• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Use Logs UI

one.newrelic.comのログUIまたはone.eu.newrelic.comEU地域データセンター(該当する場合)を使用して、次のことを行います。

  • ログの中に興味深いパターンや重要なパターンを発見する。
  • 特定のログラインに関する詳細な情報を調べる。
  • フィルタや解析ルールを使って、ログデータを調べたり操作したりすることができます。
  • チャートを使ってデータを照会・共有したり、ダッシュボードに追加したりすることができます。
  • アカウントのログデータを整理し、データパーティションでクエリのパフォーマンスを最適化します。
  • 防止したい問題のアラート条件を設定します。

新機能や改善点の最新情報を得るために、ログのリリースノート のRSSフィードを購読してください。

ログデータを見る [#ui-workflow]

ログUIの左側のナビゲーションを、すべてのログ、属性、パターン、ライブテールロギング、およびクエリを介した簡単なワークフローとして使用します。データの削除または解析、データパーティションの作成、アラートの設定により、ログデータを管理します。難読化の式とルールを使用して、ログ内の機密データをハッシュまたはマスクします。センターナビゲーションから特定のログとその属性に関する詳細を取得します。

ロギングデータを調べるには、以下の基本的なワークフローに従ってください。

  1. New Relicナビゲーションバーをカスタマイズしていない場合は、 one.newrelic.comにアクセスし、[データの参照]をクリックして、[ログ]を選択します。

  2. パターンを探す。

    • ログメッセージの疑わしいスパイクまたはドロップを見つけるには、左側のナビゲーションの[パターン]をクリックします。
    • 特定の期間のログを見るには、チャート上でそのポイントをクリック(またはエリアをクリック&ドラッグ)するか、タイムピッカーを使用します。
  3. 焦点を絞る。

    • 最初の検索結果の焦点を絞り込んだり、外れ値をすばやく見つけたりするには、[属性]セクションを確認してください。たとえば、 hostname属性の下にリストされているホストが他のホストよりも大幅に多くのエラーメッセージを生成している場合は、その値を選択して検索に適用します。
    • ログメッセージの照会と理解を容易にするために、 組み込みの解析ルール を使用するか、 独自の解析ルール を作成して、特定の値に一致する属性を解析します。
    • 収集されるログデータの量を管理し、より少ないログを保存するために、必要のないデータを収集しないように、 ドロップフィルタールール を作成します。
  4. ログの詳細を調べる。

    ログメッセージを選択すると、その詳細が属性表またはJSONとして表示されます。

    • どの属性がログメッセージに含まれているかを確認するには、ログラインをクリックします。必要に応じて属性を追加したり削除したりすることで、クエリで必要な詳細情報を得ることができます。
    • ログの詳細の特定の値に関連する問題のトラブルシューティングに役立てるために、属性の詳細について周囲のログを表示します。
    • 非常に長いメッセージの詳細を得るために、 blob として保存されたデータを展開します。
  5. 検索してみてください。

    デフォルトでは、ログUIにすべてのログが表示されますが、キーワードやフレーズで検索して、必要な結果を見つけることもできます。たとえば、 process failedました。検索フィールドを使用し、先行入力ドロップダウンを使用して、属性、演算子、および値を選択することもできます。例えば:

    service_name equals my service

    詳細については、 logs query syntax documentation を参照してください。

  1. 関連するログを取得する。

    • アカウント内のデータを整理し、クエリのパフォーマンスを最適化するために、 データ・パーティション・ルール を作成します。
    • デプロイメントやその他のアプリの変更に対するシステムの反応をすぐに確認するには、 live-tail logging を有効にします。
    • 特定の値のすべてのログを表示するには、選択したログの ログの詳細 の属性リストを確認してください。
    • 問題が発生する前の根本原因またはイベント後の影響を特定するには、ログ行のボックスをクリックして周囲のログを表示します。
  2. 発見を共有する

    コアのNewRelicUI機能(特定のアカウント、時間範囲、データエクスプローラー、クエリビルダーなど)のいずれかを使用して、データをグラフと共有したり、ダッシュボードに追加したりします。詳細については、このドキュメントのを参照してください。

ビューの保存

ログのクエリ、テーブル構成、時間範囲、属性のグループ化を保存したビューに保存しておけば、後ですぐに戻ることができます。ログ分析ビューを構成した後に保存するには。

  1. ログUIの左側のナビゲーションで[保存されたビュー]をクリックし、[現在のビューを保存]をクリックします。
  2. 保存したビューに、 [保存済みビュー]リストに表示する名前を付けます。
  3. 現在のビューからどの局面を保存するかを選択します。
  4. 他の人に表示または編集させる場合は、アクセス許可レベルを選択してから、このビューを保存します。

ここでは、Logs UIを使って詳細な情報を得るための例をいくつかご紹介します。これらの例のいくつかを使用するには、 ログをコンテキスト で見ることができる必要があります。

ヒント

アプリのAPMエージェントがログデータを直接NewRelicに転送し、コンテキスト内のAPMログを使用できるようにします。追加のサードパーティソフトウェアをインストールまたは保守する必要はありません。

お使いの New Relic のサブスクリプションに応じて、New Relic UI のいくつかの場所からログにアクセスすることができます。これらのオプションの一部については、 ログをコンテキスト で見ることができる必要があります。

ヒント

アプリのAPMエージェントがログデータを直接NewRelicに転送し、コンテキスト内のAPMログを使用できるようにします。追加のサードパーティソフトウェアをインストールまたは保守する必要はありません。

ログを見るには...

操作...

Logs UIからの直接アクセス

APMのアプリから

one.newrelic.com > APMに移動し、アプリを選択して、次のオプションのいずれかを使用します。

  • トリアージ>ログ
  • トリアージ>エラー受信ボックス>(エラーを選択)>ログ
  • イベント>エラー>(エラーを選択)>ログを表示

分散型トレーシングから

one.newrelic.com >分散トレース>(トレースを選択>ログ)に移動します。

お客様のインフラのホストから

one.newrelic.com >インフラストラクチャ>ホスト>(ホストを選択)>モニター>ログに移動します。

Kubernetesから

one.newrelic.comに移動>Kubernetesクラスターエクスプローラー>(クラスターを選択)>(ポッドまたはコンテナーを選択)>ログを参照してください

エンティティから

one.newrelic.com >エクスプローラー>(エンティティを選択)>ログに移動します。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.