• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ドメインキャプチャ: ユーザーが New Relic にサインアップしたときにユーザーをキャプチャします

ユーザーが誤って New Relic にサインアップし、不要な不要なNew Relic 組織を作成することがあります。これにより、混乱が生じ、不要な New Relic 組織を削除する必要が生じる可能性があります。

当社のドメイン キャプチャ機能により、お客様のドメインを確認できます。これを有効にすると、New Relic にサインアップしようとするドメインのメール アドレスを持つユーザーに、New Relic 組織に参加するオプションが与えられます。これらのユーザーがどのように New Relic にルーティングされるかを制御することもできます (たとえば、割り当てられるユーザー タイプとユーザー グループ)。組織が大きくなるほど、ドメイン キャプチャはより便利になります。

ドメインキャプチャを設定した後、ユーザーが New Relic にサインアップしようとしたときに表示されるもの。

要件

ドメイン キャプチャの設定には、次のものが必要です。

ドメイン キャプチャの設定方法

ドメイン キャプチャを設定するには:

  • 管理UIから、[ドメイン管理] をクリックします。
  • [ドメインを追加] をクリックして、手順を完了します。

このプロセスの一環として、DNS レコードに追加する必要がある TXT レコードが提供されます。その TXT レコードを DNS レコードに保持してください。そのレコードは定期的にチェックされます。

完了すると、ドメイン管理UI ページにそのドメインのステータスPendingとして表示されます。そのドメインが検証されると、そのステータスはVerifiedになります。

ドメイン キャプチャが最初に設定されたときは、無効になっています。ドメイン キャプチャを有効にしてその他の設定を調整する方法については、「ユーザー設定」を参照してください。

ユーザー設定

ドメイン キャプチャ設定を構成するには:

  • ドメイン管理UI ページで、構成するドメインの...アイコンを選択します。
  • [ドメイン キャプチャの構成] を選択します。

ドメイン キャプチャが最初に設定され、まだPending状態にある場合、ドメイン キャプチャは無効になっています。これは、 [新しいユーザー アクセス] が[なし]に設定されていることに対応しています。新規ユーザー アクセスのオプションは次のとおりです。

  • なし: ドメイン キャプチャは無効になっていますが、ユーザーには、その電子メール ドメインの New Relic 組織が既に存在するというメモが表示されます。
  • 新しいユーザーはこのアカウントに参加できます: あなたのユーザーは、自分で参加するためのアクセス権を与えられます (通常の電子メール検証プロセスの後)。
  • 新しいユーザーはアクセスをリクエストできます: ユーザーはアクセスをリクエストでき、管理者は承認または拒否できるリクエストを受け取ります。

また、New Relic でユーザーをプロビジョニングする方法を制御することもできます。

ユーザーが New Relic 組織にルーティングされる方法を決定するドメイン キャプチャ設定。

ドメインのステータス

ドメイン管理UI ページで、ドメインは次のいずれかのステータスを持つことができます。

  • 保留中: ドメイン キャプチャ エントリが作成され、ドメインの検証が試行されています。

  • 確認済み: ドメインを確認しました。

  • Expired : 次のいずれかになります。

    • 検証プロセスは 30 日後にタイムアウトしました。
    • ドメインで TXT レコードが検出されなくなりました。
  • Transferred : 別の New Relic 組織がそのドメインのドメイン キャプチャをセットアップしました。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.