• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

レガシーエージェントバージョン用のJava設定の更新

問題

Java エージェントバージョン 3.16.1 以下を使用していて、 最新版 にアップグレードする必要があるが、エージェント属性の設定に非推奨の設定オプションを使用している。

解決

newrelic.ymlで、最新バージョンとの互換性を保つために使用する構成プロパティを編集します。

償却資産

新規物件

analytics_events

transaction_events

newrelic.yml設定ファイル内のanalytics_eventsというセクションは非推奨になりました。 代わりにtransaction_eventsセクションを使用してください。

capture_params

attributes.include: request.parameters.*

デフォルトでは、リクエストパラメータは New Relic に送信されません。すべてのリクエスト パラメータをオンにするには、 request.parameters.*attributes.include リストに追加します。 capture_params プロパティは非推奨になりました。

ignored_params

attributes.exclude: request.parameters.{name}

各リクエスト パラメータ キーを attributes.exclude リストに追加します。キーの前に必ず request.parametersを付けてください。 ignored_params プロパティは非推奨になりました。

capture_messaging_params

attributes.include: message.parameters.*

デフォルトでは、メッセージキューパラメータは New Relic に送信されません。以前は、 capture_messaging_paramstrueに設定すると、メッセージ キュー パラメータが有効になりました。ここで、 message.parameters.* attributes.includeリストに追加する必要があります。

ignored_messaging_params

attributes.exclude: message.parameters.{name}

以前は、 ignored_messaging_paramsを除外するメッセージ キュー パラメータ キーのリストに設定できました。ここで、各メッセージ キュー パラメータ キーをattributes.excludeリストに追加する必要があります。キーの前に必ずmessage.parametersを付けてください。

capture_attributes

attributes.enabled

古い capture_attributes フラグでは、ユーザー属性の収集がオフになります。これは廃止されました。代わりに attributes.enabled を使用してください。

この例では、Java エージェントはリクエスト パラメータを収集し、それらをトランザクション トレーサとエラー コレクタの宛先に記録します。これは、 Capture attributesまたはCapture parametersの従来のサーバー側構成オプションの有効化をエミュレートします。

Java エージェント構成ファイル内のattributes要素をカスタマイズするには:

attributes.enabled: true
attributes.include: request.parameters.*
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.