• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

カスタムイベントとアトリビュートのレポート

カスタムデータをNew Relicに報告する方法のひとつとして、カスタムイベントやアトリビュートがあります。

カスタムデータを使用する理由について質問がありますか? Introduction to custom data をご覧ください。

要件

イベントと属性のフォーマット要件とベストプラクティスについては、データの制限と要件に関するドキュメントをご覧ください。

レートリミットの回避

多数のカスタムイベントや属性をレポートすると、クエリのパフォーマンスが低下することがあります。また、データ収集レートの制限に近づいたり、制限を超えたりすることもあります。最適なパフォーマンスを得るためには、まずどのようなデータを分析したいのかを考え、その特定の目的を満たすために必要なイベントや属性のみを作成してください。

カスタムデータの挿入やアクセスには、以下のようなデータやサブスクリプションの要件がありますのでご注意ください。

使用例

一般的なカスタムデータのソリューションは、カスタムイベントとカスタムアトリビュートの 2 つです。これを実現するには、お使いの New Relic の実装やツールに応じていくつかの方法があります (詳細はこのドキュメントの後半で説明します)。

カスタムイベントやカスタムアトリビュートを実装する際の一般的な使用例をご紹介します。

カスタム属性の使用

カスタム属性は、既存のイベントに重要なビジネスや業務上のコンテキストを追加するためによく使われます。

ビジネスの背景には、次のようなものがあります。

  • カスタマーズトークン
  • お客様の市場セグメント
  • 顧客価値の分類
  • URIStemで明らかでないワークフロー制御値
  • ユーザー/製品/アカウントの権限のコンテキスト

オペレーショナル・コンテキストには、以下のようなものがあります。

  • どの機能フラグを使用したか
  • どのデータストアにアクセスしたか
  • どのキャッシュにアクセスしたか
  • どのようなエラーが検出され、無視されたか(フォールト・パーティショニング)

カスタムイベントの使用

イベントデータは、New Relic の 4 つのコア データタイプ の 1 つです。"イベント" が何を意味しているのか、なぜこのデータタイプが特定の種類の活動を報告するために最も使用されるのかを理解するために、この定義を読むことをお勧めします。

カスタムイベントの使用例は様々です。基本的には、組織が重要だと考え、まだ監視されていないあらゆるタイプの活動に使用されます。例えば

  • イベントは、お客様が特定の組み合わせの製品を購入するなど、複数のアクションを伴う活動を表すことができます。
  • イベントはバックアップ活動を記録することができる。例えば、SOLRインスタンスの本番バックアップを表すイベントをイベントテーブルに報告し、発生した時期、クラスタ、期間をタイムスタンプで記録するように設定することができます。

カスタムイベントやアトリビュートの送信

カスタムイベントやアトリビュートの送信方法には

ソース

カスタムデータの送信方法

APMエージェント

APMエージェントAPIを使用して、 カスタムイベントやカスタム属性をレポートする.

ブラウザ監視エージェント

ブラウザAPIコールを介して PageView イベントにカスタム属性を追加 setCustomAttribute . PageAction イベントとアトリビュート をブラウザ API 経由で送信します。

APMエージェントのカスタム属性PageView イベントに転送します。

イベントのAPI

他のNew Relic機能に関連しないカスタムイベントを報告するには、 Event API を使用します。

インフラ監視エージェント

デフォルトのインフラストラクチャイベントにカスタム属性 を追加します。

Flex 統合ツール を使用して、独自のカスタムイベントデータを報告します。

モバイルモニタリングエージェント

モバイルエージェントAPIを使用して、 カスタムイベントや属性を送信する

合成のモニタリング

カスタム属性SyntheticCheck イベントに $util.insights ツールを介して追加することができます。

他のタイプのカスタムデータを報告する方法については、以下を参照してください。

データ保持期間を延長

お客様のアカウントでイベントを保持する期間を延長する方法については、 データ保持に関するドキュメント を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。