• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

data_source_generator (PythonエージェントAPI)

構文

newrelic.agent.data_source_generator(name=None, **properties)

メトリックデータを生成するデータソースをラップします。

説明

データソースAPIは、 record_custom_metric で実装されているプッシュ型APIではなく、 プル型API を使用してメトリックを生成する方法を提供します。カスタムメトリクスにデータソースを使用する理由と方法については、 カスタムメトリクスのデータソース を参照してください。

data_source_generator デコレータは、各サンプルのメトリクスを含むイテレート可能なジェネレータを直接返す、シンプルなメトリクスデータ生成用データソースをラップするために使用します。デコレーターを適用する関数は、引数を取らなくてはなりません。これは、メトリクスを生成するための呼び出しの間に状態情報を保持する必要がない場合や、データソースの1つのインスタンスを複数のアプリケーションに対して使用できる場合に使用されます。

パラメータ

パラメーター

説明

name

文字列

オプションです。データソースの名前です。これはロギングの目的でのみ使用されます。提供されていない場合は、装飾された関数から派生した呼び出し可能な名前がデフォルトとなります。

プロパティ

辞書

オプションです。データソース・ファクトリに渡す追加のプロパティ。

辞書に登録できるフィールドは以下の通りです。

  • count
  • トータル
  • min
  • max
  • 二乗の和

戻り値

関数を返します。

データソースジェネレータの例

data_source_generator を使って、メトリック値を返す関数をラップした例です。

import psutil
import os
@newrelic.agent.data_source_generator(name='Memory Usage')
def memory_metrics():
pid = os.getpid()
p = psutil.Process(os.getpid())
m = p.get_memory_info()
yield ('Custom/Memory/Physical', float(m.rss)/(1024*1024))
yield ('Custom/Memory/Virtual', float(m.vms)/(1024*1024))
Copyright © 2022 New Relic Inc.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.