• ログイン無料アカウント

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

record_custom_metrics (PythonエージェントAPI)

構文

newrelic.agent.record_custom_metrics(metrics, application=None)

カスタムメトリクスのセットを記録します。

説明

このコールでは、 カスタムメトリクスのセットを記録します 。単一のカスタム・メトリックを記録するには、 record_custom_metric を参照してください。

渡されたメトリクスは、 (name, value) タプルを生成する任意のイテレート可能なオブジェクトになります。例えば、以下のようになります。

def metrics(): yield 'Custom/Value-1', 1 yield 'Custom/Value-2', 2 yield 'Custom/Value-3', 3newrelic.agent.record_custom_metrics(metrics())

名前の設定に制限はありませんが、 Custom/ のプレフィックスを使用することをお勧めします。カスタム メトリック値は、数値を指定することも、すでに集計されているデータ サンプルに対応する辞書を指定することもできます。 name and value rulesの詳細については、 record_custom_metric を参照してください。

パラメータ

パラメーター

説明

メトリックス

イテレート可能なオブジェクト

必要です。メトリック値のセット。 (name, value) のタプルを生成する任意の反復可能なオブジェクトの形式にすることができます。 record_custom_metric parameters には、 namevalue のルールと提案が記載されています。

アプリケーション

文字列

オプションです。アプリケーションがデフォルト値である None の場合、エージェントはカスタムメトリクスを現在のトランザクションの親アプリに関連付けます。したがって、このメソッドがウェブ・トランザクションやバックグラウンド・タスクのコードで使用されていない限り、アプリケーションを提供する必要があります。

戻り値

なし。

カスタムメトリクスの記録

def metrics():
yield 'Custom/Value-1', 1
yield 'Custom/Value-2', 2
yield 'Custom/Value-3', 3
newrelic.agent.record_custom_metrics(metrics())

カスタムメトリクスの表示と使用

カスタムメトリクスを表示するには、 データエクスプローラー を使用して、カスタムメトリクスの検索とフィルタリングを行い、カスタマイズ可能なチャートを作成し、そのチャートを New Relic ダッシュボードに追加します。 REST API を使用すると、UI の外でプログラム的にカスタムメトリックデータを取得して使用することができます。また、 カスタムメトリックのアラート条件 を作成して、カスタムメトリックが特定の値を超えたときにお客様やチームに通知することも可能です。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。