• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

自動化されたユーザー管理。お客様のIDプロバイダーのグループと当社のグループの対応

自動化されたユーザー管理 、IDプロバイダー(OneLoginやOktaなど)のユーザーやグループは、New Relicと同期されます。

グループの仕組み

自動ユーザー管理を使用する場合、ID プロバイダー サービスでユーザーのグループを作成します。後で、New Relic 側で、 ロールとアカウントへのグループ アクセスを割り当てます

ID プロバイダーのユーザー グループが New Relic グループ アクセス (1 つ以上のアカウントの特定のロールにアクセスできるグループ) にマップされる方法の例。

上記の例では、エンジニア グループに注目してみましょう。SCIM を介して、New Relic は 2 つのユーザー レコードと、それらが Engineers グループに属しているという情報を受け取ります。この例では、構成は次のようになります。2 人の Engineer ユーザーは、アカウント 1 で読み取り専用の役割、アカウント 2 で標準ユーザーの役割、およびアカウント 3 ですべての製品管理者の役割を持ちます。

このアクセスは、New Relic Engineersグループにいくつかのロールとアカウントを割り当てることで付与されます。

  • Account 1 のグループEngineersにロールRead onlyを割り当てます。
  • アカウント 2 のグループEngineers標準ユーザーロールを割り当てます。
  • アカウント 3 のグループEngineersにロールAll product adminを割り当てます。

ユーザー アクセスの仕組みの詳細については、「 ユーザー管理の概念」を参照してください。

新しいグループやカスタムロールの作成についてのチュートリアルは、 ユーザー管理のチュートリアル をご覧ください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.