• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

トラブルシューティングのためのデバッグログの生成(Java)

New Relic Java エージェントのトラブルシューティングを行う際には、 finest ログを生成して、エラーの発見と調査を行います。トラブルシューティングが終了したら、必ずログファイルを info のように冗長性の低い設定に戻してください。

要件

newrelic.ymlファイルのログファイル設定のみを変更する場合は、サーバーまたはJVMを再起動する必要はありません。ただし、他の変更を行う場合は、サーバーまたはJVMを再起動する必要があります。

newrelic.yml ファイルでは、必ず元の行のインデントを維持してください。YAMLは"スペースセンシティブ" で、適切なインデントが必要です。

audit_mode の設定( true に設定されている場合)では、Java エージェントと New Relic との間の通信もログファイルに記録されます。New Relic サポートは、追加のトラブルシューティングのために audit mode logs を要求することがあります。

ログファイルの生成

詳細な finest のログファイルを生成する。

  1. newrelic.yml ファイルを編集し、 log_levelfinest に変更してください。これらの行は必ず インデント 2スペース を維持してください。

    # The agent uses its own log file to keep its logging
    # separate from that of your application. Specify the log level here.
    # This setting is dynamic, so changes do not require restarting your application.
    # The levels in increasing order of verboseness are:
    # off, severe, warning, info, fine, finer, finest
    # Default is info.
    log_level: finest
    # Log all data sent to and from New Relic in plain text.
    # This setting is dynamic, so changes do not require restarting your application.
    # Default is false.
    audit_mode: false
  2. 十分なロギングデータを生成するために、Webアプリケーションを5分程度動かしてみてください。

  3. テスト後は、 log_level を、 info (デフォルト)のように、より冗長性の低いレベルに変更してください。

  4. ログファイルを開いて、エラーがないか調べてください。

ログファイルの検証

重要

最高級の ログ設定は、非常に冗長なログレベルです。テスト後にディスクの消費量を減らすには、 log_level を元の設定に戻してください。

デフォルトでは、ログファイルは logs サブディレクトリに保存され、 newrelic.jar と同じディレクトリ内にあります。必要に応じて、ログファイルが表示されない場合は、 トラブルシューティングの手順に従ってください

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.