• ログイン今すぐ開始

New Relic Gradleプラグインを設定

New Relic Gradleプラグイン拡張を使用して、Gradle構築の間に実行するプラグインタスクの動作を設定できます。New Relicプラグインを適用するbuild.gradleファイルでプライグイン拡張を作成し、次の設定オプションのいずれかを追加します。

設定オプション

説明

variantMapsEnabled

各アプリケーションのバリアントの一意のビルドIDを生成します。デフォルト: true

uploadMapsForVariant

どのバリアントビルドタイプがProGuardマップをNew Relicにレポートするかを指定します。デフォルト: Release

excludeVariantInstrumentation

ビルド中にインストゥルメンテーションから特定のバリアントを除外します。デフォルト:「なし」

プラグイン設定オプションをエージェントに適用する方法を示す簡単な例は次のとおりです。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.