• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

CocoaPods for tvOSのインストールと設定

本手順は、Cocoapodsを使用するtvOSアプリにのみ適用されます。その他の種類の tvOS アプリについては、 tvOS のインストールと構成 を参照してください。

tvOSアプリケーションのインストール

インストレーションプロセスの一環として、New Relicはアプリケーショントークンを自動的に生成します。これはNew Relic でモニタリングする各モバイルアプリケーションを認証するための40文字の16進数の文字列です。

iOSアプリケーションをインストールして設定するには:

  1. one.newrelic.comにアクセスします。
  2. 該当する場合選択 Add more data , 選択 XCFramework.
  3. ドロワーから、tvOSアプリケーションを追加したいNew Relicアカウントを選択し、 Continue を選択します。
  4. モバイルアプリケーションに名前を付けて、Continueを選択します。

続けて、モバイルモニタリングの設定を行う手順をご紹介します。

Objective-Cによる設定

tvOSアプリをCocoaPodsとObjective-Cで構成するこれらの手順は、New Relicの Get Started ページにも掲載されています。

  1. プロジェクトのPodfile に、次の行を追加します。

    pod 'NewRelicAgent'
  2. Xcodeでプロジェクトを閉じ、プロジェクトディレクトリにある Terminal から以下のコマンドを実行してアップデートします。

    pod install
  3. プロジェクトのディレクトリにある Terminal から以下のコマンドを実行して、Xcode でプロジェクトを開きます。

    open App.xcworkspace
  4. [app_name]-Prefix.pchプロジェクト ファイル (通常、 Supporting Filesフォルダーにあります) で、 #ifdef __OBJC__ #endifブロック内に New Relic ヘッダーを含めます。

    #import <NewRelic/NewRelic.h>
  5. AppDelegate.mファイルで、次の呼び出しをapplication:didFinishLaunchingWithOptionsの最初の行として追加します。

    [NewRelicAgent startWithApplicationToken:@"<appToken>"];
  6. ビルド スクリプトをターゲットのビルド フェーズに追加し、以下を貼り付けて、「 PUT_NEW_RELIC_APP_TOKEN_HERE 」をアプリケーション トークンに置き換えます。

    SCRIPT=`/usr/bin/find "${SRCROOT}" -name newrelic_postbuild.sh | head -n 1`
    /bin/bash "${SCRIPT}" "PUT_NEW_RELIC_APP_TOKEN_HERE"
  7. アプリをクリーンアップしてビルドし、シミュレーターなどで実行します。

数分以内に、アプリのデータが表示されるようになります: one.newrelic.com > Mobile > (select an app)に移動します。

Swiftを使った設定

tvOSアプリをCocoaPodsとSwiftで構成するこれらの手順は、モバイルモニタリングUIの「Get Started」ページでもご覧いただけます。

  1. プロジェクトのPodfile に、次の行を追加します。

    pod 'NewRelicAgent'
  2. Xcodeでプロジェクトを閉じ、プロジェクトディレクトリにある Terminal から以下のコマンドを実行してアップデートします。

    pod install
  3. プロジェクトのディレクトリにある Terminal から以下のコマンドを実行して、Xcode でプロジェクトを開きます。

    open App.xcworkspace
  4. ブリッジングヘッダーを作成します。

    1. File(ファイル)> New(新規)> File(ファイル)> Objective-C File(Objective-Cファイル)の順に選択します。
    2. ファイルPlaceholder.mに名前を付け、次へを選択します。
    3. Create(作成)を選択し、ブリッジングヘッダの生成を促すXcodeプロンプトに同意します。
  5. [アプリ名]-Bridging-Header.h の中に、New Relic のヘッダーを追加します。

    #import "NewRelic/NewRelic.h"
  6. AppDelegate.swiftファイルで、次の呼び出しをapplication:didFinishLaunchingWithOptionsの最初の行として追加します。

    NewRelic.startWithApplicationToken("<appToken>");
  7. ビルド スクリプトをターゲットのビルド フェーズに追加し、以下を貼り付けて、 NEW_RELIC_APP_TOKENアプリケーション トークンに置き換えます。

    SCRIPT=`/usr/bin/find "${SRCROOT}" -name newrelic_postbuild.sh | head -n 1`
    /bin/bash "${SCRIPT}" NEW_RELIC_APP_TOKEN
  8. アプリをクリーンアップしてビルドし、シミュレーターなどで実行します。

ログレベルの変更(オプション)

モバイルアプリをモニタリングする際は、以下の6つのログレベルを使用できます。

  • none
  • error
  • warning
  • info
  • verbose
  • ALL

アプリのログ レベルを上げるには、 startWithApplicationTokenを呼び出す前に次のメソッド呼び出しを追加します。

[NRLogger setLogLevels:NRLogLevelALL];
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.