• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

変更追跡の概要

変更追跡は、システム内の任意のエンティティの CI/CD ツールチェーン全体で展開やその他の変更を記録する方法です。APM、ブラウザ、モバイル、およびカスタム ダッシュボードのグラフで、変更をマーカーとして視覚化できます。

UI には、エラー、ログ属性、問題、異常など、追跡する各変更に関する詳細が表示されます。これらの詳細は、変更がシステムのパフォーマンスと品質に与える影響を理解するのに役立ちます。

変更追跡のさまざまな側面について理解するには、「機能を確認する」を参照してください。監視する変更を指定する準備が整ったら、変更の追跡を開始するにジャンプします。

デプロイなどの変更は、New Relic チャートで確認できます。

機能を確認する

変更追跡で何ができるかを示すいくつかのハイライトを次に示します。

  • 変更を表示する場所:デプロイなどの変更は、New Relic エクスペリエンス全体のアンカー ポイントです。これらは、アプリケーション テレメトリ、ログ、エラー、インシデント、およびその他の正常性とパフォーマンスの指標のコンテキスト内での重大な変化のマーカーです。デプロイメントの記録を開始すると、APM、モバイル、ブラウザー、ダッシュボードなどのチャートにそれらが描画されます。エンティティのサイドバーの [展開] オプションからもアクセスできます。New Relic API または統合 (Jenkins プラグインなど) を使用して変更を記録すると、変更の影響を分析するのに役立つ強力なインターフェイスのロックが解除されます。New Relic で変更を表示および分析する方法で、変更追跡エクスペリエンスの詳細をお読みください。
  • デプロイの変更をクエリする方法: New Relic によって記録されたすべての変更は New Relic データベース (NRDB) に保存され、NRQL と NerdGraph を使用してクエリを実行できます。クエリの例と、追跡している変更に関するデータを探す場所に関する情報を示します。
  • 変更追跡の展開の変更と New Relic エンティティ: 追跡するすべての変更は、1 つの New Relic エンティティに直接関連付ける必要があります。現時点では、追跡する変更を指定するときにこの関係を確立する必要があります。New Relic エンティティの詳細については、エンティティとエンティティ データの検索と探索 を参照してください。
  • グループの変更: groupID属性を使用して、複数のデプロイまたはその他の変更を相互に関連付けることができます。これは、単一のリリースまたはアクションが、New Relic エンティティによって表されるシステムの複数の部分に更新を展開するシナリオで役立つ場合があります。
  • 関連する変更を参照してください:展開は、エンティティ関係機能を介して相互に間接的に関連付けることもできます。異なるエンティティのデプロイの変更を自動的に視覚化し、それらのエンティティが関連している場合、New Relic 全体のチャートとリストでそれらを一緒に見ることができます。エンティティ関係の詳細については、このNerdGraph チュートリアルを参照してください。

変更の追跡を開始する

監視対象をさまざまな方法で指定できます。環境に適したオプションを選択してください。

Copyright © 2023 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.