてください。

  3. テスト後、 log_levelinfo (デフォルト) などの冗長レベルに変更します。

  4. ログファイルを開いて、エラーがないか調べてください。

ログファイルの検証

重要

finestログ設定は、非常に詳細なログ レベルです。テスト後にディスク容量の消費を減らすには、 log_levelを元の設定に戻します。

デフォルトでは、ログ ファイルは、 newrelic.jarと同じディレクトリ内のlogsサブディレクトリに保存されます。必要に応じて、ログ ファイルが表示されない場合のトラブルシューティング手順に従います。

Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.