• ログイン今すぐ開始

本書は、お客様のご参考のために原文の英語版を機械翻訳したものです。

英語版と齟齬がある場合、英語版の定めが優先するものとします。より詳しい情報については、本リンクをご参照ください。

問題を作成する

SAML SSOおよび/またはSCIMの使用開始について

New Relic ユーザーの New Relic への追加方法、管理方法、ログイン方法などを自動的に制御するために、以下の機能を提供しています。

  • SAML SSO: これにより、ユーザーはNew Relicへのログインに、デフォルトのEメール+パスワードではなく、シングルサインオン(SSO)のIDプロバイダーサービスを使用することができます。

  • SCIM プロビジョニング 、自動ユーザー管理とも呼ばれる。SCIM プロビジョニングにより、組織は ID プロバイダサービスを使用して、New Relic へのユーザーの追加と更新を自動化することができます。SCIM を使用する組織は、ほとんどの場合、SAML SSO を使用します。

これらを有効にする前に、これらの機能に影響を与える重要な要素、つまりユーザーが使用しているユーザーモデルを理解することが重要です。2020年に、新しく改良されたユーザーモデルをリリースしました。当初、主に新規のお客様はこの新しいユーザーモデルのユーザーを持っていましたが、現在では、ユーザーの移行手順を介して一部の古いお客様が利用できるようになっています。時間の経過とともに、すべてのNewRelicユーザーがこのモデルに移行されます。

SAMLとSCIMを有効にする方法については、以下でユーザーモデルを選択してください。どちらを使用しているかわからない場合は、ユーザーモデルの概要を参照してください。

Copyright © 2022 New Relic株式会社。