• ログイン今すぐ開始

ページロードタイミングのプロセス

このドキュメントは、以下について説明します。

  • Webページの読み込みの仕組み
  • Browserモニタリングが、リアルユーザーモニター(RUM)とも呼ばれるページロードタイミングを測定する仕組み

ヒント

これは、従来の同期型ページロードタイミングを解説したものです。Browserは、非同期型のページロードタイミングもモニターできます。

ページ読み込みのプロセス

以下に示すのは、大半のウェブページ読み込みにおける主要なステップになります。図表の1~6の数は、その下に続くステップと一致しています。

ページロードタイムライン:ウェブページのロードに含まれるステップ。Browserモニタリングチャートには、このプロセスの次のセグメントが表示されます。ネットワークウェブアプリケーションDOM処理ページレンダリング

  1. ページ読み込みは、ユーザーがハイパーリンクを選択、フォームを提出、またはブラウザへURLを入力すると開始します。これは、初期リクエストまたはナビゲーション開始とも言われます。ユーザーのアクションは、ネットワークをまたいで、Webアプリケーションサーバーにリクエストを送信します。
  2. リクエストはアプリケーションに到達して処理されます。(リクエストの処理が開始されるまで、多少の時間がかかる場合があります。この原因として、リクエストキューイングまたはその他の要因が考えられます。)
  3. アプリケーションが処理を終え、ネットワークをまたいでユーザーのブラウザにHTMLレスポンスを返信します。これは、レスポンススタートまたは最初の1バイトと言われる場合もあります。
  4. (最初のバイトまでの時間)ユーザーのブラウザがHTMLレスポンスの受信を開始し、ドキュメントオブジェクトモデル、またはDOMの処理を開始します。
  5. DOMの読み込みが終了します。この時点をDOMレディと呼びます。DOMを使用して、ユーザーのブラウザがページレンダリングを開始します。
  6. ユーザーのブラウザでページレンダリングが終了し、ウィンドウの読み込みイベントが起動されます。(非同期読み込みを使用するページでは、一部の要素がウィンドウの読み込みイベント後も読み込まれ続ける可能性があります。)

Browserモニタリングにおけるページロードタイムのチャート

Browserモニタリングは、ブラウザ概要ページページ表示ページで主要なページロードタイミングのセグメントをキャプチャーします。SPAモニタリングを有効にしている場合は、このチャートとSPA特有のチャートの双方にアクセスできます。チャートでは、以下の内容が表示されます。

  • ネットワーク
  • Webアプリケーション時間
  • DOM処理
  • ページレンダリング
  • リクエストキューイングなど、その他の該当するセグメント

チャートの色は、ページロードタイミング図表の色と一致します。

one.newrelic.com > Browser >(select an app)> Summary:読み込み時間チャートがSummaryPage viewsページに表示されます。

ブラウザがこれらの時間を収集する方法は、ブラウザがNavigation Timing Specification APIを使用できるかどうかによって異なります。カスタムページロードタイミングのイベントは、BrowserエージェントAPIで追加できます。

以下に示すのは、ブラウザ読み込み時間のチャートセグメントに含まれるアクティビティの詳細です。

アプリケーションサーバーリクエストvsブラウザトランザクション

アプリケーションサーバートランザクションの数(1分あたりのリクエストまたはrpm)は、同一のアプリケーションのブラウザトランザクションの数(1分あたりのページまたはppm)よりも大きいことがよくあります。詳細は、トラブルシューティングの手順を参照してください。

外れ値

ご利用のアプリケーションがどれだけ優れたパフォーマンスを示しているとしても、必ず一部の遅いブラウザ、プラットフォーム、そしてネットワークによって総合的な集計レスポンスタイムの表示は遅れます。外れ値による非対称を最小限に留めるため、ページロードタイミングはアプリケーションのブラウザApdex T設定の4.5倍以上のエンドユーザーレスポンスタイムを固定して、Apdex Tの4.5倍または13.5秒のうちどちらか大きい方に縮小します。(ヒストグラムの外れ値は95%でカットオフされます。)

たとえば、ご利用のアプリケーションのエンドユーザーApdex T閾値が8秒の場合、これらのレスポンスタイムは36秒で固定されます。これによって、これらのレスポンスタイムがアプリケーション全体に及ぼす影響を最小限に留めながらも、「挫折した」Apdexスコアを考慮できます。

SPAモニタリングでは、外れ値の扱いが異なります。初期ページ読み込みまたはルート変更の時間が30分に達すると、このイベントは無効データとして扱われ、破棄されます。

Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.