• ログイン

New Relicの機能やデータへのアクセスに影響を与える要因

New Relicの機能またはNew Relicのデータへのアクセスに影響を与える要因としては、次のものがあります。

権限関連の要因

ユーザー関連設定は、アクセスできる機能やデータに影響を与える場合があります。ユーザー権限によってアクセスが妨げられていると思われる場合は、ユーザーまたは管理者は割り当てられたユーザータイプ、ロール、アカウントを調べて、アクセス権限を把握する必要があります。

アクセスに影響を与える可能性のある権限関連の要因:

価格設定プランの要因

当社には2つの価格設定モデルがありますが、このプランが機能の可用性に影響を与える場合があります。

  • 当社のNew Relic Oneの価格設定モデル:この新しい価格設定モデルでは幅広いクロスプラットフォームなアクセスができます。この価格設定モデルでは、アクセスに影響する主な要因は、組織のエディションとユーザーの権限です。
  • 当社オリジナルの製品ベースの価格設定モデル:このプランは製品別オファリングを区別します。このプランの対象の場合、一部の機能にアクセスできるかどうかは、支払っている製品により異なります。

また、3つの価格設定エディション:Standard、Pro、Enterpriseがあります。ProまたはEnterpriseエディションの組織でのみ、一部の機能が使用できます。これらの機能は、主に上位レベルのアカウント管理(組織にアカウントを追加する機能など)に関連しています。

価格設定モデルについて詳細を学習します。

アカウントアクセスとログインの要因

ログインしているが、想定されるアカウントまたはUIページが見つからない場合、組織内で間違ったアカウントに属している可能性があります。トラブルシューティングするためのヒント:

  • 組織に複数のアカウントがあり、それらのアカウントにアクセスできる場合、ほとんどのUIページの左上にあるアカウントスイッチャーに移動して、別のアカウントに切り替えることができます。

  • 想定アカウントが見つからない場合は、そのアカウントへのアクセス権が割り当てられていない可能性があります。ユーザー権限の問題を参照してください。

  • アカウントスイッチャーを確認しても、お探しのアカウントが表示されない場合は、次のいずれかの理由が考えられます。

その他の関連ドキュメント:

アクセス不可の場合のエラーメッセージ

New Relic UIでエラー画面が表示される理由には、次のような場合が考えられます。

  • そのアカウントやそのUIページを表示する権限がありません(たとえば、アカウントまたは特定の機能に割り当てられていないため)。
  • 監視対象のエンティティが見つかりませんでした。これにより、「探しているエンティティが存在しないか、アカウントに関連付けられていない」などのエラーが発生する可能性があります。

データ保持期間

New Relicデータのタイプ型が異なると、データ保持期間も異なります。データが所定のデータ保持期間を超えると、長期間保存するために削除または集計できます。詳細については、データ保持期間を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.