• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

Swift Package Managerのインストール

この手順は、Swift Package Managerを使用するiOSアプリに適用されます。その他のタイプについては、 iOS のインストールと設定 を参照してください。

ご使用のiOSアプリケーションのインストール

インストレーションプロセスの一環として、New Relicはアプリケーショントークンを自動的に生成します。これはNew Relic でモニタリングする各モバイルアプリケーションを認証するための40文字の16進数の文字列です。

iOSアプリケーションをインストールして設定するには:

  1. one.newrelic.comにアクセスします。
  2. 該当する場合。Mobile Apps」リストから、 「Add a new app」 を選択します。
  3. Get Started ページから、モバイルモニタリングのプラットフォームとして iOS を選択します。
  4. モバイルアプリの名前を入力して、 Continue を選択します。

引き続き、New Relicをモバイルモニタリング用に設定する手順をご紹介します。

Swift Package Managerを使った設定

  1. 選択 ファイル> Swift Packages> Add Package Dependency....

  2. PackageファイルのGithub URLを追加します。

    https://github.com/newrelic/newrelic-ios-agent-spm

    ヒント

    パッケージの抽出時にartifact of binary target 'NewRelic' failed extraction: The operation couldn’t be completed. (TSCBasic.StringError error 1.)エラーが発生した場合は、Xcode を閉じて、派生データ フォルダーを削除し、Xcode を再度開いて、もう一度試してください。

  3. NewRelicパッケージ製品を選択し、ターゲットを選択して、「完了」を選択します。

  4. AppDelegate.swiftファイルで、次の呼び出しをapplicationDidFinishLaunchWithOptionsの最初の行として追加し、 APP_TOKENアプリケーション トークンに置き換えます。

    NewRelic.start(withApplicationToken:"APP_TOKEN")

    重要

    適切なインストゥルメンテーションを確保するために、didFinishLaunchingWithOptions()の先頭行でエージェントを呼び出し、メインスレッドでエージェントを実行する必要があります。呼び出しを後回しにして、バックグラウンドスレッドで実行したり、非同期で実行したりすると、想定外の動作や不安定な動作を引き起こす場合があります。

  5. ビルド スクリプトをターゲットのBuild Phasesに追加します。新しいビルド スクリプトが最後のビルド スクリプトであることを確認します。次に、 APP_TOKENアプリケーション トークンに置き換えて、以下を貼り付けます。

    • iOS エージェント 7.4.0 以降:

      "${BUILD_DIR%/Build/*}/SourcePackages/artifacts/newrelic-ios-agent-spm/NewRelic.xcframework/Resources/run-symbol-tool" "APP_TOKEN"
    • iOS エージェント 7.3.8または前:

      SCRIPT=`/usr/bin/find "${SRCROOT}" -name newrelic_postbuild.sh | head -n 1`
      
      if [ -z "${SCRIPT}"]; then
       ARTIFACT_DIR="${BUILD_DIR%Build/*}SourcePackages/artifacts"
       SCRIPT=`/usr/bin/find "${ARTIFACT_DIR}" -name newrelic_postbuild.sh | head -n 1`
      fi
      
      /bin/sh "${SCRIPT}" "APP_TOKEN"
    • ビルド スクリプトの既存の行の上に次の行を追加して、デバッグ中にシンボルのアップロードをスキップします。

      if [ ${CONFIGURATION} = "Debug" ]; then
      echo "Skipping DSYM upload CONFIGURATION: ${CONFIGURATION}"
      exit 0
      fi
  6. [スクリプトの実行] の下に [スクリプトの実行: 依存関係分析に基づく] というチェックボックスがある場合は、チェックされていないことを確認してください。

  7. アプリをクリーンアップしてビルドし、シミュレーターなどで実行します。

While you wait for your data to come in...

Did this doc help you install?

トラブルシューティング

Swift パッケージを追加するときに、次のエラーが表示される場合があります。

  • アーティファクトがチェックサムと一致しません
  • フレームワークを remoteSourceControl からダウンロードできません

これらのタイプのエラーが表示された場合は、次のことを試してください。

  1. Xcode プロジェクトから New Relic Swift パッケージの統合を解除します。

  2. ターミナルから次のコマンドを実行して、spm キャッシュを削除します。

    rm -rf ~/Library/Caches/org.swift.swiftpm
    rm -rf ~/Library/org.swift.swiftpm
  3. Xcode を使用して派生データを削除します。

  4. New Relic Swift パッケージを Xcode プロジェクトに再統合します。

ログレベルの変更(オプション)

モバイルアプリをモニタリングする際は、以下の6つのログレベルを使用できます。

  • none
  • error
  • warning
  • info
  • verbose
  • ALL

アプリのログ レベルを上げるには、 NewRelic.start(withApplicationToken)を呼び出す前に次のメソッド呼び出しを追加します。

NRLogger.setLogLevels(NRLogLevelALL.rawValue)
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.