• /
  • ログイン
  • 無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

ウェブトランザクション

構文

newrelic.agent.web_transaction(application=None, name=None, group=None, scheme=None, host=None, port=None, request_method=None, request_path=None, query_string=None, headers=None)

Webトランザクションを計測するために使用されます。

要件

エージェントのバージョン4.16.0.116以降

説明

この Python デコレーターは、Web トランザクションの計測に使用できます。このデコレーターでマークされたトランザクションは、APM UIではウェブトランザクションの下に表示され、非ウェブトランザクションとは区別されます。

デコレーターを使用できない場合は、これらの呼び出し形式のいずれかを使用すると便利です。

  • ラッパー: 追跡したい特定の機能がどこにあるか事前にわかっている場合は、 web_transaction デコレーターを使うことができます。しかし、追跡する必要のあるすべての関数がわからない場合(たとえば、ルーティングシステムの一部として動的に検索されている場合など)は、 WebTransactionWrapper を使って、登録時や呼び出し時に関数をラップしなければなりません。
  • パスベースのラッパー: パスベースのラッパー形式は wrap_web_transaction.

これらの関数形式の違いや用途については、 Variable Call Formats を参照してください。

パラメータ

デコレーターのパラメータ

newrelic.agent.web_transaction(application=None, name=None, group=None, scheme=None, host=None, port=None, request_method=None, request_path=None, query_string=None, headers=None)

これらのコールのパラメータ

パラメーター

説明

アプリケーション

アプリケーションインスタンス

任意。データが報告されるアプリケーションです。値を指定しない場合は、エージェントの 設定 (config ファイルまたは環境変数) で指定されたアプリケーションが使用されます。

アプリケーション・オブジェクトの生成については、 application() メソッドを参照してください。

name

文字列

オプションです。トランザクションの名前です。デフォルトでは、この名前はデコレータが適用された関数の名前になりますが、この名前を指定することでこれを上書きできます。

グループ

文字列

オプションです。 グループ は、 名前 パラメータの命名構造を表しています。これは、 トランザクション タイプ を設定するために UI で使用されます。

指定されない場合、グループのデフォルトは Function で、名前は module:class.function または module:function の形式で、実行される関数の名前を表していることを想定しています。カスタムグループを作成する場合は、 Python/ のようにグループの前に付けることをお勧めします。

スキーム

文字列

オプションです。リクエスト URL のスキーム部分

ホスト

文字列

オプションです。リクエストURLのホスト部分

port

整数

オプションです。リクエストURLのポート部分

request_method

文字列

オプションです。GETやPOSTなどのHTTPリクエスト・メソッドです。

request_path

文字列

任意です。リクエストURLのパスの残りの部分

query_string

文字列

オプションです。クエスチョンマークの後に続くリクエストURLの部分

ヘッダ

イテレート可能またはディク

オプションです。HTTP リクエストヘッダー name はヘッダー名、value はヘッダーの値ですが、[name, value] の 2 項目のイテレート可能、または {name:value} の dict です。

ラッパーのパラメータです。

newrelic.agent.WebTransactionWrapper(wrapped, application=None, name=None, group=None, scheme=None, host=None, port=None, request_method=None, request_path=None, query_string=None, headers=None)

WebTransactionWrapper は、 web_transaction デコレーターと同じ パラメータ と、この追加の ラップされた パラメータを取ります。

パラメーター

説明

ラップ

メソッド

必要です。トレースするメソッドです。

パスベースのパラメータ

newrelic.agent.wrap_web_transaction(module, object_path, application=None, name=None, group=None, scheme=None, host=None, port=None, request_method=None, request_path=None, query_string=None, headers=None)

wrap_web_transaction は、 web_transaction デコレーターと同じ パラメータ を取り、さらに以下の追加パラメータを取ります。

パラメーター

説明

モジュール

モジュール または 文字列

必要です。インスツルメンテーションを行うWeb関数/アクティビティを含むモジュール。

object_path

文字列

必須です。モジュールへのパスです。

web_transaction デコレーターの例

ここでは、web_transaction デコレーターの使用例を示します。

@newrelic.agent.web_transaction()
def get():
...

WebTransactionWrapper

WebTransactionWrapperの使用例:

task = newrelic.agent.WebTransactionWrapper(get_next_task())
result = task(*args, **kwargs)
問題を作成する
Copyright © 2022 New Relic Inc.