• EnglishEspañol日本語한국어Português
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、このページ を参照してください。

問題を作成する

AWS PrivateLink 経由で New Relic データを送信する

AWS PrivateLinkを介して、AWS Virtual Private Cloud (VPC) から New Relic にテレメトリ データを送信できます。

概要

AWS PrivateLink 経由で New Relic データを送信すると、次のことができます。

  • AWS 下りコストを削減する
  • データを Amazon ネットワーク内に保持することでセキュリティを向上させます

PrivateLink は、 テレメトリ データを さまざまな New Relic エンドポイントに送信するために機能します。 NerdGraph APIやその他の非取り込みAPIには使用できません。

この機能を使用するには、ローカル New Relic エージェントと統合が AWS PrivateLink 経由でデータを New Relic にルーティングするために使用する インターフェイス エンドポイント を VPC 内に設定する必要があります。

要件

PrivateLink には New Relic Data Plus オプションが必要です。データ プラスを使用せずにデータを送信しようとすると、PrivateLink 経由で送信されたトラフィックは拒否され、402 エラーが返されます。

サポートされているリージョンとゾーン

New Relic は、以下の AWS PrivateLink エンドポイントを公開します。

地域

ゾーン

us-east-2 (オハイオ州)

  • use2-az1
  • use2-az2
  • use2-az3

EU-CENTRAL-1

  • euc1-az1
  • euc1-az2
  • euc1-az3

エンドポイント サービスは、それが作成されたリージョンでのみ利用できます (Amazon ドキュメントを参照) が、リージョン間ピアリングを使用して他のリージョンからアクセスすることもできます。

つまり、VPC が us-east-2にある場合、必要な作業は、以下で説明するように、必要な内部 VPC エンドポイントを作成することだけです。ただし、別のリージョンにいる場合は、この手順の後に ピアリング接続も設定する 必要があります。

エンドポイント

AWS PrivateLink 経由で利用できる New Relic エンドポイント サービスは次のとおりです。

情報源

ホスト名

エンドポイントサービス名

APM

collector.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.us-east-2.vpce-svc-00e75af63239fbdc8

イベントのAPI

insights-collector.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.us-east-2.vpce-svc-030074dde03e5f7f1

メトリック API (Prometheus およびその他の統合を含む)

metric-api.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.us-east-2.vpce-svc-0b48963952181a468

ロギング

log-api.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.us-east-2.vpce-svc-070f8190492d268ec

ディストリビューティッド(分散)トレーシング

trace-api.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.us-east-2.vpce-svc-0cc5a5c85730683db

AWS Lambda と Cloudwatch Logs のモニタリング

cloud-collector.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.us-east-2.vpce-svc-0c4032e13941b3e9d

インフラストラクチャの監視とオンホスト統合

infra-api.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.us-east-2.vpce-svc-0df10112dc8c0f0b0

identity-api.newrelic.com infrastructure-command-api.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.us-east-2.vpce-svc-09230bb8d16a9171e

OpenTelemetry

otlp.nr-data.net

com.amazonaws.vpce.us-east-2.vpce-svc-0bf91fb637cf37b4f

Syntheticsジョブマネージャー

synthetics-horde.nr-data.net

com.amazonaws.vpce.us-east-2.vpce-svc-09230bb8d16a9171e

重要

identity-api.newrelic.cominfrastructure-command-api.newrelic.com 、またはsynthetics-horde.nr-data.netホスト名を構成するときは、次の制約を確認してください。

  • これらは、 us-east-2 (オハイオ) リージョンでのみ公開されます。
  • エンドポイント サービスには、関連付けられた DNS プライベート名がありません。 このサービス エンドポイントに接続する PrivateLink を作成し、ホスト名ごとにプライベート ホスト ゾーン (PHZ) を作成します。

情報源

ホスト名

エンドポイントサービス名

APM

collector.eu.newrelic.com および collector.eu01.nr-data.net

com.amazonaws.vpce.eu-central-1.vpce-svc-080da8c256534bc15com.amazonaws.vpce.eu-central-1.vpce-svc-09677bc6c976d9d9e 、それぞれ

イベントのAPI

insights-collector.eu01.nr-data.net

com.amazonaws.vpce.eu-central-1.vpce-svc-02a22c14c11af33eb

メトリック API (Prometheus およびその他の統合を含む)

metric-api.eu.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.eu-central-1.vpce-svc-046613de75b465eb5

ロギング

log-api.eu.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.eu-central-1.vpce-svc-042ba37fec695fcde

ディストリビューティッド(分散)トレーシング

trace-api.eu.newrelic.com

com.amazonaws.vpce.eu-central-1.vpce-svc-07ae0a14716c59a2d

AWS Lambda と Cloudwatch Logs のモニタリング

cloud-collector.eu01.nr-data.net

com.amazonaws.vpce.eu-central-1.vpce-svc-0cf7eae9d784a86a8

インフラストラクチャの監視とオンホスト統合

infra-api.eu01.nr-data.net

com.amazonaws.vpce.eu-central-1.vpce-svc-06d5b2d7e79ddd78e

OpenTelemetry

otlp.eu01.nr-data.net

com.amazonaws.vpce.eu-central-1.vpce-svc-04308d96cf1012913

ヒント

エンドポイントは次のものではまだ利用でき ません

  • FedRAMP データ
  • New Relic 無限トレース
  • Syslog TCP トラフィック
  • CloudWatch メトリクス ストリーム

VPC エンドポイントを作成する

上の表で使用している New Relic エンドポイント サービスごとに、VPC 内に VPC エンドポイントを作成してアタッチします 。これらのエンドポイントを作成するときは、New Relic がエンドポイント サービスで構成したアベイラビリティ ゾーンに対応する VPC サブネットとセキュリティ グループを構成する必要があります。

VPC エンドポイントを作成してアタッチするためのガイドとして、以下の表とスクリーンショットを使用してください。

フィールド

説明

Name tag

オプション。

Service category

Other endpoint servicesを選択します。

Service settings

Service nameについては、表内の値を見つけて、 Verifyをクリックします。

VPC

ドロップダウンから VPC を選択します。

Additional settings

以下を選択します。

Subnets

ゾーンを選択します。 IP address typeには、 IPv4を選択します。

Security groups

Group IDを選択します。

Tags

オプションのキーと値のペアを挿入します。

いくつかのサンプル設定のスクリーンショットを次に示します。

ピアリング接続を設定する

これは、 us-east-2 (オハイオ州) 以外の地域を使用している場合にのみ必要です。

VPC ピアリング

手順に従って、作成したエンドポイント接続の VPC ID を指定して、リージョン間 VPC ピアリング接続を作成します。

トランジットゲートウェイピアリング

手順に従って Route 53 PHZ を作成し、作成したエンドポイント接続の VPC ID を指定して VPC 間で共有します

Copyright © 2024 New Relic株式会社。

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.