• /
  • ログイン

ページロードタイミングのプロセス

このドキュメントは、以下について説明します:

  • Webページの読み込みの仕組み
  • Browserモニタリングが、リアルユーザーモニター(RUM)とも呼ばれるページロードタイミングを測定する仕組み

ヒント

これは、従来の同期型ページ読み込みタイミングを解説したものです。Browserは、非同期型のページロードタイミングもモニターできます。

ページ読み込みのプロセス

以下に示すのは、大半のWebページ読み込みにおける主要なステップになります。図表の1~6の数は、その下に続くステップと一致しています。

browser-pageload-timeline.png

ページ読み込みのタイムライン: Webページの読み込みに伴うステップになります。Browserモニタリングのチャートは、このプロセスにおける以下のセグメントを表示します:ネットワークWebアプリケーションDOM処理、そしてページレンダリング

  1. ページ読み込みは、ユーザーがハイパーリンクの選択、フォームの提出、あるいはブラウザへのURL入力を行うと開始します。これを、初期リクエストまたはナビゲーション開始とも言います。ユーザーのアクションは、ネットワークをまたいで、Webアプリケーションサーバーにリクエストを送信します。
  2. リクエストが、アプリケーションに到達して処理されます。(リクエストの処理が開始されるまで、多少の時間がかかる場合があります。この原因として、リクエストキューイングもしくはその他の要因が考えられます。)
  3. アプリケーションが処理を終え、ネットワークをまたいでユーザーのブラウザにHTMLレスポンスを返信します。これを、レスポンススタートもしくは最初の1バイトとも言います。
  4. ユーザーのブラウザがHTMLレスポンスを受け取り、ドキュメントオブジェクトモデル、もしくはDOMの処理を開始します。
  5. DOMの読み込みが終了します。この時点をDOMレディと呼びます。DOMを使用して、ユーザーのブラウザがページレンダリングを開始します。
  6. ユーザーのブラウザでページレンダリングが終了し、Window読み込みイベントが発火されます。(非同期読み込みを使用するページでは、一部の要素がWindow読み込みイベント後も読み込まれ続ける可能性があります。)

Browserモニタリングにおけるページロードタイムのチャート

Browserモニタリングは、Browser概要ページページビューページで主要なページロードタイミングのセグメントをキャプチャーします。SPA監視を有効にしている場合は、このチャートとSPA特有のチャートの双方にアクセスできます。チャートでは、以下の内容が表示されます:

  • ネットワーク
  • Webアプリケーション時間
  • DOM処理
  • ページレンダリング
  • リクエストキューイングなど、その他の該当するセグメント

チャートの色は、ページ読み込みタイミング図表の色と一致します。

page_load_overview.png

one.newrelic.com > Browser >(アプリケーションを選択) > 概要: ロードタイムのチャートは、概要ページビューのページに表示されます。

Browserがこうした時間を収集する方法は、ブラウザがNavigation Timing Specification APIを使用できるかどうかに左右されます。カスタムページ読み込みタイミングのイベントは、BrowserエージェントAPIで追加できます。

以下に示すのは、Browser読み込み時間のチャートセグメントに含まれるアクティビティの詳細です。

アプリケーションサーバーリクエストvsブラウザトランザクション

アプリケーションサーバートランザクションの数(1分あたりのリクエストもしくはrpm)は、同一のアプリケーションのブラウザトランザクションの数(1分あたりのページもしくはppm)よりも大きいことがよくあります。詳しくは、トラブルシューティングの手順を参照してください。

外れ値

ご利用のアプリケーションがどれだけ優れたパフォーマンスを示しているとしても、必ず一部の遅いブラウザ、プラットフォーム、そしてネットワークによって総合的な集約レスポンスタイムの表示は遅れます。外れ値による非対称を最小限に留めるため、ページ読み込みタイミングはアプリケーションのBrowser Apdex T設定の4.5倍以上のエンドユーザーレスポンスタイムを固定して、Apdex Tの4.5倍もしくは13.5秒のうちどちらか大きい方に縮小します。(ヒストグラムの外れ値は95%でカットオフされます。)

たとえば、ご利用のアプリケーションのエンドユーザーApdex T閾値が8秒の場合、こうしたレスポンスタイムは36秒で固定されます。これによって、こうしたレスポンスタイムがアプリケーション全体に及ぼす影響を最小限に留めながらも、「挫折した」Apdexスコアを考慮できます。

SPAモニターでは、外れ値の扱いが異なります。初期ページ読み込みまたはルート変更の時間が30分に達すると、このイベントは無効データとして扱われ、破棄されます。

その他のヘルプ

その他のドキュメンテーションには、以下の資料があります。

  • ページ読み込みタイミングの計測 (JavaScript要素、データ送信)
  • キャッシュ済みページ(New Relicエージェントがキャッシュ済みページをどのように扱うのか、またブラウザトレースがキャッシュ済みページによってどのような影響を受けるのか)
  • セッション追跡(アプリケーションのセッションカウントが、そのページスループットとどのように関連しているか)

さらに支援が必要な場合は、これらのサポートと学習リソースを確認してください:

問題を作成するこのページを編集する
Copyright © 2020 New Relic Inc.