• English日本語한국어
  • ログイン今すぐ開始

この機械翻訳は参考用に提供されます。

英語版と翻訳版に矛盾がある場合は、英語版が優先されます。詳細については、こちらのページをご覧ください。

問題を作成する

initialize (PythonエージェントAPI)

構文

newrelic.agent.initialize(config_file=None, environment=None, ignore_errors=None, log_file=None, log_level=None)

手動統合プロセスにおいて、指定された設定ファイルでPythonエージェントを初期化します。

説明

これは、エージェントが 手動で Python アプリケーションと統合されているときに、指定された 設定ファイル で Python エージェントを初期化するために呼び出されます 。

インストルメンテーションで最良の結果を得るには、アプリ コードのできるだけ早い段階でこの呼び出しを行います。典型的な Python 機能とは異なり、インポートの順序が重要です。WSGI およびアプリケーション スクリプト ファイルの場合、 sysインポートとsys.pathへの更新を除いて、すべてのインポートの前にinitialize呼び出しを配置します。initializeを複数回呼び出した場合、構成ファイルと環境オプションが同じであれば、エージェントは最初の呼び出し以降の呼び出しを無視します。オプションが異なる場合、例外が発生します。

引数なしでinitializeを呼び出す場合は、すでに NEW_RELIC_LICENSE_KEY 環境変数で。 または、 NEW_RELIC_CONFIG_FILENEW_RELIC_ENVIRONMENTを設定できます。エージェントは、不足している引数の代わりにこれらの値を読み取ります。

パラメーター

パラメータ

説明

config_file

ストリング

オプション。エージェント構成ファイルへのパス。構成ファイルを指定すると、その構成ファイルの要素をオプションのenvironmentパラメータでオーバーライドできます。

environment

ストリング

オプション。環境の名前を示します。構成ファイルを使用している場合は、そのファイルの設定をenvironmentでオーバーライドできます。

ignore_errors

ブール値

オプション。起動エラーを無視するかどうかを示します。デフォルトはTrueです。

log_file

ストリング

オプション。エージェント ログ ファイルへのパス。stdoutstderrも受け入れます (構成ファイルのlog_fileオプションと同じ)。

log_level

int または該当するロギングパラメータタイプ

オプション。ログ レベルを設定します。エージェントはPython のログ モジュールを使用します。オプションは、構成ファイルのlog_levelオプションと同じです。

戻り値

なし。

設定ファイルと環境による初期化

ここでは、設定ファイルと環境文字列を用いてPythonエージェントを初期化する例を示します。

newrelic.agent.initialize('/etc/newrelic/newrelic.ini', 'production')

すべてのパラメータ値を使用

すべてのパラメータ値で呼び出します。

newrelic.agent.initialize('/etc/newrelic/newrelic.ini', 'production', ignore_errors=False, log_file='/var/log/newrelic.log', log_level=logging.DEBUG)
Copyright © 2024 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.