• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

アトリビュートの有効化・無効化(Ruby)

ここでは、属性を有効または無効にするためのプロパティと、New Relic が 宛先 に対してどの属性を含めるか、または除外するかを決定する際に使用するルールについて説明しています。また、New Relic エージェントの属性のリリースに伴い、廃止された Ruby エージェントのプロパティについてもまとめています。

プロパティ

以下のプロパティを使用して、属性を有効または無効にします。

アトリビュートルール

New Relic は、デスティネーションにどの属性を含めるか、または除外するかを決定する際に、これらのルールに従います。

URI関連のプロパティ

デフォルトでは、Ruby Agent は Uniform Resource Identifier (URI) を New Relic に報告しますが、その報告先は以下のように複数あります。

New Relic では、これらの URI には有用なデバッグ情報が含まれているため、レポートすることを推奨しています。報告してほしくない機密データがURIに含まれている場合は、URI報告を無効にすることができます。たとえば、機密データには、電子メールアドレスやアカウントIDなどがあります。URI報告を無効にするには、上記の属性名のいずれかを attributes.exclude リストに追加します。

例えば、以下のキーを設定ファイルに追加すると、エージェントがURI関連のプロパティを報告しなくなります。

attributes.exclude: uri

非推奨のプロパティ

以下のプロパティは非推奨となりました。Rubyエージェントをアップグレードする際には、これらのプロパティを新しい属性設定に切り替えてください。

償却資産

新規物件

capture_params

attributes.include: request.parameters.*

resque.capture_params

attributes.include: job.resque.args.*.

sidekiq.capture_params

attributes.include: job.sidekiq.args.*.

transaction_tracer.capture_attributes

transaction_tracer.attributes.enabled

error_collector.capture_attributes

error_collector.attributes.enabled

ブラウザー・モニタリング・キャプチャー・アトリビュート

ブラウザモニタリングの属性を有効にする

analytics_events.capture_attributes(アナリティクス・エベント・キャプチャー・アトリビュート

transaction_events.attributes.enabled

問題を作成する
Copyright © 2022 New Relic Inc.